9ebdb4620fb86f3bf95966337e9c3b10_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

自動車整備士の転職理由

自動車整備士の転職理由は、圧倒的に収入の低さです。好きな自動車を扱う仕事にはやりがいを持っている人でも、年齢が上がっても収入が低いままなので、嫌気がさすというケースが多いです。

自動車の整備や修理をする「自動車整備士」の平均年齢は30.4歳、平均年収は300万円〜400万円と、ハードな仕事の割に収入は決して高くはありません。

他の職種と比較すると、やはり50万〜100万以上は低く、年齢とともに格差は広がっていきます。20代前半の若い頃はバリバリ働けても、年をとると体力的に辛く感じられる人も少なくありませんし、現場での自動車整備士のままでは給料に大差ないため、好きというだけで一生は続けられない厳しい職種です。

転職したい理由をキチンと自分なりに整理して、優先順位をつけておくことが大切です。漠然として将来への不安というだけでなく、収入なのか、体力などの肉体面か、残業など勤務時間か、土日などの休日なのか。体育会系の上下関係や上司のパワハラなどの人間関係の場合は、他の職場ならクリアになる問題なのか?根本的に自動車整備士に向かなかったのか?続けたい仕事なのか?というのも明確にするべきでしょう。

自動車整備士の転職先はどこが多いの?

自動車整備士の転職先としては、まずは同業他社に転職というのが一般的でしょう。単純に、今の職場と相性が悪いケース、労働環境的な側面や人間関係などで職場を変えれば良いというような場合です。

給料が安すぎて生活苦というケースでは、職種的に大幅アップや将来的な展望は難しいので、自動車整備工場などではなく、少し視点を変える必要があるでしょう。

一般車両だけでなく、大型トラックなども扱っている工場や、重機や建設機械・特殊車輌などの修理工場への転職という道もあります。大型車両を扱う工場は体力も必要ですが収入も高めでライバル工場も少ないので安定しています。溶接や油圧、塗装などの技術を習得する必要がありますが、他の自動車整備士とは異なる得意分野を持つと言う意味では、ひとつの選択肢です。

リース会社やガソリンスタンド、タイヤの販売店、カー用品店などへ転職する人も多いです。サービス業と整備技術の組み合わせという形になるでしょうし、接客もありますし雑用も多いですが、収入は上がることが多いです。

中古車査定士になる人や自動車の販売、整備士養成施設などの指導員となるケースもあります。いずれにせよ整備工場とは異なり、接客スキルやコミュニケーション能力も求められますし、土日休みは難しいかもしれません。

収入を上げたいとか、体力が無くなっても働くためには、自動車整備の技術力をかなり上げるか、それ以外の能力も必要ということです。自分自身の向き不向きも含めて、しっかりと検討することが大切です。

自動車整備士におすすめの転職先

自動車整備士には、自動車の大手メーカーや部品メーカーなどの自動車エンジンの評価エンジニアという職もあります。エンジンの試験や評価をする業務で、長時間や過酷な条件下などでの性能や耐久性のチェックをするような仕事です。エンジニア系の職種になりますし、車いじりが好きな人にはおすすめです。

保険会社の「技術アジャスター」という職もあります。主な仕事としては、事故車の状態をチェックして、車の損害額を査定する仕事で、自動車整備士の経験を生かすことも可能です。

ここ最近では、レンタカーやカーシェアの分野は右肩上がりで、自動車整備士の求人数が多くなっています。特に都心などでのカーシェア業界は伸びているのもあり、積極的に自動車整備士を採用しています。

求人内容の一例として
資格:自動車整備士 09:00~17:45(所定労働時間7時間45分) 休日112日(日祝日休み) 年収350万~500万
大手の場合は、休日も多く条件面でも良いですし、経験者であれば採用される可能性も高いです。

自動車整備士の転職活動のポイント

自動車整備士は、資格職であり技術職なので、常に自分の技術を磨く努力が必要です。エンジンや電気系統といった基幹部分にも触れますし、高いレベルの専門知識を習得することが必須ですし、自動車技術は年々進化しつづけています。

近年では、ハイブリッドカーや、駆動・電気系統の複雑化も進んでおり、ハイテク装置への対応もできる人材か否かは大きなポイントになります。

自動車整備士やメカニック専門の求人サイトもありますし、好条件の転職先を見つけたいなら、大手や中堅企業だけが求人を出している転職エージェントの門を叩いてみるのも良いでしょう。自動車整備士の転職では、整備士キャリアを活かして、整備士以外の仕事へ転職することが多い経口もありますので、プロのアドバイスも重要になります。一度はキャリアコンサルタントに相談して、自分の市場価値を査定して貰うのも良い経験になります。

転職エージェントの求人案件は、転職サイトやハローワークなどよりも、優秀な自動車整備士を求めている求人企業が多いので、年収水準も高めですし、待遇重視での転職ならおすすめです。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング