b442c67b296b5e7169dca69aaa482d49_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

システムエンジニアの転職理由

システムエンジニアは、若い人に人気の職種ですが、実は過酷で辛いという職場も少なくありません。SE職という職業的な特殊性ではなく、所属する企業や職場によって状況は大きく異なります。システムエンジニア職が厳しい労働環境なのではなく、入社した会社が下請け・孫請けというの厳しい職場だから辛いのです。

SI業界は建設業と同様のピラミッド構造(ゼネコンと下請け)になっています。大規模な開発案件などを大手SIerが受注して、企画や設計などの上流部分を担当して、多数の下請けや孫請けの会社を使ってシステムを組みたてていきます。

ピラミッド構造の下層に位置するような零細SIerに所属するシステムエンジニアは、安い給料で毎日サービス残業を強いられていたりします。

  • 深夜まで残業、泊まり込み、身体が持たない
  • 給料が安すぎる、サービス残業ばかり
  • 下流の仕事は使い捨て歯車扱い、スキルアップできない
  • 常駐先の社員格差、メンバーの尻拭いに耐えられない

自分の勤務している会社が無理な納期や安い金額で仕事を受注しているためであり、下請けである現場社員にシワ寄せがきて、ムチャな我慢をさせられているという現実です。ほとんどはシステムエンジニアを離職するよりも、IT業界のピラミッドでの下請けが嫌なのであり、零細SIerから抜け出せれば、上流に転職できれば解決する問題です。

ブラック系企業のような零細SIerを脱して、健全で一般的なシステム会社に移ることができればOKです。

システムエンジニアの転職先はどこが多いの?

システムエンジニアの転職は、業務的には経験分野での転職が多く、全く同じでなくても類似の親和性のある分野への転職が多いです。汎用系、オープン系、Web系、制御系など、さまざまですがまったく異なる業界よりは、転職しやすいです。特に若年層や20代であれば、まだまだ脳の融通性も利くため、対応可能とみなされます。

年齢が高くなってくると専門分野のスキルやキャリアが重視され、専門性を極めていく転職が多くなります。高いスキルを生かして、ITコンサルタントという手もあります。

新興のWeb業界は、零細SIerのシステムエンジニアからの転職も増えている業界です。Web系企業は、自社でのサービス運営、アプリケーションやゲーム開発をしていますので、従来のIT業界のピラミッド構造がありません。つまり、自社開発がメインなので下請けや末端業者というものが存在しにくいのです。Web系企業には、ベンチャー系も多く起業していますが、大手の優良企業もたくさんあります。

新興勢力ともいえるWeb系企業はピンキリではありますが、Web業界の成長や拡大に伴って、ベンチャーから大企業に成長するような会社もあります。スタートアップに参画して成り上がったり、将来性の高いWeb系スキルを身につけていくのも、選択肢のひとつとして有望です。

システムエンジニアにおすすめの転職先

システムエンジニアからの転職では、全くの異業種やシステムに無関係な仕事よりも「半歩ずらし」がおすすめです。現在では何をするにもPCは必須ですから、ITに強みがありPCスキルがある。システム関係に詳しいという大前提は重宝されます。

例えば、商社での中途採用には営業職だけでなく、IT系に強い人材登用も積極的ですし、営業事務職などではPCスキルは必須です。金融業界でも、ネット銀行やネット証券などの台頭もあり、ITエンジニアはの採用も盛んですし、教育業界でも採用が増えています。建築や不動産など、全く違う業界の企業でIT関連全般を担当するような職種、IT事務関連システムの保守や改修、受発注業務、生産管理などを担当する転職もおすすめです。

大企業では専門の部署として情報システム部署がありますし、中小規模の企業であれば車内のIT全般を担当するポジションとして、社内SE職も人気があります。システムエンジニアとしてのスキルがあれば、企業内の情報システム部門でのヘルプデスクやIT担当者、社内SE職で必要なスキルは十分ですし、労働環境も改善されるのでおすすめの転職先です。

IT担当者として転職した会社で、ITスキルを拡大解釈されて業務の幅が広がるケースも多々あります。自社ホームページの企画運営、Web上での集客などのマーケティングや市場の動向調査、データ収集、調査分析、販促、宣伝などへ、業務が広がるケースもあります。経験を積んで、スペシャリストとして更にマーケティン分野や、データアナリスト職への転換の道も開くことも可能です。

社内SE職をステップアップのひとつとして、戦略的に考えることも有効です。

システムエンジニアの転職活動のポイント

システムエンジニアの転職では、自らのキャリア展開をしっかりと考えて検討していくことが重要です。IT専門の転職エージェントも増えていますし、IT業界・技術トレンドにも詳しい優秀なキャリアコンサルタントのアドバイスも非常に有益です。

ステップアップを前提として、長期的な計画と戦略を組み立て、5年後、10年後、40代や50代での人生設計も踏まえて、転職先を検討していきましょう。できれば、在職中のままで転職エージェントに相談し、極秘裏に転職活動を始めることが一番のポイントになります。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング