00d56121f64ba37408e9d72de0202135_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

プログラマーはなりたい人も多い職種ですが、「仕事がきつすぎる」「将来性が感じられない」「他の仕事に就けばよかった、早く逃げなきゃ」と辞めたい人もたくさんいます。人それぞれ理由はいろいろですが、「プログラマーという仕事自体がイヤなのか?」「今の職場から逃げたいのか?」自分の気持ちをよく考えてみてください。

プログラムを組む仕事が嫌で向かないのなら、別の仕事で転職を考える必要があります。今の職場が辛いだけなら、優良な同業他社へ転職する道もあります。将来が不安であれば、自らのキャリアアップを考えての転職を模索するのも良いでしょう。

プログラマーの転職先は、人によって、事情によって、スキルや方向性によって、本当にいろいろあります。

プログラマーを辞めますか?職場を変えますか?

プログラマーという仕事、システムを作り上げる、プログラムを組むという仕事自体が嫌いであれば、プログラマーを辞めて離職した方が良いでしょう。PCにも触りたくないという人なら、全く別の業界や職種に転職しした方が良いですが、そこまでイヤな訳ではないって人も多いでしょう。

横滑り転職

転職を考えるのが、今の仕事が辛いから・休みも取れないような過酷な現場に耐えられないからであれば、別の労働環境のいい職場へ移動すれば解決します。

休日の取れないような、納期のキツイ職場ばかりではありませんし、収入も休暇も保証された優良な企業もあります。ライフワークバランスを重視した企業への転職を目指しましょう。

上昇する転職

下請け仕事ばかりで先が見えないから、このまま使い捨ての歯車で終わってしまう、将来が不安だという人も少なくないでしょう。末端の単なる下請け作業員的なプログラマーではなく、上流工程に関わることが可能な企業に、自らのステップアップ目的で転職することも良いでしょう。客先常駐の下請け派遣会社ではなく、自社開発の会社などへ転職する手もあります。

斜め転職

システムの上流に関われるようなスキルや能力が無い、自分には向かないという場合は、ステップアップを目指すのではなく、ちょっと斜め方向に業界や職種をずらして転職することも可能です。

プログラマーにおすすめの転職先は、斜め・半歩ずらし転職

プログラマーがまったくの未経験職種に転職するのは、第二新卒くらいのポテンシャルの高い若年層で無ければ難しいのが現実です。まったくの異業種や畑違いの職種ではなく、プログラマーの経験やスキルを活かせる「斜めずらし」「半歩ずらし転職」がおすすめです。

IT機器製造メーカーやIT機器の営業職、販売職や、ゲーム会社、パソコン教室、家電量販店、コールセンターなど、プログラマー経験が評価されるケースも少なくありません。

IT業界に限らず、多くの企業では業務効率をアップするためのIT化が当然になっていますので、プログラマーのITスキルは重宝されることが多々あります。プログラマーとしてではなく、ITに精通した人材として親和性の高い求人も、さまざまな職種で見つけることができます。

一般企業の社内SE職は、プログラマーとしてのスキルを有効活用できる職で、社内の情報システムの企画・開発・運用などを担当します。システム開発自体は外注するケースが多く、社内担当として発注する側になりますが、プログラムの知識があることは有効です。一般の企業(非システム開発の職場)では、元プログラマーはPCに詳しい人として重宝されますし、社内サポート担当・社内ヘルプデスクとしてお助けマン的に頼られて、活躍する人も少なくありません。

一般企業の社内SE・社内のIT担当としてバラエティに富んだ仕事で、アッチコッチに引っ張り出され雑務も多いこともありますが、皆に感謝されヤリガイを感じられるという人も少なくありません。システム開発の専門話題やIT用語などを、普通の人に分かりやすく説明できるスキルや、PC初心者とのコミュニケーション能力が重要になります。プログラマーとしての能力やSEとしてのスキルが無くても、IT知識がベースにあり「人間力」がある人なら、社内SEがおすすめです。

プログラマーの転職活動のポイント

プログラマーの転職では、「プログラマーの職を辞めたい」or「今の職場環境から脱出したい」のかを、転職したい理由を自分なりに整理することです。更に、自分の持っている能力やキャリアをしっかりと把握して、強みと弱みを見極める必要があります。

自分自身の転職市場での評価をするのは難しいので、転職のプロであるキャリアコンサルタントに相談し、チェックしてもらうのが良いでしょう。キャリアの棚卸しをして、向き/不向きを確認し、将来の方向性も含めてじっくり相談してみてください。

IT業界に詳しい転職エージェントもありますし、IT系とその他の業種の両方を扱っているエージェントで、ITと他業界を比較してみるのも参考になります。異業種への転職の場合は特に、転職先の業界や企業のことが分からないために発生するミスマッチも多々あります。転職ミスマッチを防ぐためにも、転職エージェントを活用するのが有効です。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング