22c74591cd8d7f4fc53095f091f6de24_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

学習塾や予備校などの塾講師の職は、勤務時間帯が遅いのもあり、離職の多い業界です。学習塾業界の平均年齢が約36歳とされていて、人気講師であっても将来的な不安感は常にあると聞きます。学生アルバイトでもブラック業界と揶揄されるケースも多く、労働環境が整備されているとは言い難い実態もあります。

大手予備校の閉校などもあり、将来に不安を覚えて転職を考える塾講師も少なくないでしょう。塾講師の転職先について、考えてみましょう。

塾講師は将来への不安を抱えている

学習塾業界は非常に競争の激しい業界で、少子化により業績も悪化しやすく生徒獲得のプレッシャーや、保護者からのクレームなど精神的な面から耐え切れず離職するケースも少なくありません。学校教師と同様に、営利企業である塾の場合は保護者や生徒がクライアントなので、塾講師の立場が非常に弱い職場も多々あり、モンスターペアレンツのような保護者が増えているのも切実です。

夜間の時間帯が基本の勤務時間なので、結婚後は生活リズムの問題もあり、家庭と仕事の両立などの問題もあります。特に子育てママの職場としては、なかなか厳しいのが学習塾業界で、結婚や妊娠期に離職する塾講師も少なくありません。

学習塾業界では。福利厚生や待遇面が充実しているのは一部の上場企業だけですし、育児休暇などの制度の無いケースがほとんどで、塾講師の平均年齢を下げ、年齢が高くなる前にと離職してしまう原因のひとつです。

同じ塾内でも、人気講師と学生に人気のない講師では待遇差も大きいですし、常に切磋琢磨して自分を磨いていく必要があります。時代によって学習内容や受験情報は変化しますし、教育制度の改革も頻繁なので常にアンテナの感度を高くしておかなければなりません。

塾講師は、生徒の成績向上や受験成功にやりがいを感じ、仕事に誇りを持って日々取り組まなければ、長く続けていくのが困難な職種です。

塾講師のスキルとは

塾講師は資格職ではありませんし、特殊技能職でもありませんので、塾講師の経験やキャリアが他の業界や職種への転職で直接的に有利になるというケースは無いでしょう。一般論としては残念ながら塾講師の社会的評価は、さほど高く無いのが現実です。

塾講師は学校教師と同様に「教育する」「教える」というスキルを保有していますし、生徒たちや保護者とのコミュニケーション能力もあるはずです。保護者世代や、子供向け、10代の若年層との交流スキルがあれば、活用できる業界や職種もあります。

他人にものを教えるというスキルは、講演や研修指導するスキルであり、企業などで重視されるプレゼンテーション能力と似通っていますが、説得するという意味から微妙にニュアンスが異なります。ただ、塾講師は民間サービス業という意味合いが強くあり、生徒に講師の選択権がある立場の塾講師は企業からの評価もされやすい傾向です。

人気稼業でもある学習塾業界で、切磋琢磨してきたというキャリアこそが、塾講師の有効なスキルとなるケースもあり、アピールできる部分にもなります。他の講師との差別化で努力した部分や、優位な部分、得意分野など、塾講師時代に培った能力と経験値を企業が評価しやすい形に変えてアピールすれば、転職活動においても有効です。

転職で評価されやすい塾講師のスキル

教室などの責任者であった場合、教室長などの経験があれば、マネジメント経験としてマネジメント能力があると判断されます。生徒である子どもたちとの対人関係だけでなく、保護者である親世代との交流やコミュニケーションスキルなども有効ですし、対人関係スキルも「「1対1」でなく「1対多数」というのもポイントです。つまり人前でも臆せずしゃべれる能力であり、かなり有用なスキルです。

いろいろな生徒や保護者と接した経験から、初対面でも会話ができる能力などは営業には欠かせないスキルですし、説明する能力は、一歩進化させれば説得できる能力になり、高いプレゼンテーションスキルになります。特に、理解力の低い子ども相手に物事を教えるのは、平易な言葉や分かりやすい表現を駆使して説明する作業に長けていることになりますので、さまざまに活用できるスキルです。

教材を作成していたスキルも、分かりやすい説得力のあるプレゼン資料を作成する重要なスキルとなります。試験の問題を解読する能力も、読解力や解読スキルとして、文章や相手の真意を読み取る能力としてアピール度は高いスキルです。

塾講師の転職活動のポイントまとめ

塾講師から別の業界や職種への転職は、まず自分のスキルを全て洗い出すことです。転職市場において有効なスキルをピックアップしてアピールするために、「何ができて、何ができないのか?」明確にしましょう。プロのキャリアコンサルタントにカウンセリングを受けてみるのが一番有効な手段です。

自らのスキルとウリを明確にし、どんな転職先が向いているのか、どんな求人や転職先があるのか、転職エージェントから情報収集してください。あなたにマッチする転職先を探すためには、転職エージェントへの登録がおすすめです。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング