4c524471b24117357cef8a0cbd162478_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

なぜ、ハローワークにはブラック企業が多いのか?

ハローワーク、通称ハロワにはブラック企業が多いと言われていますが、それはなぜでしょうか?まず、ハローワークは求人を出す企業にとって、いくつかのメリットが存在します。その中に

・無料で求人を出せる
・助成金がもらえる場合がある

と言うものがあります。資金難にあえぐ中小企業にとっては非常に好都合なため、業績の悪い企業が集まりやすくなります。後ほど詳しく書きますが、費用が掛かる求人媒体には、それなりに企業側にもメリットがあります。そのため、資金に余裕のある優良企業はハローワークを利用する事は少なく、結果的にハローワークのブラック企業率が高くなります

ハローワークには、「法令違反の求人は受け付けてくれない」と言う特徴もあります。つまり、実質的に労働基準法違反、最低賃金法違反であっても、それを誤魔化して求人を出す企業が出て来るのです。ハローワークで「求人票と実際の待遇が違う」と言う苦情が多いのは、これが理由です。

ここまでをまとめると、「ハローワークには、その性質上、お金の無い企業、法令違反の企業が集まりやすい」となります。

転職サイトにもブラック企業は潜んでいるって本当?

では、転職サイトはどうでしょうか?転職サイトにも、企業側にとってのメリットがあります。応募があった際に電話応対をしなければならない他の媒体に掲載するのに比べ、連絡手段がメールでのやり取りになる分、連絡するタイミングをあまり選びませんし、応募者の管理も容易になります。また、サイトを利用する際の費用も50万円程度が相場になっており、転職エージェントを利用するのに比べてコストパフォーマンスに優れています。

ですが、比較的費用が手頃な分、何度も募集広告を出せるようになり、結果的に人材を使い捨てする企業にも手が出せてしまうのです。その様な企業に転職しないためにも、以下のような企業には注意してください。

頻繁に、同じ内容の求人を出している

これについては、人材が定着しないために何度も求人を出さなければならない場合と、急成長中で、次々に新しい人材を補充しなければならない場合と、2通りのケースがあります。

極端に条件が良すぎる

極端に高い収入を謳っていたり、「ノルマなし、残業なし」などと書かれているものは誇大広告の場合も少なからずあります。その条件で雇用する、企業側のメリットがハッキリしない時は避けたほうが無難です。水商売や営業職の求人に、特に多く見られます。インセンティブ(歩合・報奨金)が発生しやすい職種でこのような条件が書かれている場合は、まず広告通りにはならないと思ったほうが賢明です。

提示している給与額に幅があり過ぎる

「年収500万~1000万」など、最低額と最高額の差が大きい企業は注意が必要です。上記の「極端によい条件」がセットになっていたら、ほぼ誇大広告か怪しい企業かのどちらかだと見て間違いありません。

転職エージェントの求人は安全?

一方、転職エージェントはどうでしょうか?企業側のメリットは以下の通りです。

非公開で募集できる

新事業で人材を集めたい時、社内で早期希望退職を募っている時など、募集内容や募集している事を公表せずに募集できます。

投資対効果

不特定の人材が応募してくる他の媒体と違い、成功報酬型のエージェントを利用したほうが、不採用者の対応に手間を取られない分、コストも時間も節約できます。

企業イメージを落とすリスクが無い

メーカーやブランドなど、応募者と客の層が同じ企業にとって、不採用者が商品を買ってくれなくなる、ネットや周囲に悪評を流される、などは避けたい事態です。そのため、不採用になる可能性が低く、不採用の場合も第三者から伝えてもらえる転職エージェントを好む企業があります。

そして、転職エージェントを利用する場合、企業がエージェントに支払う費用は求職者の想定年収の30%~35%が相場となっており、少なくとも100万円、多い時には400万円程度の費用が発生します。また、大抵のエージェントは採用時に費用を支払うシステムになっているため、本当に欲しい人材しか採用しない=長く雇用する気があり、なおかつエージェントを利用できる資金力を持つ企業しか求人を出せません。

また、転職エージェントは応募者側にも、大きなメリットがあります。それはブラック企業を排除しやすいシステムに加え、「自分の知識やスキル、経験を客観的に判断し、合う企業を紹介してもらえる」と言う点です。自分だけで転職先を探そうと思えば大量の求人情報に目を通さねばならず、その情報の大半は互いに条件の合わない、その人にとっては無駄な情報です。また、仕事をしながら就職活動にたくさんの時間を費やす事も、ほとんど不可能です。企業に直接は言いにくい事、訊きにくい事があれば、それもエージェントが伝えてくれるので、細かい調整をしやすいのも魅力です。

効率よく、自分に合った優良企業を見付けたいなら、転職エージェントに登録するのが一番の近道です。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング