c88da76df70a52ee217e0c3852e43f2f_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

ここ数年で業界が活性化している不動産業界ですが、営業職の離職率は昔から高く、向き不向きの大きな仕事です。転職したい理由はほとんどが、「ストレス(高いノルマ)」や「待遇面(長い拘束時間)」の問題です。

人の出入りが多く比較的入社しやすいとされている不動産業界の営業で、得られた経験やアピール可能なスキルはどんなものがあるのでしょう。不動産営業職からの転職活動について、考えてみましょう。

不動産営業の転職理由

不動産業界の営業職の仕事とは、さまざまな不動産に関係した仲介役です。住宅用に限らず、事業用のなどの土地の売買や大型商業施設の建設から、賃貸マンションやアパート用地、施設建設などの仲介、リゾート用地やリゾートマンション、会員権の販売まで、本当にいろいろあります。

企業によって専門があり、一概には言えませんが、多くは賃貸マンションやアパートの仲介営業です。

不動産業界は未経験者でも飛び込みやすい業界ですが、そのぶん離職率も高い業界で、3年以内に離職する人の数値が平均5割以上とされていて、企業によっても差はあるのですが厳しい業界と言えます。

不動産関係の会社は、昔から歩合制の給料が根強く残っていて、営業成績の悪い人はどんなに長時間働いても低収入のままです。離職する多くは平社員で、残っているのは固定給が高い幹部職以上という、社員の入れ替わりが激しい会社も多々あります。

不動産会社の営業職として、一日中外回りでチラシ配りや電話営業などを行い、売上ができないとノルマ未達成として「詰め」られ、職場での居場所が無くなります。営業のノルマが高く拘束時間も長いのが、不動産業界の常識でもあり、定収入で休日も少ないため耐え切れない人も多いのです。

歩合制報酬で高額収入を得る人もいますが、向かない人には地獄のように感じられるブラックもどきの職場も少なくありません。

不動産営業が異業種にアピールするには

不動産業界の営業では、他の業界からは営業スタイルに勝手な先入観を持たれているケースが多々あります。実際には、他の営業職と変わらない営業スキルを持っているのに、カウンターで客待ちの営業だと誤解されていたりもしますので、積極的にアピールしていくことが必要です。

待ち受け営業ではなく、能動的・主体的に動けるスキル

チラシ配りや電話営業などの泥臭い営業経験エピソードや、具体的な数字でアピールしましょう。新規開拓件数、賃貸での客付実績やオーナー開拓件数、住宅販売なら追客件数など、営業は数字で語るものです。

勢いだけの飛び込み営業では無く、長くて複雑な営業内容アピール

資産運用やローン提案、顧客の人生設計まで、かなり踏み込んだヒアリングを行って、信頼を得てコンサルティング的な要素も多い営業スタイルをしっかり盛り込んでアピールしましょう。

法人経験や課題解決エピソード

法人対応の経験があれば、営業スキルの幅として積極的アピール可能です。建築・施工会社や不動産管理会社との接点や渉外も有用な経験ですし、「顧客の課題を抽出・分析し、こんな提案と対応で解決した」具体的なエピソードなどは、アピール度は高いです。失敗事例も「失敗原因の分析と次に活かした経験」をセットにすれば、自ら考え成長していけるスキルとして有効です。

不動産営業のキャリアを活かす転職先

不動産営業職は、ホワイトとブラックの差が激しく、企業によって違います。業界の体質や風土、体育会系の文化、激務も多々ありますが、職場によっても異なります。同業他社へ転職したら全く環境が変わるというケースもあります。

労働環境やブラックな企業体質の問題であり、不動産の仕事が嫌いでないなら不動産業界内でのステップアップも含めて検討するのも良いでしょう。「もう不動産は嫌だ!」と思っている人も多いかもしれませんが、現職での偏ったイメージを捨て視野を広げることで、転職先の可能性が広がるケースもあります。

例えば、不動産業界から「半歩ずらし」感覚での転職として

  • 賃貸仲介の経験を活かして、大家業を営む不動産会社への転職
  • 今までの知識や経験を活用して、不動産の管理会社でのクレーム対応業務

安定性を求めて転職活動していた不動産営業の経験者に対して、とある転職エージェントが紹介した転職先には「大手電鉄子会社の不動産管理会社(貸ビル業を主力とする会社)」の「事業企画」の求人もありました。

優良物件を複数所有する管理会社は賃料収入が安定していて、今後の事業展開として新規ビジネスに乗り出すための企画職募集案件でした。自力では巡り合わないような求人案件も、転職エージェントでマッチングされる可能性もあります。

不動産営業の転職活動のポイントまとめ

辛い現状から逃げ出したい不動産営業職も多いでしょうし、心身を疲弊させて転職活動が不可能になる前に退職したいと思うのも当然です。ただ、やみくもに逃げても仕方ないですし、よりよい転職先を求めるならば焦らないことも大切です。

できれば在職中に転職エージェントへ登録し、まずはキャリアカウンセリングを受けましょう。自分のキャリアやスキルでアピールできることを洗い出して、適正や市場価値を評価して貰うことも重要です。無駄のない的確な転職活動には、転職エージェントの活用がおすすめです。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング