79905871859f7c71824c1d5366626c74_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

証券会社の営業は、営業ノルマもきつく、毎日の「詰め」で心身ともにボロボロになってしまう人もいます、リテール営業、俗にいうソルジャーは、使い捨てと会社も割り切って採用しているようなものですし、生き残るのは2〜3割です。激務と激詰、極度のプレッシャー、対人恐怖症のような人間不信に陥ってしまうケースも少なくありません。

営業ノルマのある新規開拓営業は、どこも似たり寄ったりですが、証券営業は特に地獄とも言われています。証券会社の営業と比較すれば、どんな職場でも天国のように思えるかもしれません。現実的には、証券営業の転職はどうなのでしょうか?

証券営業の転職理由

証券営業の転職理由は「とにかく辛い」に尽きるでしょう。

毎日の激務で肉体的に辛い

基本的に証券会社は朝が早く、早朝から出社して、深夜まで勤務しています。リテール営業職などは、日中は飛び込み営業、電話営業などは夜遅くまで続きますし、書類作業などは深夜まで続きます。

営業ノルマが達成できず、上司からの「詰め」が精神的に辛い

営業成績がよくノルマ達成できれば良いですが、厳しいノルマが達成できない人がほとんどで、外回りから帰社すると上司からの厳しい詰め(叱責や罵倒)が待っています。精神的に追い詰めていく方法が、証券会社では昔から横行し慣例でもあり、心を病む人も多いです。

顧客と会社の利益との板挟みで、人間的に辛い

営業ノルマを上げるためには、顧客の利益よりも数字を作る必要があり、売買の手数料で利ざやを稼ぐ証券会社では、WinWinでないケースも多々あります。顧客が利益は関係ないやり方に、良心の痛みに耐えられず、上司を尊敬できず、人間不信になるケースもあります。

基本的には証券会社は銀行同様に体育会系の社風が強く、とにかく昔ながらの気合いと根性論で営業ノルマや上司からの詰めが横行し、激務なのに飲み会も多く、プライベートとのライフワークバランスなど無いも同然です。長時間労働とノルマクリアが可能な、さまざまな意味でタフなタイプ、一握りの営業マンだけが、年収1000万プレーヤーの証券エリートになれます。

証券営業が合わないと感じ、脱出したいという信念があるなら、自分自身が壊れてしまう前に転職にチャレンジしてみたほうが良いでしょう。在職中から転職エージェントに登録して、相談しておくだけでも、気持ちが少しは楽になるかもしれません。

証券営業が保有しているスキルとは

証券は新卒の就職活動でも人気の業界で、銀行などと同様に証券会社に勤務していたということは、厳しい入社試験を突破しに勝ち抜いたという証拠です。厳しい競争社会で戦ったという経験は、どんな業界でも転職においては評価が高いです。

証券営業は、まず若いうちはリテール営業を担当しますので、飛び込みや新規開拓の営業経験が強みです。飛び込み営業はもうやりたくないと思う場合は、ルート営業などBtoBの営業への転身がおすすめです。

証券会社リテール出身者の評価ポイントとして、経営層などに対する営業経験になります。年齢の高い海千山千の経営者たちとコミュニケーションがとれる対人折衝能力、対外的なコミュニケーションスキルは証券営業の重要スキルなのです。

更に、財務知識など金融やお金に関する専門知識や、語学力などがあれば総合的な強みになります。景気が落ち込んでいた時期は、事業再生ビジネスが多かったコンサルティング業界も、相場好転に伴いさまざまなな業界で企業は経営を攻めに転じているため、M&Aを仲介するコンサルティングファームの採用も活発化しています。

中堅や中小企業を買収し新技術やサービスを自社に吸収して成長戦略を掲げる大手上場企業の攻めのM&Aだけでなく、少子高齢化により後継者不在の中小オーナー会社の事業承継のM&Aも、非常に活発です。証券リテール営業出身者による、経営層とのコミュニケーションスキルにより案件の発掘できる人材の採用ニーズも旺盛ですし、M&Aに付随するコーポレートファイナンス、トランザクション部門なども積極的に動いています。

証券会社で鍛えられた営業力や、金融財務・M&Aの知識などを備えた証券営業の転職先としては、コンサルティングファームは有望です。証券アナリストの資格保有者や、簿記などファイナンスの知見が多少でもあれば、さらに有利です。

証券営業なら当然保有しているクライアントからのヒアリング能力、ビジネスチャンスを感知する嗅覚や情報収集能力なども、営業的コミュニケーションスキルとして、どの業界でも評価は高いです。証券時代は非常に辛い営業ノルマも、厳しい数字への執着心、目標達成のバイタイリティとして、過酷なだけに評価対象となるケースも少なくありません。

証券営業の転職活動のポイントは

証券会社は基本的に年収ベースが他に比べて高いので、いい転職先を探すには情報収集が必要ですし、転職活動も戦略的に実施していく必要があります。若年層ならまったくの未経験でも、異業種にポテンシャルで採用されるケースもあります。

コンサルティングファームは非公開求人も多いですし、マッチングも重要です。証券業界にも詳しいキャリアコンサルタントのカウンセリングから、キャリアパスを検討し、転職先の情報を収集していくのおすすめです。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング