2de522b28dc48b4dc076012a457c0282_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

「転職活動をしているけれど、周りの人はどれくらいの期間で転職が決まっているのだろう?」「長引かせても良いことはなさそうだから、このあたりで妥協した方がいいのかな」など、転職活動が長引くことは焦りにつながります。

みんながどれくらいの期間で転職活動をしているのかというのは気になるところです。

ここでは転職活動の平均期間と退職後の空白期間の説明方法についてまとめてみました。転職活動中の人はぜひ参考にしてみてください。

転職活動で内定が出るまでの平均期間

まずは最初の3か月間が勝負

転職活動は短期決戦です。内定をもらうまでの平均期間は2~3か月と言われています。転職エージェントの場合、3カ月以内に転職を決めないとキャリアコンサルタントの営業成績にならない会社もあり、登録して3か月が勝負どころと言えます。キャリアコンサルタントはたくさんの登録者を担当しているので、サポートが手厚い登録して間もない時期に集中して行動を起こすことで、効率よい転職活動が進められます。

企業の規模で採用までの期間も変わる

中小零細企業なら1回の面接で決まることも多く、中には面接後にその場で「いつから来られる?」ということも少なくありません。しかし、中堅~大手企業は少ない枠にたくさんの人が応募してくるので、書類選考だけに1か月くらいかかることもザラです。書類選考を通過しても、面接が複数回あるので、内定まで3か月近くかかってしまいます。ましてや、書類選考で落ちてしまえば、時間の無駄になってしまいます。中堅以上の規模の会社を狙うなら、複数に応募し、並行して転職活動をすすめていくことが必須です。

空白期間(無職期間)があると転職活動は不利になる

ブランクができることのデメリット

ブランクがあるということは、即戦力としての期待が薄れてしまいます。士業のような特別なスキルを要する専門性の高い仕事でない限り、ブランクを空けることはデメリットになるので避けるべきです。

また、ライバルが多い転職市場においては、ブランク=スキルアップが全くない期間とみなされます。中には、営業職のように「未経験者歓迎」という職種もありますが、転職は基本的に経験が重視されるので、ブランクはないに越したことはありません。

転職活動は、在職中からはじめるべき

仕事を辞めてしまってからの転職活動は、経済的に厳しくなり、焦って妥協してしまいがちです。退職後の転職活動は、次に受ける企業にも「目標に対して無計画」という印象を与えてしまうので要注意です。経済的な基盤があれば、精神的にも落ち着いて転職活動を進めることができます。

空白期間の過ごし方と説明方法

空白期間中はアルバイトをするべきか

なるべく空白期間は作りたくないものですが、やむを得ずそうなってしまった場合、その間はアルバイトなどをした方が良いのでしょうか。

まず、同じ空白期間を過ごすにしても、アルバイトなどで「働くこと」を続けていれば、精神的な安定にもつながります。まったく働かない、という状況は、社会や家族に対する後ろめたさや疎外感を生む要因にもなってしまいます。社会とつながり続けていることはマイナスにはなりません。

職業訓練校に通っていた期間はどう記載する?

職歴でもない、学歴でもない「職業訓練校」に通っていた期間については、「訓練歴」として履歴書に書けばよいです。失業期間にも前向きに取り組んでいたことを示せるので、空白期間の過ごし方としてまっとうな理由になります。

面接で必ずつっこまれる空白期間の説明方法

してもいないアルバイトをしていたと面接で話して、入社後にばれたらどうなるのでしょうか。よほど悪質な経歴詐称でない限り、入社後にそれが原因で内定取り消しになることは考えにくいですが、信頼を損ねることには変わりありません。「面接で嘘をつく人」とレッテルを貼られてしまい、その後の仕事にも影響が出てしまいます。

面接では、「空白期間をどう過ごしていたか」は避けて通れない質問です。たとえば、ニートだった時期がある場合、それを正直に話すべきでしょうか。「この期間はニートでした」と堂々と面接で話すのもいかがなものかと思いますが、建前をうまく使うのも一つの方法です。資格取得のための勉強をしていたとか、短期のアルバイトをしながら転職活動を続けていた、とか、空白期間の過ごし方ひとつをとっても就職に対する前向きな姿勢を見せることはできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

新卒での就職活動は一緒に活動する仲間も多く、周りとの情報交換も活発にできるので「一緒に頑張っている」実感を得られます。また、すぐ近くに比較対象がいるので、自分の活動が遅れているとか、周りがどれくらい内定をもらっているかを知ることができ、焦ることもありますが客観的なものさしがあります。

しかし、在職中に行うことが多い転職活動は孤独感があり、比較しにくいという特徴があります。

転職活動に向けて抜かりない準備をして、なるべく空白期間を作らず、短期決戦を勝ち抜いてください。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング