6cdb3ac8d0585650a0d6ccf3b495b570_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

みなさんは、どのようなツールを使って転職活動を行っていますか?誰でも利用できるハローワークをはじめ、転職サイトや転職エージェント、またはホームページなどから直接応募するなど、いろいろなアプローチの方法があります。

中には、ヘッドハンティングで転職した、というケースもあります。「Uターン転職など県外で活動したい場合はどうすればいいの?」「転職サイトと直接応募、どっちが有利なの?」と言う声も聞かれます。

同じ会社の求人が、転職サイト・ハローワーク・求人誌といろいろな媒体に掲載されていることも少なくありません。せっかくなら有利な方法でアプローチしたいものです。

ここではさまざまなアプローチの方法を比較して、転職活動中の方にぜひ見ていただきたい情報をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

転職活動のスタートは情報収集

ハローワークは利用すべき?

実際に利用して転職活動をしている人からは、「窓口は事務的な対応が多いので、転職活動のメインとしては不向き」という意見が多いのがハローワークです。

ハローワークは、雇用保険の受給などに不可欠なので、多くの場合、退職後にはまず登録する必要があります。また、ハローワークで求人情報を探したり実際に紹介を受けたりするかどうかは別として、転職市場動向を大まかに把握するのにも役立ちます。

ハローワークインターネットサービスは、勤務希望地を全国から選択することができるので、県外で転職活動をしたい人にもおすすめの方法です。

直接応募と転職サイトを通じての応募、どちらが良い?

直接応募するのはアリ?

お目当ての企業がある人は、その企業のホームページを見る機会も多いので、採用情報が掲載されていると思わず応募したくなるものです。しかし、直接応募するよりも転職サイトやエージェントを通した方がいいの?と迷う人も。では、応募の方法にどちらが有利、というのはあるのでしょうか?

基本的には、応募を受付している企業なら直接応募してOKです。しかし、不特定多数がみられるウェブサイトから応募してくる人はとても多く、採用担当者がその一つ一つに丁寧に目を通すかどうかはわかりません。特に、急募の場合やピンポイントで人材を求めている場合は、転職サイトの方がレスポンスは速い傾向があります。あらかじめフィルターをかけられる転職エージェントを通すことで、効率よい採用活動を行えます。

外資系企業に転職したい人

外資系企業の場合、転職サイトや直接応募など、特別応募方法にこだわる必要はありません。特に、外資系企業の場合は、国内企業のように定期的に採用活動をしているわけではありません。企業のウェブサイトを見ると、採用については「随時募集中」という程度に書かれているところが多く、欲しい人材がいれば、随時歓迎する、というスタンスです。転職エージェントを利用していて紹介された場合はそちらからアプローチすればよいですが、特に方法にこだわらず、興味がある会社にはどんどんアプローチしていくのがおすすめです。

転職エージェントを利用するメリット・デメリット

求人数が多く、登録すれば非公開求人も多数ある転職エージェントは、孤独になりがちな転職活動の強い味方です。無料で利用できるのもメリットです。

一方で、キャリアアドバイザーの質にばらつきがあることも否めません。人間同士のつきあいですから、相性が合うかどうかといった問題もあります。転職エージェントは、求職者のスキルや年齢によって紹介数が大きく変わるので、ある程度のスキルやキャリアがある人に向いている方法です。メリットは大きいですが、40歳以上だと登録を断られるケースもあります。やはり年齢は重要です。

40歳からの転職活動はどう進めればいい?

「転職するなら35歳まで」とよく言われます。実際、経験不足をカバーできるのは若さです。年齢が上がれば、それなりのスキルやキャリアを求められますし、即戦力として活躍できる人材でないとより良い条件での転職は厳しいです。

40歳以上の転職活動は、ハローワークを利用したり、知り合いのツテを頼ったりするのも一つの方法です。また、派遣会社の派遣紹介予定求人を利用する方法もあります。これは、最初の3か月間のみ派遣アルバイトとして勤務し、勤務態度等を鑑みて、その後派遣先の正社員として採用される、という仕組みです。

信頼できる転職活動のツールは?

やりたいことが明確で、誰に相談しなくても自分で行動を起こして進めていける人なら、特にどんな方法でも問題はありません。逆に、「同業他社にするべきか、未経験の業種にチャレンジするかまだ迷っている」とか「転職活動が初めてで、何から始めていいかわからない」といった人には、転職エージェントに登録してプロのコンサルタントに相談しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

転職活動には、さまざまなツールがあることがわかりました。無料で誰でも利用できるハローワークや求人雑誌から、自分のキャリアやスキルを生かしてコンサルタントと一緒に転職活動を進めていく転職エージェントまで、そのアプローチ方法は多様です。

しかし、少々のコストを払ってでも優秀な人材を集めたいというのが、優良な企業側の考えです。自分の目的に合ったアプローチ方法を見つけ、ストレスの少ない転職活動を進めていけるよう準備をしてください。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング