f1a253c2cf61c9c3e940073fd61d813f_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

どんな職種や業界であっても、転職時の面接では定番の質問というのがあります。
あまりにマニュアル通りの受け答えというのも印象が悪いですが、どんな質問がされるのか気になりますよね。最低限の定番質問と、回答のNGワードくらいは、確認しておきましょう。

定番のよくある質問には、やはり採用する側のチェックポイントが隠されているのです。
質問の背景や意図はきちんと理解して、面接で慌てないように準備しておきましょう

面接は自分を売り込むプレゼンの場ですから、「この人を採用したい」と思わせたいですね。

面接での定番の質問

面接では、必ず聞かれる定番の質問がいくつかあります。

まずは、前職での職務内容や経験、職歴や今までのキャリアについての質問があります。

「前職ではなにをされていましたか?」「あなたの職歴をご説明ください」などという切り出し方で、口頭での説明を求められます。履歴書や経歴書に明記してある内容とズレや違いが無いように、簡潔に、的確に、要約して説明することが大切です。

今までの仕事の対する姿勢などに言及する意味で、「仕事の上で、あなたなりに工夫してきたことはありますか?」「前職で苦労したことや失敗したことを教えてください」などの質問もあります。仕事に対して受身で言われた事だけをこなすタイプなのか、積極的に改善などの創意工夫をするタイプか、あるいはミスをした時にはどのようなリカバリーをしたか? 失敗を成長に発展させることのできる人材か? などを、問う質問です。

更に将来的なキャリアプランに関してというような意味で、「5年後、10年後は、どうなっていたいですか?」「将来の夢は何ですか?」などの質問がなされるケースも増えています。

もし独立希望やリタイヤして悠々自適になどを考えていたとしても、すぐに辞めてしまいそうなイメージを懸念させるので回答は避けた方が無難です。

面接対策として準備しておくべき質問

退職理由

退職理由や転職する理由については、必ず質問がありますのでキチンと答えられるように、事前の準備が必要です。「どうして会社を辞めようと思ったのですか?」「退職理由をお聞かせください」「なぜ転職するのかお話ください」「転職理由は何でしょうか?」など、面接担当者は必ず確認してきます。

どんな不満があったとしても、前の会社の悪口は言わないようにして、前向きな転職理由を述べることがおすすめです。ネガティブな退職理由を述べても、いい結果にはつながらないですし、面接する側も採用しても続かない可能性が高いのではないかと想像してしまいます。

どんな退職理由でも、自分自身の成長やキャリアアップ目的という動機に結び付けて、ポジティブに語ることです。

自己紹介、自己PR

最初の段階で、職歴などの質問とともに「自己紹介してください」などと言われることも多々あります。自己PR含め、一緒に働きたいと思わせるようなアピールができるといいでしょう。

志望動機

応募の面接ですから、必ず志望動機は質問されます。退職理由との食い違いが無いように注意して、ヤル気や熱意が伝わるように具体的な志望理由を準備しておきましょう。
たとえば「残業が多くてプライベートが無い」という退職理由を述べた人が、どんなに「死に物狂いで頑張ります」と言っても説得力がありません。

長所短所、強み弱み

応募者の人物を知りたいと思った場合に「あなたの長所と短所を教えてください」「強みはなんですか? 弱みはなんですか?」という質問も定番です。

前職で一番大変だったことは?

失敗したことや、苦労話などで良いのですが、面接する側としては、その一番大変だったことを、どのように乗り越えたか?が知りたいのです。「大変でした」「苦労しました」だけでなく、どのように大変だったから、こんな風にして乗り切ったという結論まで含めて語ってください。間違っても単なる愚痴にならないように気をつけましょう。

たとえぱ、プロジェクトが炎上して連日泊まり込みの日々が続いた話でも「身体がボロボロになってしまいました」では単なる苦労話ですが「大変でしたが、チームで助け合って乗り越えました」「あの時の上司の栄養ドリンクは有難い差し入れでした」などに発展させることができます。更には「自分もチームメンバーに信頼されるリーダーになりたい」と将来的なキャリアプランを語ることもできます。

面接練習・模擬面接など

面接などは、ある程度は練習しておくことによって緊張感も減り、スムーズに質問に回答できるようになります。特に答えにくい内容の定番の質問に関しては、ネガティブをポジティブに変換して回答できるように、口頭で何度も練習しておくことが効果的です。

本番で自信をもって話せるように、ハローワークや転職エージェントなどを活用して、事前に面接練習しておくといいでしょう

まとめ

本当の退職した理由や転職したい理由を、上手にネガからポジに置き換えて説明するためには、転職のプロに相談することが一番です。

定番の質問に対する回答も、人それぞれ個性があるべきですからマニュアル通りでは薄っぺらい印象になりますので、自分をよくキャリアコンサルタントに知って貰って、一緒に回答例を考えていくのがベストです。
転職エージェントでは模擬面接も可能ですから、面接対策にもおすすめです。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング