e0768f933d85665f5ea3c1a903a855fb_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

書類選考は無事に通過するのに、なぜか面接を通過できなくて悩んでいる人はいませんか?
最低限の服装やマナーには問題が無いはずなのに、どうしてダメなのでしょう。
笑顔も欠かさず、頑張ります!と、ヤル気も強くアピールしたのに、面接で落ちると本当にへこみます。

面接に強くなるには、内定を勝ち取るには、どうしたらいいのでしょうか?

面接でいつも落ちてしまう人の原因

書類は通過するのに、面接に挑むといつも落ちてしまうという人は、スペックとしては採用基準を満たしているにも関わらず、面接通過しないということで、リアルでは見劣りする、実際に会って言葉を交わすと物足りない、人材として魅力に欠けるということです。

一般的な一次面接での通過率は30~40%とされていますので、マナーや服装など外見的要素での問題で無いとすれば、アピール不足かもしれません。

面接とは、自分という商品「人材商品」を売り込む場です。
門前払いでは無く招かれているのに、人間性や熱意、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力などを総合的に判断して、残念ながらという結果になっています。

面接では、企業の担当者に「この人を採用したい」と思わせる事が、一番大切なポンイトです。一緒に働きたいと思ってもらうための、自己アピールやプレゼンも重要になります。

一次面接で落ちてしまう人

まず、一次面接では書類に記載のあるスキルや経歴を具体的に再確認するという作業があり、職歴や経験を自分の口で語るというのが一般的です。

書類に記載されているスペックの確認であり、本当に採用基準をクリアしているかを判断する基礎となります。つまり、書類上のイメージと面接での印象や内容(人物像、スキル)に大きな不足的ギャップがある場合は、キャリアに疑問を持たれてしまいます

緊張しやすく相手に自分の魅力をうまく伝えられない人は、面接の準備や練習も必要になります。逆に自信の持ちすぎや、根拠のない自信を持っているように見られてしまうのも、印象が悪くなります。

自己分析ができていない場合なども、自分の強みや弱みについて質問されてもハッキリと回答できず、準備不足として評価が下がることになります。

志望動機があまりにも安易で浅い理由を口にするのも、熱意が感じられないとされます。
転職理由として「成長したい」と述べたり、謙遜だとしても「勉強させていただきたいです」と言うのも、新卒では無いので実力を求められる中途採用の場合は印象が悪くなりがちです。

最終面接で落ちる人

最終面接は、トップとの顔合わせとしてほぼ内定が決まっているような場合もあれば、経営トップが最終的なジャッジを下すという場合もあります。

面接の回数が多いケースでは、合否の採用判断を下すキーマンが最終面接の前に存在し、ほぼ内定している状態が多いようです。技術職の採用などでは、技術に疎い社長よりも技術責任者が事前に判断していたりすることも多々あります。

逆に、営業職などでは最終面接で社長が厳しく最終チェックしていたり、中小企業のワンマン社長などの場合は人事が強く推していても、気に入らなければ一存でひっくり返すようなケースもあります。

企業のトップや役員などによる最終面接では、細かいスペックなどよりも、企業全体の社風や相性、会社の求める人物像に合うか合わないかというイメージ的な面もあるのです。

  • 会社のイメージや社風、理念・価値観が合わない人
  • ビジネスの場に、ふさわしくない反応をした人(緊張しすぎ、マナーや言葉、パニック等)
  • 企業研究不足は致命的

技術系など専門職では、技術やスキルがクリアしていれば性格に多少の難があっても、手が足りないので採用したいというケースもありますが、営業職など職務上で人柄も大切な職種の場合は、最終面接でのチェックが厳しくなり落ちやすい傾向もあります

数人の役員が並んだような最終面接では、敢えて圧迫的な厳しい質問があったり、嫌味っぽい発言などで反応を見たりする人が必ず混じっています。つまり、客先などでの対応能力を最終確認されています。

しっかりと準備して、冷静に受け答えできるようにしておくことがポイントになります。

面接対策

一次面接から最終面接まで、数ある面接の通過率を上げるためには、企業側の面接担当者が
知りたいことに的確に答えることが重要です。

質問の意図を正しく理解し、相手が求めている回答を返すことが大切であり、自分の話したいことを話すのではありません。相手が何を知りたいのか、質問の真意を正確に把握することがポイントになりますので、そのための事前準備が必要です。

定番の質問に対しての自分なりの回答を用意し、その場で慌てないように面接練習することもおすすめです。

書類は通過している訳ですから、自分が書類通過した理由を考え、企業に評価されていると推測されるポイント「自分の強み(自分のウリとなる部分)」として、面接でアピールするようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

面接で落とされてしまう人には、人それぞれの原因や問題がありケースバイケースです。
自分では気づいていないからこそ、何度も同じことを繰り返しているので、第三者の目でチェックして貰うことが有効です。

面接対策としては、模擬面接を数こなすのが一番ですし、転職のプロである転職エージェントを有効に活用してください。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング