13de490abce8831efc1307d14edb1eaf_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

転職したけれど失敗だった、前職の方が良かった、戻りたい! と思うケースもあるでしょう。
元の会社への出戻りって、なんとなく難しそうですし、気がとがめるというか、恥ずかしいというか、少々敷居が高い気がします。一度は理由があって離れた会社ですが、離れてみて分かる価値というのもあります。現実問題として戻ることは可能なのでしょうか? 

転職に失敗した後に前職へ出戻りする方法や、成功例や失敗について考えてみましょう。

転職失敗、前の会社に出戻りできるか?

退職した会社への出戻りは、一般的には難しいとされています。ただし、まったく不可能というわけではありません。戻ってきても構わないというような、出戻り社員の受け入れOKとしている会社も、少なからずあります。ただし当然ではありますが、以前と同じ待遇や給料などで働けるとは限りませんし、職場の雰囲気も同じとは限りません

特に転職目的で退職した会社に、転職失敗したとして出戻るような場合には、会社が認めても同僚たちとの関係性が変わっていて辛い思いをすることも多々ありますので、覚悟も必要になります。

会社側の制度次第

一度は退職した人を再雇用した事例があるという出戻り容認企業は、データによれば7割程度となっていますが、ほとんどの企業では制度として再雇用を認めているわけでは無く、主に個別のケースとして特例的に出戻り対応をしています。

つまり、どんな人でも出戻りOKとしているのではなく、あくまで個別ケースとして、能力のある人材や在職時の評判、退職時の理由など、個人と企業との関係性にもよります。

円満退職であることは必須要件ですし、そもそも会社に出戻り不可というルールが無いことも必要です。

関係者とのつながり次第

前の会社に出戻り転職するケースの多くは、前職の同僚や上司などから「戻ってこないか?」という打診があり出戻りしています。自ら転職失敗したから戻りたいと希望する場合より、転職先で不遇な状態にあるのを見かね、前職での働きぶりを評価して声がかかるケースの方が、出戻りも成功しやすいのは当然です。現場での受け入れや以前の評価があればこそ、企業としても出戻りを容認する可能性があります。

最近はSNSなどで前職の関係者とも連絡をとる場合も多いでしょうから、以前よりも出戻りしやすい風土があると言えますが、転職先の自慢をしたり、退職した会社を悪く言ったりしていると関係性も悪化していますので、出戻りは困難となります

出戻り可能なケースとは?

出戻り可能なケースの共通点としては、

  • 常に人手不足で、新規採用が困難な業種や業界や、退職者も定期的にある職場
  • 出戻り不可といった規定が無く、上司などの評価が高く、気に入られていたこと
  • 円満退社であり、退職時にトラブルになったり、愚痴や悪口を言ったりしていない

それでも同僚からは白い目で見られる可能性は否めませんし、強い覚悟が必要です。
さらに、そもそもの前職を退職した原因が解決していないため、また同じ原因と向き合わなければならないという辛さもあります。

出戻り転職の成功例や失敗例

出戻り転職の成功例

出戻りが多々あり再度退職した人も居れば、数年後に役職についた人も存在している会社もあります。製造部門より数字が明確な営業部門では出戻りも多く、必死で成績を上げてマイナスからの出戻り評価を埋め出世した事例です。
ただ他の社員の倍は働いていたり、上司へのゴマすりの巧みな人など、滅私奉公して頑張った事例もあるようです。

退職時には何度も引き止められ、きちんと対処して皆に惜しまれつつ退職し、転職先でも活躍してスキルを上げつつ、その間も前職でのつながりを有効に維持しているようなケースでは、強く望まれて更に高いポジションで戻ってくる成功例もあります。
出戻りというよりも、中途採用や引き抜きに近いような形で迎えられるケースです。

出戻り転職の失敗例

出戻り直後は上手くやっていけていると思っていたが、精神的に辛くなってしまったり、歯車が噛みあわなくなってしまうケースもあります。一度は外の世界を経験してきた人と、まったく知らない人では、同じモノでも見え方が異なりますので、結果的にはギクシャクしてしまうことも少なくありません。

会社側から「頼むから戻ってきてくれ!」と懇願されたケースで無く、自ら戻りたいと希望したようなケースでは、待遇が格段に下がることも多々あり、経済的にも続けられなくなることもあります。

また、同じ部署には戻れず、まったく労働環境が変わってしまう場合もあります。

まとめ

会社にとって有益な使える人間であれば、出戻り転職も可能ですし、転職先でスキルアッブしていれば出戻りであっても活躍可能です。

とはいえ、一度退職したという事実は消えませんし、転職リスクは高いので、安易に退職してから転職活動するよりも、在職中から転職活動を開始しておくことが大切です。

失敗してからでは遅いので、在職のままで転職市場の現実を知るべきですし、自分の人材としての市場価値を知るために、転職エージェントに登録して、まずはカウンセリングを受けることをおすすめします。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング