c484cb1a5eeb20ede14cddaeceb5ce7a_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

転職したい、転職した方がいいかも・・・など、漠然と考えていても、実際は誰に相談したらいいのか? 戸惑っている人もいるでしょう。

はじめての転職の場合は、そもそも転職活動の方法が分からないという人も少なくないのかもしれません。何から始めたら良いのか? そもそも新卒の就職活動とはどう違うのか? など、不安や疑問が次々と浮かんでしまうかもしれませんね。

転職相談は誰にすればいいのでしょうか?

転職を考えたときは、誰に相談する?

「転職したい!」と思い立ったのはいいけれど、はじめての転職では「何から始めたらよいのか?」「まずは退職?」と不安になるものです。

親や兄弟など身内の場合は、リスク回避の気持ちや心配から、自分の意見を押しつけようと感情移入が強くなる傾向があります。特に年配の親世代には終身雇用が当然の時代だったのもあり、転職をネガティブに考える人も多いでしょう。

転職相談をする相手は、慎重に選ぶ必要があります

相談してはいけない人

会社関係の利害関係者には、どんなに世話になった相手でも、転職相談はしてはいけません。

上司に相談してはいけない

上司は部下が退職してしまうと、人材育成や管理に問題があったとして人事的にマイナス評価を受けますので、退職や転職をさせないようにするのが一般的です。
上司にも不信感を抱かれてしまい、人事査定にも影響する可能性が高くなり、居づらいのに辞められないという最悪の事態に陥ることもあります。

同僚や職場の仲間もさけるべき

同僚や職場の仲間なども、上司や会社側に伝わる可能性がありますので避けた方が無難です。現状の辛さを愚痴りあう仲間が、その中から抜け出そうとしていると足を引っ張る人も中にはいますし、チームワークがとれなくなり仲間として信頼できないと考える人もいます。転職できるかどうかも不透明な段階で、職場で居たたまれない状態となり辞めざるを得ないというのも辛いものです。

入社の際に紹介者なども利害関係者です。転職したいと言えば相手は自分の顔が潰されたと感じ、上司と同様に引き留めるのが当然です。

自分の退職後になんらかの影響を受ける利害関係者には、基本的に転職相談をしないのが原則です。

相談してもいい人

会社に無関係な転職に詳しい人に相談する

現職において利害関係のない転職経験のある人、転職に詳しい人などは、経験者として相談するのはいいでしょう。今の職場から転職したような先輩とか、元同僚などに経験談を聞くのは悪くありません。ただし、できれば「人材ビジネスに詳しい人」「人材市場の現状をよく知っている人」が望ましいです。

キャリアコンサルタントに相談する

転職のプロであるキャリアコンサルタントや、人材紹介会社・転職エージェントに登録して相談するのが一番おすすめです。現職の会社の状況を理解してくれるとは限りませんが、自分の転職の可能性やキャリアの棚卸しが可能ですし、現職と他社との比較など状況の分析ができます。

転職エージェントの担当者やキャリアコンサルタントは守秘義務がありますので、現在の会社に秘密が漏れることはありませんので、在職中から相談することがおすすめです。

転職相談をする無料の窓口

転職サイト

転職活動をはじめるには、まずはネットで「転職サイト」を覗いてみるのが一般的です。
現職からの転職の流れや方法など、あるいは退職に必要な手続きやお金のことなど事前に情報を得ておくことは、さまざまな意味からも安心です。
一般的な転職について情報収集をしたら、転職サイトに登録してみる人も多いです。

転職フェア

実際に、足で動いて活動してみたいと思えば、「転職フェア」など求人する企業が集まる「合同説明会」に参加してみるのもいいでしょう。転職希望者が大勢いて、採用したい企業がたくさんあって、なんとなくイメージも膨らむものです。

ただし、現職での勤務時間中に立ち寄ったりするのは止めた方が無難です。

無料のキャリアアドバイザーやキャリアコンサルタントが居るのは?

公的機関である「ハローワーク」や、民間の「人材紹介会社」「転職エージェント」などを有効に活用することもおすすめです。キャリアアドバイザーやコンサルタントに、自らのキャリア診断や相談をして、今の転職市場の動向や、自分の人材としての価値や位置づけ、どんな転職が可能なのか? など、転職のプロの意見を求めることができます。

在職中の状態で、専門家の意見をしっかり聞いてから、転職するかどうかじっくり冷静に検討してください。

まとめ

転職を迷っている場合でも、転職を決意した場合でも、転職の相談相手としてはキャリアコンサルタントを積極的に活用することが一番です。

転職のタイミングとして、今では無く、もっとキャリア積んでからの方がいいケースもあります。安易に退職してから転職活動するのではなく、在職中に転職エージェントに登録して相談する、転職時期を待つというのも有効です。

適性やキャリアの市場感を踏まえて、希望や相性の良い求人を探して紹介してくれるサービスであり、書類作成のアドバイスや模擬面接なども可能ですし、転職者は無料で利用できるのもポイント高いです。

転職相談なら、転職のプロにするべきです。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング