c443ceb301d3310efab4ac6519c45e3d_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

転職エージェントに登録を断られた、登録はできたが連絡なし、相手にされない、と言う経験をお持ちの方もいるでしょう。やみくもにあちこちに登録して持ち駒を減らさないために、断られる理由と解決策を伝授します。

なぜ、転職エージェントに登録を断られてしまうのか?

これは一言で言えば、「紹介できる求人がありません」と言うことです。紹介できない、あるいは紹介できる求人が非常に少ない理由として、以下のものが挙げられます。

  • 転職回数が多い
  • アルバイトなどが長く、職歴が短い
  • 年齢に見合ったスキルがない
  • 年齢が高すぎる
  • 不景気で、エージェントが抱えている求人が少ない
  • 登録者のキャリア、希望職種がエージェントの紹介対象でない

単純にエージェント側の理由によるものもありますが、登録を断られる理由のほとんどは、登録者の経験不足または年齢によるものです。また、転職エージェントが抱える求人はほぼ、ホワイトカラー職種に限定されるため、美容師や調理師などの専門職やマスコミ関連などは扱っていません。

登録できたのに連絡が無くなるのは、どうして?

理由は大体、3つの内のどれかです。

  • 単純に忘れていただけ
  • 途中で、紹介できない何らかの理由ができた
  • 紹介できないことはわかっていたが、その場ではっきり伝えることができなかった

忘れていて連絡をしない、と言うのは本来あってはならないことですが、エージェントの担当者は人によって、同時に数十人の登録者を担当することもあります。そのため、スキルが高いなど優先順位の高い登録者のサポートに追われる内に、企業からのニーズが低く優先順位の低い登録者のことを忘れてしまうケースがないとも言い切れません。

また、登録者に紹介しようと思った求人が、企業側の採用見直しなどがあり、募集が中止になる他の候補者に内定が出そうになり、保留にしなければならなくなる、などが起こることもあります。その場合はその旨を連絡するのが筋ですが、いい加減な担当者がいないわけではありません。

エントリーの段階でキャリアなどに問題がなかったが、実際に面談してみたら企業への紹介が難しいと感じる場合もあります。コミュニケーション能力や態度に問題がある、紹介しにくい事実が判明した、などです。企業に紹介しにくい事実と言うのは例えば、精神疾患歴がある、などです。

他にも、登録者のスカウトをする人間が別にいるために、紹介が難しい人を呼んでしまう、登録者の情報をきちんと読まずにスカウトメールを大量送信する、と言うケースもあります。

いずれにしても紹介できないとわかった段階でそれを伝えるべきではありますが、登録者に暴力的な雰囲気を感じるなど、紹介できないと伝えることでリスクが生じる可能性がある場合はフェードアウトを狙うこともあります。

断られてしまったときは他のエージェントや転職サイトへ

一つの転職エージェントに登録を断られても、別のエージェントでは紹介を受けられることもあります。ですので、登録を断られてしまったときは他のエージェントへの登録や、転職サイトの利用を検討しましょう。

ですが、断られた理由が自分に原因があるものの場合は、まずその理由を潰すことが先決です。別のエージェントでも同じ理由で断られますと、その分、無駄に持ち駒を失うことになるからです。

フリーターの時期が長かったなど、職歴で能力を不安視される人の場合は、マネージメント経験があればエージェントに紹介を受けられる可能性が高くなります。マネージメント経験と言うのは、特定の肩書を持つものに限りません。アルバイト先で後輩に仕事を教えていた、なども含まれます。ここで重視されるのは必ずしも仕事の内容の重要度ではなく、他人の仕事の面倒を見ることができるかどうか、です。

もし、そのような経験があれば、エージェントや企業が魅力を感じられるように表現を工夫して、何をどのくらいの期間やっていたか伝えましょう。

スキル不足、経験不足の場合には、転職エージェントよりも転職サイトの利用がおすすめです。転職エージェントよりも求人のハードルが低く、未熟であっても内定を得やすいためです。出来れば大企業を狙うのではなく、規模の小さい企業でスキルを積んでおくと、後々キャリアアップしやすくなります。
待遇面などは大企業より劣ることが多いものの、企業全体を見渡す目を養いやすく、経営者や責任ある立場の上司のそばで仕事ができるため、さまざまなノウハウやスキルを吸収することができるからです。

企業が求めるスキルは保有資格など職務能力に直結するものもありますが、実は最も重視されるのは人間性です。協調性と意欲があり、コミュニケーション能力が高く、謙虚な人が好まれます。マネージメント経験があると有利であると前述したのも、そう言う側面もあります。

最終的にどの様な仕事をしたいのか、それにはどのような仕事を経験する必要があるのかを見極めた上で、転職サイトと転職エージェント、今の自分に合うものを上手く活用しながら着実にキャリアを積んでいってください。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング