2d7d68e291e236d9b3547c52e7a7553c_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

転職サイトのスカウト機能(仕組み・特徴) スカウトにブラックが多い理由は?

豊富な求人情報を取り扱う転職サイトは、転職希望者の心強い味方です。ほとんどの転職サイトでは、求職情報の提供や転職のサポートの他、企業からのスカウトを受けられる「スカウト機能」と呼ばれるサービスを提供しています。

スカウト機能とは、レジュメに自分のスキル・経験などを登録してスカウト機能をONにすることで求職者の履歴に興味を持った企業から直接オファーが届くサービスです。転職サイトによって、スカウト、プライベートオファー、プラチナオファーなど呼び名は様々です。実際に、転職サイトに登録・利用して「スカウトメールを」受け取った経験のある方も多いのではないでしょうか?

ただ、企業からのスカウトの中には希望に沿わないものブラック企業からのスカウトも多数あります。この理由として、転職サイトのシステム上の問題が考えられます。以下に転職サイトのシステムの特徴について説明します。

転職サイトは、求人を掲載する「広告料金」として、求人情報を掲載する企業から料金をもらうことで利益を得るシステムとなっています。ただ、転職サイトも多種多様で、広告の掲載料金が極端に安いサイトにはブラック企業など質の悪い求人が集まりやすいので、求人サイトの質やブラック企業をしっかりと身抜く必要があります。

また、最近、大手転職サイトの中でも、GreenじゃQlearなど成功報酬型の転職サイトが増加しています。成功報酬型求人サイトは、求人広告の掲載料が無料で、応募者の採用が決まったときに初めて報酬料金が発生するシステムです。そして、成果報酬の金額の中から、内定者にお祝い金が支払われます。

成功報酬型のサイトの場合、一見合理的で企業側・求職者双方にメリットが多いシステムのように思われます。しかし、実際に成功報酬型のサイトを利用した企業の人事担当と求職者、双方からの口コミ評判はあまりよくありません。では、成功報酬型求人のサイトのデメリット(問題点)とは具体的にどのようなことでしょうか?以下に列挙します。

成功報酬型転職サイトのデメリット

  • 求人掲載料金が無料なので採用意識が低いけれど取りあえ求人掲載をしている企業が多い
  • 質が悪く(ブラック企業など)、企業の売名行為やSEO対策のために求人を出しているケースも多々ある
  • 採用報酬型のサイトは、応募者を採用するごとに高額な成功報酬を支払わなくてはならないので、よほど優れた人材でなければ採用しない

上記の理由で、成功報酬型のサイトに掲載される求人情報の中には、採用意識が低い企業や質が悪いブラック企業数多く掲載されているのが現状です。これから真剣に転職を考えている方は、お祝い金など目先の利益に惑わされず、本当に質のよい転職サイトや応募企業を選ぶ目を養うことが大切です。

スカウト機能の仕組み その実態はダイレクトメール?

企業からスカウトメールが送信されてくるまでの仕組みは、大まかに以下の通りです。

スカウトメールが送られてくるまでの仕組み

  1. 企業の人事担当者が採用したい人材の条件(年齢・キャリア・実務経験・勤務地等)を転職サイトの営業担当に報告をする。
  2. 求職者がレジュメで登録した職務経歴や希望条件などのデータベース上の検索軸を基に、転職サイトの運営元が、企業側の条件に合う対象者をピックアップした後、企業の人事に提案をする。
  3. 条件に合った対象者に企業側がスカウトメールを一斉送信する。

因みに、スカウトメールが一斉送信する一般的な人数は50人~200人にものぼるため、企業の人事担当は1人ひとりのレジュメを見ている訳ではありません。このため、スカウトメールが送られてきたからといって高確率で採用されるというわけではなく、ほとんどのスカウトメールはダイレクトメール化してしまっているのが現状です。

実際にスカウト機能のサービスを利用した際、以下のようなクレームが多々聞かれました。

  • スカウトメールを送ってきた企業に応募してもまったく連絡がない
  • 応募しても書類選考で落とされてしまう
  • 希望とは程遠いスカウトが多い

そこで、数あるダイレクトメール的なスカウトの中から、自分にとって本物のスカウトメールを見分けるポイントを身につけることが転職成功につながる重要なポイントとなります。下記にスカウト機能の正しい活用方法について紹介します。

スカウト機能の活用方法 質のよいスカウトメールを見抜く注意点とポイント

多くのダイレクトメールの中から本当のスカウトメールを見抜くために、スカウト機能の活用方法のポイントとおすすめしたいスカウト機能(転職サイト)について紹介します。

スカウトメールの特徴からダイレクトメールか本当のスカウトメールなのかを見分けるポイント

ほとんどのスカウトメールはテンプレメールであり、内容もありきたりで、書類選考があるという旨は書かれていますが、面接設定に関する記述がないのが特徴です。

一方、本当のスカウトメールの場合、求職者自身の具体的な情報(職歴や資格など)についての詳細が記載されており、面接設定についての内容が詳細に書かれていることも多いのが特徴です。文面がテンプレートではなく、オリジナルに作成された文章であるかどうかが本当のスカウトメールを見極める大きなポイントです。

本当のスカウトに近いサービスを提供するサイトを選ぶ

上記ではほとんどのスカウトメールがダイレクトメール化してしまっているということを説明しましたが、転職サイトの中には、1人ひとりのレジュメを企業の採用担当者がきちんとチェックした上で、個別にオファーが届く本当のスカウトに近いスカウトサービスを提供している転職サイトもあります。

特におすすめのスカウト機能は、リクナビネクストの「プライベートオファー」です。リクナビネクストの場合、いわゆるダイレクトメールによるスカウトのことを「オープンオファー」と呼び、よりスカウト機能の高い「プライベートオファー」と分類しています。

「オープンオファー」の場合、よほど希望条件に合う企業でもない限りスルーしても問題ありません。

一方「プライベートオファー」の場合、求職者の具体的な職歴から企業側が求める条件に合った場合に限りスカウトメールが送られてくる。また、「プライベートオファー」の場合、配信される数が非常に少ないので、もし受け取った場合は「自分自身の転職市場における価値が高い」ということになり、転職活動をする上で大きな自信にもつながります。

因みに「プライベートオファー」の場合、書類選考なしでいきなり面接となるので、事前の準備・対策をしっかりとしておく必要があります。

ただ、プライベートオファーの場合でも、企業からではなく転職エージェントからのスカウトの場合、「エージェントが他の企業に紹介したい人材」としてのオファーであり、本当のスカウトでない点がデメリットです。

また、プライベートオファーでも、内容はオープンオファーと変わらないケースもあります。メールの文面がテンプレートで、誰が受け取っても問題ないようなありきたりの内容で書かれていれていないかチェックしましょう。

以上、スカウトメールは、自分自身の転職市場における価値を図るツールにもなり、希望に合った優良企業と出会うための大きなきっかけにもなります。まずは、確度によってそれぞれ「オープンオファー」と「プライベートオファー」に分類され、安心して利用できるリクナビネクストのスカウト機能を利用されることをおすすめします。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング