d1fa647dd3130c253b56631eb78e4319_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

離職後の転職活動 メリット・デメリット

退職後に転職活動を始める場合、転職理由は人それぞれでしょう。例えば、「キャリアアップや待遇アップを目指し転職をしたいけれど、今の仕事が忙し過ぎて転職活動ができない」「退職後、資格取得に専念して転職後のキャリアアップに備えたい」という方も少なくありません。

会社を離職してからの転職活動の場合、在職中の転職活動にはない以下のようなメリットがあります。

  • 仕事に時間を取られることなく、時間・気持ちにゆとりを持って転職活動をすすめられる
  • 資格取得や自習、研修会への参加などキャリアアップの他、希望先の業界・業種の研究目指した学びの時間を確保できる
  • 内定後は、退職の手続きなどに時間を取られず、すぐに働ける

一方、退職後の転職活動で陥りがちなデメリットは、以下の通りです。

  • 離職後のブランクが長いと、採用選考時の評価がマイナスになってしまう
  • 転職活動中(内定が決まるまで)は無収入
  • 不採用が続くと、焦りやマイナス思考に陥りがち

実際、会社を退職して無職の期間が1~2か月程度の短期間であればさほど問題ではありませんが、離職期間が長引けば長引くほど転職が難しくなる傾向があります

また、転職をスムーズに進めたいと意気込んで転職エージェントに登録したものの「離職期間が長い」などの理由で断られてしまうケースもあります。ただ、転職エージェントに登録する際は、自分の希望に合った求人をたくさん保有しているエージェントに登録することがベストです。登録を断られたということはエージェント側が自分のスキル・能力・ニーズに合った求人情報をあまりもっていないためと捉え、あまり気を落とすことはありません。

例えば、あるエージェントで登録を断られても、他のエージェントでは登録できたというケースも多々あるので、すぐに気持ちを切り替えて、まずは口コミ評判のよい大手エージェントに何社か登録をしてみましょう。

退職後(離職期間中) 転職エージェンへの登録・利用がおすすめ?

上述した退職後の転職活動におけるデメリットの中でも、最大のネックは金銭面と精神的な焦りです。実際、何度も不採用が続くと精神的に追い詰められ「希望する職場」ではなく、「就職できる職場」へ妥協してしまう傾向があり、キャリアアップどころか以前の職場よりも条件の悪い仕事を選んでしまう危険性が高まります

また、現在の転職市場から考慮しても、「現職が忙し過ぎてまったく転職活動ができない」など特殊なケースを除き、できれば転職活動は在職中に行い退職する前に新しい職場の内定を確保しておくことがベストです

ただ、「一刻も早く転職を成功させたい」という焦りや情報不足から生じる転職後のミスマッチを防ぐためにも、退職後の転職活動中の方には、ぜひ転職エージェントへの登録・利用をおすすめします。下記に退職後(離職期間中)の転職エージェントの上手な活用方法のポイントについて紹介しますので参考にしてみてください。

退職後、短期決戦で転職エージェントを上手に活用するポイント

エージェントは転職希望者と企業の橋渡し役として転職者のニーズに合ったサポートを提供してくれる非常に心強い存在です。

例えば、エージェントは、一般に公開されている業界情報や求人には掲載されていない独自の非公開求人もたくさん保有しており、転職者のニーズに合った求人紹介をしてくれます。

また、プロ視点からの客観的な分析によるキャリアの棚卸しをはじめ、応募書類(履歴書・職務履歴書)の添削、面接の予行演習、企業側との面接スケジュール調整など幅広いサポートを提供してくれるため、離職期間を少しでも短くしたいのであれば、エージェントを上手に活用されることをおすすめします。

短期決戦でエージェントを活用するポイントは、複数のエージェントの掛け持ち利用です。では、エージェントの掛け持ち利用することで具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?下記に列挙します。

豊富な情報収集や希望に合ったエージェント・企業に出会える確率が高まる

上記でも触れましたが、「離職期間が長い」等の理由で転職エージェント何社から登録を断られた場合、失望せずに自分の希望する職種・業種に強い大手の転職エージェンに複数登録をしてみてください。そうすることで、あなたの希望する求人を保有する転職エージェントに出会える確率が高まりますし、色々なエージェントから転職に関するお役立ち情報を聞ける点も大きなメリットです。

また、担当のキャリアドバイザーとの相性やエージェントのタイプが合う・合わないはどうしても生じてくることなので、始めは複数のエージェントに登録して、幅広い視野でのサービスを受けつつ、最終的に自分に1番合ったエージェントメインで効率的に転職活動をすすめていきましょう

複数のエージェントを利用することで内定成功率を高められる

退職後の転職活動は、かなり時間に余裕があります。面接に要する時間が大体1時間程度なので、例えば1日に何社かの面接を受けたとしても時間が余るほどでしょう。しかし、エージェント1社だけの利用の場合、1週間に1回ペースで面接できればよいほうです。

企業側も、信頼できるエージェントに絞って依頼するので、できるだけ多くのエージェントを利用しないと希望の会社に紹介さえしてもらえないケースが多々生じます。つまり1社の内定を勝ち取るためには、なるべく多くの企業に検討してもらうために数をこなす必要があるのです。内定成功率を最大限に高めるためにもエージェントの掛け持ち利用が必要不可欠です。

以上、あなたが希望する業種や職種に強い転職エージェントがあれば迷わずに、まずは登録してみてください。そうすることで、あなたの希望求人に出会える確率はぐっと高まります。何にせよ転職活動は「臆せず前向きに行動すること」が重要なキーポイントとなるので、積極的かつアクティブに活動することで是非内定を勝ち取ってください!


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング