86504250e59d9f7935b13f5474991209_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

あこがれの消防士の仕事、現実はどうなの?

全国の消防士の数は、15万人を超えます。消防や救急としての仕事はもとより、自然災害が起こった際の救助活動などにも活躍する消防士は、私たちの生活に欠かせない存在です。もちろん、そんな消防士にあこがれる人も多く、人気の高い職業の一つといえます。特に、消防車や救急車に乗る姿はたくましく、いつの時代でも、こどもから絶大な人気を得ています。

消防士は公務員なので、地域ごとに受験する必要があります。勤務する地域によっては激務だったり、逆にやりがいを感じることができなかったり、仕事内容や量については勤務地によってかなりばらつきがあるのが現実です。

救急救命士の資格を取ったり、レスキュー隊を志願して厳しい訓練を乗り越えたり、消防士になってからも努力次第でキャリアアップ、スキルアップを図ることができます。

最近では女性の消防士も増えてきました。もちろん、男性同様に厳しい訓練を受けて消防士になります。はじめは現場経験を積む場合が多いですが、結婚や出産に伴い、広報など日勤の事務系の仕事に配置換えされることも多いようです。このような配慮をしてもらえるなら、女性でも長く続けていける職場として、意外と穴場と言えそうです。

人気が高い消防士!でも転職したい・・・その理由とは?

公務員ということで、収入や身分保証については安定していますが、消防士として現場で働くにはシフト性で不規則な生活が続くことになります。夜勤もあり、昼間が休み、といったような勤務体制で、家族とのすれ違いも多くなりがちです。

また、火災や事故など危険な場所に出向いていくので、時には命の危険も伴います。常に緊張感を持って仕事に取り組まなければなりません。厳しい訓練を乗り越えているとはいえ、肉体的・精神的な疲弊は計り知れません。

そして消防士として現場で人の役に立ちたい、と思って消防士になっても、現場の配属から離れてしまえば事務仕事ばかりで、思っていたような仕事ができないという理由で転職を考える人もいます。公務員の場合、若い間は現場を経験して、ある程度年齢を重ねると管理職として事務系の仕事に回る、という流れがあり、現場隊員としてキャリアを積んでいくには限界があるのも事実です。

公務員は安定していますが、消防士の経験を生かしてもっとキャリアを積みたいとか、自分には向いてないから辞めたいとか、未経験の異業種に転職したいとか、理由はさまざまですが、転職するならなるべく若いうちに転職活動をスタートさせましょう。

消防士の転職先はどこが多いの?

消防士におすすめの転職先

消防士の場合、民間の救急会社へ転職する人が多く、ここでは、それまでのキャリアやスキルを存分に生かせます。ただし、消防士は公務員であるのに対し、民間の救急会社はそうではないので、生涯賃金や身分の保証については公務員としての消防士の方が安定しているといえます。それでも、現場で長く活躍したい、より専門的な知識を身につけたい、スキルアップをしたい、という理由から民間の救急会社へ転職することを選ぶ人もいます。

ほかには、消防の知識を生かして設備管理の仕事や企業の防火対策に関わる仕事などにも需要があります。また、消防士を目指す人向けの専門学校での講師や塾講師、運動能力を生かしてトレーニングジムのインストラクターなども選択肢としてあげられます。

どんなスキルが転職市場で評価されるの?消防士の転職活動のポイントは?

消防士は、厳しい訓練を耐え抜き、死と隣り合わせの現場を経験する特殊な仕事です。仕事に対するプライドや仲間とのチームワーク、体力・運動能力などさまざまな能力を兼ね備えていると考えられます。消防士の経験がある、ということは身体的にも精神的にもタフな人物として評価され、新規開拓の営業マンなど厳しい職種でも頑張れる、と期待される傾向があります。

このように、タフな精神力や強い正義感、チームワークを大切にすることなど、仕事に対する姿勢という面で評価が高いのが消防士です。

しかし、公務員から民間への転職となると、それまでの環境とはガラリと変わってきます。転職活動においては、自己分析はもとより、今までのキャリアをどうアピールするのかということがとても重要で、履歴書や職務経歴書の書き方にもコツが必要です。そして、転職試験では面接が重視されるので、面接対策も重要なポイントです。

転職支援サービスを積極的に活用しよう

特に他業種への転職を考えている場合、転職支援サービスの利用は欠かせません。求人情報の検索はもとより、さまざまな業界の転職市場の動向や自己分析ツールなども充実しています。さまざまな転職支援サービスがありますが、まずは転職エージェントをつかってみてはいかがでしょうか?

消防士は専門的な職業でスキルも高いですが、高い専門性ゆえ他業種への転職は簡単にはいきません。公務員から民間への転職で不安が大きい人も、転職エージェントをうまく活用して転職活動を成功させましょう。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング