3d2a444234374accfef73f2485890ff9_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

理系職種におすすめの転職サイト

文系職と理系職では転職活動の状況が又く異なり、すべての転職エージェントが理系職種に精通しているわけではありません

理系職種の求人の場合は、専門家としてエキスパートを求めているケースが多く、一般の転職活動より極めて狭き門となっています。応募者と企業のマッチングの見極めも、専門知識をもったエージェントで無ければ難しいですし、業界も狭いため非公開での求人がほとんどです。

理系職種、技術系や研究職を得意としている転職サイトやエージェントに、的を絞って登録しましょう。

理系職種におすすめ転職サイト・エージェント

  1. JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系や海外求人に強く、理系のハイキャリアや管理職クラスの国内大手、外資系、海外進出企業へのハイクラス転職をサポートしている転職エージェントです。

    JACリクルートメントのキャリアコンサルタントは、業界出身者も多く、メーカー、エネルギー、メディカル、食品、営業、金融、流通、不動産、建設、IT系など、業界業種に特化した専門的な相談にも対応できる「業界担当制」です。

    イギリス、中国、韓国、タイなど、世界中にネットワークを持ち、外資系や海外転職に強いという特徴があります。海外への転職を考えている方には英文でのレジュメ作成に関するアドバイスもあり、グローバルなキャリア形成が可能です。

    ハイキャリアな人材のための非公開求人を多数保有しているトップクラスの転職エージェントです。

    JACリクルートメントの詳細

  2. type転職エージェント

    type転職エージェント

    typeの人材紹介は、キャリアコンサルタントと登録者の密接なコミュニケーションを重視した人材紹介会社です。

    英語を生かす転職や、外資系・クローバル系企業、IT・WEB系の大手企業の転職求人が豊富です。特に理系職種の求人ニーズに細かく対応しており、電気や電子、回路、制御、半導体、機械、光学技術などの技術系に強みをもっています

    創業時より「エンジニアtype」を創刊し、ITとのつながりは古く、専門に特化したキャリアアドバイザーが多く在籍しています。25歳から35歳までの年収アップ率は実に7割以上となっていて、理系やエンジニアの転職にはおすすめの転職エージェントです。

    type転職エージェントの詳細

  3. Green

    Green

    関東・関西など都市部のIT・WEB系の成長企業の求人に特化した「ちくしょう。転職だ!」でお馴染みの転職サイトです。企業にとっては気軽に求人できる「成功報酬型サイト」なので、他の転職サイトには無い求人も多数掲載されています

    エンジニアだけでなく、webデザインや企画制作、クリエイターなど、IT業界の人材だけにアプローチしたい新興ベンチャーweb系の求人が豊富です。即戦力を求める企業が多く、ベンチャー志向やネット系企業の自由な雰囲気を好み、実力主義を好む若手エンジニアやクリエイターには、特に評判のいい転職サイトです。

    閲覧履歴からおすすめ求人企業が自動的にレコメンドされる機能や、企業に向けての「気になる!」アプローチ機能も評判です。自らの力で成功したい若手実力派タイプに、特に活用しやすいサイトです。

    Greenの詳細

理系の転職動向

研究職の求人数は比較的増加傾向で、異業種企業の化粧品業界参入が増えていることもあり、特に化粧品業界の求人活動が活発化しています

研究職の案件は専門性が高いため、基本的には研究室を通じて行われたり、非公開求人となっていて、求人サイトやwebに公開されているケースはほとんどありません。研究職種の転職は、基本的には転職エージェントなど人材紹介が基本です。

スマホやタブレット端末などのスマートデバイスだけでなく、ウェアラブル端末への注目が高まっている時代背景もあり、IT業界の求人領域も大きく変化しつつあります。変わらぬ技術に根強い支持がある反面、業界動向の変化スピードが速いため、転職市場で人気スキルも変動が激しくなっています。常に幅広く情報収集を行い、自らのスキルをブラッシュアップしていく姿勢が年齢を問わず必要です。

「30歳プログラマー定年説」と言われた時代もありましたが、常に最新技術を吸収し現役で活躍している50代もいます。大手メーカーの制御システムなど古い技術で稼働している機器もあり、リニューアル時期には数十年前の技術力が必要とされるケースもあります。ただし非常にレアな求人ケースになりますし、表立ってオープンにはされない非公開求人や潜在的な求人となります。

研究職、技術職の転職はマッチする求人の絶対数が少ない傾向があり、希望通りの求人情報をじっくり待つ姿勢も必要になります。

理系の転職成功のポイント

研究職の場合は特に、自らのスキルや研究課題、成果について明確に伝えられるように準備しておく必要があります。前職や現職の守秘義務や社外秘を守りつつ、研究成果を資料にまとめてレポートできるよう備えておくことも大切です。

優秀な理系人材を求めている企業は多数存在しますが、ニーズが細かく細分化されているケースも多々あります。転職希望者にとって必要な求人の情報を集めることは、膨大な時間を必要とし多忙な人にとっては困難を伴いますので、専門の転職サイトや転職エージェントを活用することがポイントです。

もともと転職活動は時間がかかるものですが、アポイントや時間調整などが苦手な理系タイプにとって、応募先企業との細かい調整に対応してくれる転職エージェントは心強い存在です。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング