cb7b6f36f19e5d164565afbba080723a_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

高卒者におすすめの転職サイト

高卒という学歴を気にしている転職希望者も少なくありませんが、学歴が影響するのは20代でも若年層のうちだけで、30代になれば学歴より経験やスキルの方が重要視されます。有資格者でなければならない職種や、特別な経験やスキル、特定の業界のノウハウを持った人材には、学歴はあまり関係ありません。

高卒の転職活動には、まずは転職サイトの活用をおすすめします。「学歴不問」「高卒OK」などキーワードで求人を探すことが可能な転職サイトがほとんどですし、最新の転職市場の情報収集も容易になりました。

履歴書や職務経歴書の書き方を学んだり、面接のコツを仕入れたり、さまざまなコンテンツを参考にして、準備することができます。自らの経験や情報を登録しておくと、企業やエージェントからオファーが届くスカウト機能がある転職サイトも多々あります。

自分の経験やスキルが、どんな評価を受け、ウリになる武器は何なのか?キャリアコンサルタントの厳しい目でチェックしてもらうことも重要です。自身を過大評価しても失敗しますし、過小評価していてはチャンスを逃してしまいます。耳の痛いアドバイスを受けることもあるかもしれませんが、ステップアップのためには厳しい現実を認め、糧としていく姿勢こそが必要なのです。

転職エージェントを利用して、プロの目で査定して貰うことが、キャリアアップの第一歩です。

高卒者におすすめ転職サイト・エージェント

  1. リクナビネクスト

    リクナビネクスト

    「リクナビNEXT」は、数ある転職サイトの中でも求人数が最も多く、メジャーな転職支援サイトです。圧倒的に求人数が多く「未経験可」「学歴不問」「高卒可」の求人もあり、さまざまな業界や職種の情報が集まっています。

    希望条件を登録しておくと、条件にマッチする新着情報が毎週送られてきたり、企業からの個別のスカウトを待つこともできます。

    地方の求人も含め、ベンチャー企業から大企業まで幅広い求人案件がある業界トップクラスの転職サイトです。

    リクナビネクストの詳細

  2. type転職エージェント

    type転職エージェント

    「type転職エージェント」は、20年以上の実績がある転職エージェントです。人材紹介会社や転職エージェントは登録の敷居が高いケースも少なくありませんが、学歴が無く、職歴が浅くても登録ができるため、高卒者にも人気です

    キャリアコンサルタントが親身に対応してくれると評判も高く、学歴に自信のない高卒の転職希望者が、まずは最初に登録する転職エージェントとして、おすすめです。

    type転職エージェントの詳細

  3. マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    「マイナビエージェント」は、20代や30代の若年層を数多く転職させた、老舗の転職エージェントです。上場企業からベンチャー企業まで多くの人事担当者とのパイプがあり、高卒者でも有利に転職活動を進めることができます。

    キャリアコンサルタントの質が高く「応募書類の添削・面接対策・推薦状の作成」など一人一人のフォローアップが充実、面接の通過率が高いことが特徴です。転職に不慣れな若年層には、心強い味方となってくれる転職エージェントです。

    マイナビエージェントの詳細

高卒の転職市場動向

中途採用は戦力を求めるため、若年層ではポテンシャル重視ですし、ベテランなら経験値やスキル重視となり、要は「仕事ができるかどうか」ですが、人事に届く書類チェック時の学歴フィルターは、いまだに活用されているのが現実です。

つまり一般応募の場合、書類上は大卒と比較するとどうしても不利ですし、そのハンデを上回る「何か」が必要になります。

特別な職歴や特筆できる国家資格や能力、見栄えの良い書類、推薦状、あるいは「信頼できるエージェントからの紹介」なども有効なパスになります。人事担当者の目に触れるチャンス、内容を見てもらうためのパス(通行証)として、転職エージェントを利用するのもいい手段です。

高卒の転職成功のポイント

学歴はあくまで目安であり、能力があれば仕事には支障がないのが事実です。例えば、経理職なら、資格として簿記2級、実務として決算を2~3回ほど経験していれば、学歴による不利はほとんど無いでしょう。学歴より重要な技術やスキル、有益な資格、TOEICスコアが高いなど、書類の段階からアピールしておくことです

ビジネス経験の豊富なベテラン人材なら、高卒であっても書類作成には慣れているはずですが、若年層の場合は大学時代に必須のレポート作成経験が無いため、書類作成下手という側面も多々あります。最低限のPCスキルとともに、明確なロジカル思考によるプレゼント資料などを駆使すると、学歴より有効なアピールとなります。

大手企業では学歴は協調性の指標として有効と考えられていて、日本では組織や上下関係、和を尊重する教育で、厳しい秩序や規律の中に長年身を置いた人は協調性が高いとされ、体育会系が重宝されるのもそのためです。

若年層の高卒者は、不十分な経験値やスキルを補うため、社会性や協調性、チームワークなどのコミュニケーション能力を示すことが、転職成功のポイントとなります。

高卒の転職活動においては、書類通過や面接までの手段として、転職サイトや転職エージェントを積極的に活用することが必要です。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング