2b4aa83b71070a9f71bc8d01ca5b5dcf_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

ベンチャー転職におすすめの転職サイト

大手企業とは異なる魅力を持つベンチャー企業は、魅力的な転職先です。ベンチャー企業では若手のうちから仕事を任されるケースも多いため、ヤル気と実力があれば目に見える成果を上げることも可能ですし、自由な風土の会社が多いこともあり、20代若年層にも人気の転職先です。

ベンチャーもいろいろですし、中にはブラックに近いような会社も無い訳ではありませんので、将来性や労働環境などしっかりと情報収集することが必要です。複数の転職サイトを有効に活用したり、転職エージェントを利用して目利きを代行してもらうのも効率の良い手です。

ベンチャー転職におすすめ転職サイト・エージェント

  1. Green

    Green

    キャッチーな「ちくしょう、転職だ!」で有名な「Green」は、IT・WEB系のエンジニア求人に特化した転職サイトです。成長過程で勢いのあるベンチャー企業の求人が充実していると評判で、創業時期の企業であればコアメンバーとして、業務の根幹や組織作りにも積極的に参加できる企業の求人が揃っています。

    質の高い求人情報にも定評があり、会社規模や年数、職種・勤務地・希望年収だけでなく、服装自由、転勤無しなどの、こだわり条件で検索することの可能です。

    変化スピードの著しいIT業界で実力を発揮していきたい人、発展途上の企業にて多方面のスキルを習得したい人には、おすすめのサイトです。

    Greenの詳細

  2. type転職エージェント

    type転職エージェント

    type転職エージェントは、首都圏の求人に特化した総合型転職エージェントです。ベンチャー企業に特化したエージェントではありませんが、Webマガジン「エンジニアtype」の編集なども行うキャリアデザインセンターが運営しているため、IT・WEB業界にも強みがあり、非公開求人も多数あります

    キャリアコンサルタントのきめ細やかな対応にも定評があり、幅広い企業との太いネットワークや長年の転職ノウハウによるサポートが頼りになります。

    広い視野から転職を考えるためにも、登録しておきたい転職エージェントです。

    type転職エージェントの詳細

  3. startup

    「startup(スタートアップ)」は、関東や関西を中心とした成長著しいベンチャー企業やエンジニア求人に特化した転職支援サイトです。創業メンバーや、新規事業、海外進出などの新しいステージへのチャレンジための求人を積極的に集めていて、比較的早い段階のベンチャー企業に特化しています。

    ベンチャー企業への投資家目線で厳選した将来有望な企業を集め、スタートアップやアーリーステージの起業家や経営陣からヒアリングした事業内容やビジネスモデルなどの詳細情報の提供もあります。ベンチャー専門のキャリアコンサルタントにより、将来に期待できる求人紹介とともに、内定後の条件交渉、ストックオプションも含めた報酬交渉なども任せられる転職エージェントです。

    ベンチャー企業指向なら、企業研究も含めて相談して損のないエージェントです。

    startupの詳細

ベンチャー企業の転職市場動向

景気回復の追い風の中で、30代以上の即戦力を求める企業が急増中で、業種や業界を超え人材の大移動がおきています。大企業でも安心とは言えない時代でもあり、特に経験豊富でスキルの高い優秀な人材が、大企業よりも実力を発揮しやすい中小企業やベンチャー企業、地方の企業へと動き始めています

中途採用求人はベンチャー企業のほうが積極的で、優秀な人材を確保するために活発に採用活動を展開しています。企業にとっても、歴史が浅いため生え抜き人材だけではリソース不足になりがちで、グローバル化を見据える企業の場合は特に、ビジネス英語に対応できるような、海外赴任経験者や外資系企業出身の人材を求める傾向があります。

スキルのある人材にとっては、優良なベンチャー企業への転職するチャンスです。

ベンチャー企業の転職成功のポイント

ベンチャー企業への転職成功のポイントは、会社の将来性を見極めることです。設立して5年以内で8割以上の会社が倒産しているという統計もあり、一時的ブームで急成長していても大手が参入して一気に業績が落ちたりするケースもよくある話です。

福利厚生や労働条件も満足のいくものではない可能性もありますし、ベンチャー企業ならではの現実も覚悟しておくことが必要です。

ベンチャー企業とは、まだまだ未成熟な企業なので、自分の力で会社を大きく成長させる気概が必要ですし、プロスポーツ選手のような実力第一主義の面も強くあります。能力以上の成果を期待されたり、人材不足のため専門外の不本意な分野の仕事もせざるを得ないケースもあります。

細かい雑務などもこなせる臨機応変さや事務処理能力、個人事業主として独立すると同様の覚悟や姿勢も必要になります。

ベンチャー企業は創業者のカリスマに頼る部分も大きく、経営トップの意向に左右される傾向も強いため、理念に共感したり、ビジョンを共有できる会社で無ければ、辛くなるケースもあります。自らのエネルギーを注ぎ込める会社なのかどうか?社風や土壌なども、しっかりと見極める必要があります。

自分のキャリアビジョンと、会社の将来性などのマッチングも重要ですし、ベンチャー企業への転職を成功させるには、プロのキャリアコンサルタントの目を活用するのもポイントです。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング