344aefc14e6a44853b9d3935745d021a_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

不動産業界におすすめの転職サイト

不動産業界は人材の出入りが激しい業界で、未経験から飛び込む人もいますし、業界内で転職する人も大勢います。2020年のオリンピックを控え活況な建設・不動産業界ですが、デベロッパー、ゼネコン、ハウスメーカー、リフォーム、仲介、不動産管理、メンテナンスなど多種多様です。

慢性的な人手不足業界ということもあり、他業界からの人材流入や、フリーター脱却のための足がかりになるケースも少なくありません。業界大手の「未経験可」案件もあれば、「手に職をつける」系の技術系案件の求人などもありますし、全くの未経験でも採用されるチャンスが多い業界です。

求人を出している会社もピンキリで、ブラックもどきの不動産会社もあれば、もちろん優良な企業もあります。実際の社内事情や人の出入りなどは、転職サイトをじっくりウォッチしたり、転職エージェントに相談して吟味することがおすすめです。

不動産業界におすすめ転職サイト・エージェント

  1. JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    20年の実績がある「JACリクルートメント」は、東京・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸に拠点を持ち関西にも強い転職エージェントです。

    業界担当制のキャリアコンサルタントは、専門的な相談にも応じられるように「不動産/建設業界」に精通しており、デベロッパーや建築業界、不動産業界の出身者も多数在籍しています。

    建設・不動産業界に専門特化したチーム体制で、大手から中小の企業まで不動産業界の求人数も増加中で、約6割が非公開求人です。首都圏、関西圏の不動産業界の転職なら、特におすすめの転職エージェントです。

    JACリクルートメントの詳細

  2. type転職エージェント

    type転職エージェント

    「type転職エージェント」は、大手企業や有名企業、成長が期待される企業などの求人に強みがある転職エージェントです。

    建築・不動産業界に特化しているわけではありませんが、職種や年収、勤務地などのこだわりの求人検索機能、市場価値診断テストなども充実しています。キャリアコンサルタントの情報提供やアドバイスなど、転職サポートの質の高さには定評があります。

    デベロッパーの債権回収担当からキャピタルのアセットマネジメントへのキャリアアップ実績や、不動産グループ会社の常駐システム部門の案件など、多方面からのアプローチが可能です。不動産業界の転職も、幅広くサポートしてくれる転職エージェントです。

    type転職エージェントの詳細

  3. リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    年間の転職支援実績トップの「リクルートエージェント」は、求人数も非常に多く、不動産関連の求人も多数あり、優良企業の求人情報も豊富な、老舗の転職エージェントです。不動産業界の専門職やプロパティマネジメントに精通したキャリアコンサルタントが、転職のプロとしてサポートします。

    サイトの「建設・不動産の転職ケーススタディ」では、成功や失敗事例を通して転職活動を上手くコツを紹介しています。チェックしておくべき大手の転職エージェントです。

    リクルートエージェントの詳細

不動産業界の転職市場動向

東京オリンピックに向けて、建設業界、不動産業界の人手不足はさらに深刻さを増しています。公共事業投資、インフラ整備の増加、消費税の増税前の駆け込み需要などもあり、不動産業界の転職市場は経験者にとっては売り手市場です。

景気回復傾向にともなって、設備投資やオフィス移転を考える企業も増加しており、オフィス移転の斡旋企業の採用も増えています。企業やオフィス向けの移転斡旋の営業職は、不動産業界では珍しく土日祝の休みの場合が多いため、転職者にも人気が高く難易度は若干高めです。

中古住宅のリフォームや不動産仲介なども「中古住宅マーケット」として市場が確立し、採用も活発化しています。新築住宅の価格が高騰気味なのもあり、中古住宅を購入するための仲介業者や、購入後のリフォームのためのリフォーム業者なども、人材を積極的に募集中です。

不動産業界の経験や実績があり、金融系の知識やファイナンシャルプランナー資格を持っている人などは、投資としての不動産業である「不動産ファンド」「不動産投資業界」も転職選択肢として有効です。
「宅建(宅地建物取引主任者)」や「不動産鑑定士」「不動産管理士」などの資格も、不動産業界への転職では価値があります。

不動産業界の転職成功のポイント

不動産業界には優良な企業も多々ありますが、福利厚生が不十分な会社や、中にはプラックな企業もあります。歩合で稼げる契約社員制度をとっている会社も多く、安定志向の人には向かない場合もあります。

勢いのある業界ですし、不動産業界にやりがいを見出せる人もたくさんいます。特に購入計画や資産運用の側面から、金融知識に長け、ファイナンシャルプランニングのできる人には、活躍の場が開けています。

不動産業界への転職で成功するポイントは、大きく差のある企業の内情をよく吟味することです。キャリア相談などで新しい選択肢を見つけることなどから、転職エージェントの活用がおすすめです。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング