8e581c08f5c9f4cb7e72dea6d36830a0_s
50~60代の中高年・シニア世代でも、まだまだ働きたい人は少なくありません。
転職サイトも、50~60代のビジネスパーソンをターゲットにした求人案件を多数抱えるようになりました。40〜50代キャリア層の転職から、リタイヤ後の再就職、中高年・シニア向けの求人も増えてきています

ただし、若い世代と比較すると圧倒的に数は少ないですし、条件のいい求人には応募が殺到するのも現実です。思い描いた通りにはいかないケースも少なくありませんよね。

中高年からシニア世代向けの、応募可能な求人情報、優良求人をたくさん集めて、積極的に転職活動する必要があります。
50代・60代向けの転職サイトを比較して、情報をまとめてみました。

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

中高年~シニア向け転職サイトの選び方

45歳~49歳なら転職エージェントがおすすめ

40代キャリア人材であれば、ハローワークや転職サイトで応募先を探すよりも、転職エージェントの方が優良企業の質の高い求人案件が揃っています。
中高年でもキャリア次第で優良な求人に巡り合える可能性は高いので、転職エージェントに登録して、転職支援を受けることをおすすめします。
転職エージェントもたくさんあるので諦めることは無いですが、登録を断られたら転職サイトも併用して応募する、レジュメ登録してオファーを待つのも良いでしょう。

50代は転職サイトと公的機関の併用がおすすめ

ベテラン人材向けの転職エージェントでは無い場合、若手求人を得意とする転職エージェントでは、年齢で登録を断られる可能性が高くなります。
ハイキャリア人材向けのエグゼクティブな転職エージェントなら問題ありませんが、大手総合型転職エージェントでは「紹介できる求人がありません」と冷たくされます。
ハローワークに頼る手もありますが、転職サイトの方が求人レベルはまだマシで、効率良い活動が可能です。
公的機関と転職サイトを併用して情報を収集し、積極的にガンガン応募活動するのがおすすめです、

転職サイトで中高年向けの求人を見つけるには

転職サイトでは、ミドル・シニア向け求人特集、中高年向けや年齢別に求人が絞り込めるシステムがあります。キーワード検索で「50代」「60代」「シニア」「中高年」などと入力して絞り込むと、簡単に中高年向け求人が探せます。

転職サイトによって若手向け求人に特化している場合もありますので、まずはチェックしてみてから、会員登録してみましょう。会員登録してこだわり条件などを設定しておくと、自動的に自分の年齢で応募可能な求人が絞り込まれるサイトもあります。
年齢や勤務などの条件にマッチした新着の求人案件をメールで届くサービスを実施している転職サイトも便利です。

60歳以上のシニアはアルバイト情報サイトと公的機関を活用

リタイヤ以降世代なら、正社員転職というより契約やアルバイト感覚になるでしょう。
シルバー人材センターなどの公的機関を利用して、アルバイト情報サイトも上手に活用すると良いでしょう。シニア世代向けのアルバイト求人も、意外にありますよ。

ただし飲食や販売などが多い若者のアルバイトとは異なり、軽作業や掃除の仕事、マンション管理人、警備や防犯など、肉体を使った仕事が多くなります。
60代以上で働き続けるには、身体が資本ということですね。

中高年~シニアにおすすめの転職サイト比較

中高年でも登録できる転職エージェント

①リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの公式ページはこちら

業界最大手で創業30年以上の総合型転職エージェントなので、ベテランのキャリアコンサルタントも多数在籍しています。50代であってもハイスペックな人材なら、満足できる質の高いサポートが受けられるでしょう。
保有求人数が桁違いで非公開求人も多いため、ベテランキャリア人材がハイクラス転職を考えるなら登録必須の転職エージェントです。

②JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントの公式ページはこちら

十分なキャリアを積んだマネジメント人材や、スペシャリスト人材向けの転職エージェントです。
転職市場での人材価値として、同業種への転職であれば特に専門性の分析・評価は欠かせないポイントですよね。業界別に専門知識を有し特化したキャリアコンサルタントがヒアリングから丁寧に対応しますので、専門性の高いミドル世代にもおすすめです。
リクルートエージェントと併せて活用すれば、通常のミドル層のキャリア転職なら十分といえるでしょう。

③ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチの公式ページはこちら

ハイスペック・ハイキャリア人材向けの会員制の人材支援サービス(一部有料)です。
40〜50代でキャリアのある管理・経営マネジメント層や、グローバルに活躍できる人材、専門性の高いスペシャリスト人材のためのハイクラス転職・スカウトやヘッドハンティングをサポートするサービスサイトです。
キャリアに自信のある高収入な人材なら、有料サービスで自身の価値に見合った価値の高い転職先を探してもらうのもおすすめですよ。
リクルートエージェントやJACリクルートメントで満足できない人、更に上の求人案件が求める人向けかもしれませんね。

中高年~シニアにおすすめの転職サイト

①リクナビネクスト

リクナビネクスト

リクナビネクストの公式ページはこちら

転職エージェントとは異なり、転職サイトは自力で応募して活動するための求人情報が集まっています。リクナビネクストは最大手の転職サイトで、圧倒的な求人数が揃っています。
24時間求人情報をチェックできるので、中高年ならタイミングを逃さずこまめに応募していくことが重要ですね。求人の母数が多いので、中高年からシニア向けの求人案件もハローワークとは比べ物にならない数があります。スカウト登録も必須ですよ。

②転職サイト@type

転職サイト@type

転職サイト@typeの公式ページはこちら

リクナビNEXTと同様に、大手全国版の転職サイトとして人気があります。
じっくりチェックすると、意外に50〜60代でも応募できる年齢不問の求人があります。
他サイトと重なる求人もありますが、首都圏には特に異なる求人も多々ありますので、併用して活用してください。
できるだけ多くの情報を集めて、アクティブに活動することがおすすめです。

③はたらいく

はたらいく

はたらいくの公式ページはこちら

全国の中小企業の求人案件が揃った、地域密着系の転職求人情報サイトです。
独特のレジュメシステムは「ひとがらアピール」が可能になっていて、人生経験の長い中高年の応募には最適ですよ。
気になる企業の案件があれば、気軽に「らいく!」を送ってみると、採用担当者が自分のレジュメを見てくれて、オファーが届いたりすることも多々あります。
敷居は低めなので、たくさんの企業にアピールしてみることできますね。

④マイナビ転職

マイナビ転職

マイナビ転職の公式ページはこちら

中高年向けに特化しているわけではありませんが、全国規模の大手転職サイトです。
50代、60代向けの求人案件も少ないながらもありますので、こまめにじっくり探してみてください。新着求人も毎週2回(火・金更新))更新されますから、欠かさずチェックすることが大切です。

⑤エン転職

エン転職

エン転職の公式ページはこちら

大手転職サイトなので、若手求人がメインではありますが、中には中高年向けの求人情報も発見できます。新着求人も毎週2回(月・木曜更新)されますから、諦めずにチェックすることでチャンスは広がります。
各転職サイトの更新日を把握しておいて、効率的に求人案件を探すローテーションで対応しましょう。

⑥FROM40

FROM40

FROM40の公式ページはこちら

40〜50代人材の転職求人情報に特化した中高年向けの転職サイトです。
若手求人は無く、40代・50代を積極的に募集している求人だけを扱っている「中高年転職に安心を!」がコンセプトです。関東・関西・東北・北海道の仕事情報が豊富です。
正社員・契約・派遣・パート・アルバイト等、幅広い求人があります。

⑦日経キャリアネット

日経キャリアネット

日経キャリアネットの公式ページはこちら

日経新聞社グループの運営する求人情報サイトです。
昔から年配層の求人は新聞の求人欄をチェックするとされていたように、今でも新聞に求人広告を出す企業も少なくありません。
日経ブランドから企業側からの信頼度も高く、幅広い業界の大手や有名企業の求人も集まりやすいので必見ですよ。

⑧Yahoo求人

Yahoo求人

Yahoo求人の公式ページはこちら

Yahoo!JAPANの運営する求人サイトです。
中高年の仕事特集として、40代、50代、60代向けとして正社員転職やアルバイト、独立や副職などの情報を集めていますので、要チェックですね。

⑨タウンワーク社員

タウンワーク社員

タウンワーク社員の公式ページはこちら

全国各地の求人情報を集めた、国内大手の転職求人情報サイトで、中高年向け求人もあります。正社員、アルバイト、パートなど、応募可能な年齢から希望のエリアや職種・給与などから絞り込んで探せます。

⑩人材バンクネット

人材バンクネット

人材バンクネットの公式ページはこちら

400以上の人材紹介会社が参画している人材紹介会社集合ポータルサイト、人材紹介ナビサイトです。
キャリアのある中高年を歓迎する求人情報を保有している転職エージェントが多数登録しているので、大手転職エージェントで断られていても諦めずに、利用してみてください。

⑪Indeed

Indeed

Indeedの公式ページはこちら

世界最大の求人検索エンジンであり、インターネット上野さまざまな転職サイトなどの求人情報をまとめて検索できます。少し使いにくいかもしれませんが、大量の情報の中から求人を探したい人におすすめのサイトです。

⑫ハローワークインターネットサービス

ハローワークインターネットサービス

ハローワークインターネットサービスはこちら

公的機関であるハローワークの求人情報が、インターネットで閲覧できるサイトです。
求人掲載が無料なのもあり地方求人や大手転職サイトには掲載されないような、地域密着タイプの中小企業の求人が多く、中高年でも応募可能な案件もあります。

⑬シルバー人材センター

シルバー人材センター

シルバー人材センターはこちら

60歳以上を対象にして、ボランティア感覚での地域参加や生きがい重視の仕事を紹介する全国組織です。家事・掃除や庭作業など、年配者に可能な軽作業が多いですね。

シニアの求人探しに役立つアルバイト情報サイト

①タウンワーク

タウンワーク

タウンワークの公式ページはこちら

全国のシニア向けの正社員、アルバイト・パートの求人情報が検索できます。リタイヤ後の地元ワークやアルバイトなど、サイト内の「シニア応援」から簡単に検索できますよ。

②バイトル

バイトル

バイトルの公式ページはこちら

アルバイトのネット求人の中で最大手の情報サイトです。
「シニア歓迎」の求人も多数ありますので、検索してみてください。

③シフトワークス

シフトワークス

シフトワークスの公式ページはこちら

自分の都合や働きたい時間帯(シフト)を重視して、アルバイトを探したい人におすすめのサイトです。習い事や趣味、サークル活動など、リタイヤ後に自分の時間を優先したいシニアにもおすすめですよ。

④イーアイデム

イーアイデム

イーアイデムの公式ページはこちら

地元で働きたい人向けの求人を集めた地域密着型の求人情報サイトです。
居住地域を選んで「中高年の方が活躍中」で絞り込んでみてください。

中高年の転職、成功のポイントは?

中高年の転職市場の動向は?

近年、転職市場では、豊富なキャリアや業務経験、高度なマネジメント能力を持つ中高年のニーズが高まっています。ただやはり年齢が上がるにつれ、一般企業の求人数は減少傾向にあり、特に40代以降の求人はガクンと少なくなっています。さらに50代の異業種あるいは未経験職種への転職ともなるとかなり厳しく、成功できるのは本の一握りの人達でしょう。

しかし、中には50歳以上で転職に成功している人もいます。そこで今回は50代で転職を検討している方に向けて、転職の成功のポイントや転職活動を効率的にすすめていくためのポイントについて紹介します。

明確な自己分析

企業が敢えて中高年を採用するメリットは、長い業界経験により築いてきた様々な会社とのコネクションを持っていること。さらに、中高年ならではの豊富な業務経験やスキル、キャリアの他、優れたマネジメント能力、交渉能力などの「即戦力」です。

そこで、企業側が自分に何を求めているのかを明確に理解するため、まずは客観的に自己分析する必要があります。例えば、「今まで働いていた会社でどのような業績を残せたのか」や「自分が今までに培ってきたキャリア・能力を新しい会社でどのように生かせるのか」等を明確にしておきましょう。今まで培ってきたスキル、能力が必ずしも秀でていなくとも、その中から活かせる部分を明確に分析することで自分のアピールポイントを企業側に伝えられるようにしておくことが重要なポイントです。

豊富な求職情報収集

転職活動では、いかに自分の希望条件に合った求人情報をたくさん集められるかどうかが内定につながる大きなポイントとなります。情報収集の方法も様々ですが、今は転職情報誌や新聞、広告など紙面の求人よりもインターネットサービスを利用した方法(転職サイトや転職エージェント)が主流となっており、豊富な求職情報を得るために是非活用されることをおすすめします。

例えば、求人情報を扱う会社の多くはWeb上に転職サイトを設け、求職情報を提供しています。これらの転職サイトに登録・利用することで豊富な求人情報や最新の転職市場動向が把握できる上、企業へアプローチすることも可能です。

まとめ

人生もキャリアも長い中高年世代、50代以上人材になると成功体験やさまざまなエピソードがありますよね。
企業が中高年採用に躊躇するのはプライドの高さや、過去の経験固執する傾向、更には新しい環境になじめないことを懸念するためです。

シニア転職では自己PRの方法を間違えないように、コミュニケーションスキルを十分に発揮して、臨機応変な対応力と意欲を示しましょう。
自分の市場価値を客観的に分析し、強みとなる部分とマイナスの部分をしっかり把握して、転職活動することが大切です。

中高年もシニア転職では、もともとの求人数が非常に少ないのは現実ですから、できるだけ数多くの求人情報にアクセスすることが必要です。
50~60代の中高年・シニア世代の転職なら、できるだけ複数の転職エージェントに登録し、転職サイトをフル活用して情報収集し、数多く応募することが成功のカギになります。
とにかく諦めずに熱意をもって取り組むことです。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング