9a216226be7ff7a1c2b3dbd67790bf34_s
新卒入社後3年目までなら第二新卒としての転職が可能で、やり直す人も増えています。
第二新卒は一般的なキャリア転職とは異なり、ポテンシャルでの採用も期待できるのが、大きなポイントですね。
近年は、第二新卒向けに特化した転職サイトも急増していますね。
実際のところ、第二新卒向けの転職サイトや転職エージェントって、どうなのでしょうか?
一般向け転職サイトやハローワークとは、やはり求人の質が違うのでしょうか?
第二新卒におすすめの転職サイトについて、情報をまとめてみました。

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

二新卒向けの転職サイトの選び方

第二新卒向けの転職サイトが増えている

終身雇用制の崩壊により、一生を同じ企業で定年まで勤めあげるというケースは貴重となっています。
中途採用や転職も珍しくない時代ですが、近年は新卒で就職後に数年で退職する人も激増していますね。新卒時の就職活動では見えなかったミスマッチなどが増えている傾向もあり、新卒入社後3年以内の離職率は約3割となっています。

キャリアを積んでいない新卒離職者が多くなり、企業側も積極的に若手の採用意欲も高いため、第二新卒の人材市場は拡大中です。
第二新卒向けの転職サイトや転職エージェント、若手向け人材サービスも充実してきました。若年層や第二新卒向け転職サイトも数多くありますが、新卒での就活時と同様の間違いを犯さないように、転職サイトや人材サービス選びが大切です。

第二新卒向けの転職サイトがおすすめできない理由

第二新卒向けの転職サイトや転職エージェントは、元々は若年層の既卒・フリーターが正社員を目指すための就職サポートをメインとしているケースが多いのです。
既卒での就職浪人やフリーター人材と、厳しい就活を乗り越えた経験のある第二新卒とは、ベースとなる部分が大きく異なりますね。

第二新卒は新卒入社後の社内研修等でビジネスマナーも身についていますので、正社員を目指すための意識改革や生活改善などの就活サポートは不要ですよね。
若年層向け・第二新卒向けとされている転職サイトでは、求人案件も中小企業の営業ばかりが目立つのも求人の質としては残念な部分で、正直物足りないですね。

第二新卒向けより大手の転職エージェントがおすすめ

第二新卒なら転職エージェントの利用がおすすめです

第二新卒は新卒での就活時とは異なり、ポテンシャルだけの採用を期待するのは甘いです。
新卒にはない将来性をいかにアピールできるか?が重要になります。
転職エージェントでは自分自身では分からない自身の強みや隠れた方向性などを、キャリアカウンセリングでしっかり把握して、マッチする求人案件を紹介してくれます。
キャリアカウンセリングから履歴書・職務経歴書の添削や面接対策、応募企業との交渉やスケジュール調整までサポートして貰えるのも、有難いですね。
サポート体制が充実した、第二新卒向けの転職エージェントは利用価値が高いです。

第二新卒に大手転職エージェントをおすすめする理由

第二新卒向け転職サイトや中小の転職エージェントよりも、大手の転職エージェントの方が求人の数も多く、質が高いです。
第二新卒の転職活動は新卒での就活とは異なり、ポテンシャル重視でありながらも社会人経験やビジネス感覚も重要な採用ポイントになります。
大手転職エージェントは、社会人の転職に特化しているので第二新卒向けのサポートも適格で、レベルの高い優良企業への転職も可能です。
第二新卒向けのサポート体制をとっている大手転職エージェントも多く、大手ならではのブランド力で、企業への推薦や入社交渉も期待できますね。

第二新卒の人材価値とは?

即戦力を求める転職市場においては、第二新卒の企業経験はキャリアとしては大したウリにはなりません。
同じ土俵でキャリアのある人材と競うのは難しいですが、他の企業の色や社風、凝り固まった考えに染まってない、「伸びしろ」が魅力です。
第二新卒は若くフレッシュですが、社会人としての基礎的な素養があり、新卒採用よりも最低限のビジネスマナーを身につけていると、企業側は考えています。
つまり社会人教育の研修などを省けることは企業にとってメリットで、新卒とは別枠で採用している企業も少なくありません。
その反面で何も知らない新卒者よりも、即戦力に近いスキルを期待されるのが第二新卒です。

一般の転職サイトは第二新卒の転職に役立つ?

転職サイトは、求人が公開されており登録すると自由に閲覧できるので、活用する価値はあります。ただし転職サイトではサポートが無く、全て自力で転職活動する必要がありますし、求人の質は大手の転職エージェントの方が高いです。
新卒での就活時には、情報不足や内定への焦りからミスマッチがあり、ブラック企業に入社してしまうケースもあり、数年で退職に至ることも致し方ないでしょう。
ただし、同じ失敗を繰り返すことはできませんよね。

内定を確保するには、書類作成や面接対策など、転職のプロのアドバイスやサポートが、特に重要になってくる部分です。
「早期の退職理由」と「志望動機」を応募企業に納得できる説明をひねり出すのは、自力ではなかなか敷居が高いですね。
失敗を回避するためにも、転職エージェントを利用して情報収集を行い、ブランクは短く速やかに転職することがおすすめです。

転職エージェントでプロのサポートを受け無駄な応募を避けることで、転職活動の長期化やミスマッチを事前に防ぐこともできますね。

ハロワなどの公的機関は第二新卒の転職に使える?

ハローワークなどの公的な求人サービス機関は、求人する企業側も無料で利用できるため、転職サイトよりも中小企業や個人商店などが多く、求人の質が低いです。
中にはブラック企業が含まれている場合もあり、お役所仕事なので求人内容のチェック体制が甘いのも事実です。
ハローワーク職員も公務員でお役所感覚ですし、公務員以外は派遣や契約スタッフでプロ意識は無く職員の質も低いため、あまりおすすめできません。

大手をメインに複数の転職エージェントに登録し併用して活動しましょう
転職サイトで求人情報を適宜チェックしながら、有効活用するのがおすすめです。

第二新卒におすすめの転職サイト比較

第二新卒におすすめの転職エージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントの公式ページはこちら

就活でお世話になった人も多いマイナビグループの総合型転職エージェントです。
「若手採用はマイナビ」として、マイナビエージェントでしか第二新卒の募集をしていないという大手企業や人気企業も、実は多いのです。
企業側の信用も高いため、第二新卒の転職でも実績を急拡大しており、大手企業を志望するなら登録をおすすめします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの公式ページはこちら

人材業界最大手、30万人を超える圧倒的な転職成功実績を誇る、総合型転職エージェントです。大手企業から優良ベンチャーまで圧倒的な求人数とバリエーションで、第二新卒にもバッチリ対応しています。
第二新卒向けコンテンツでは第二新卒で転職に成功した101人の事例を公開しており、第二新卒での転職活動をサクッと効率良く進めたいなら、登録必須の転職エージェントです。

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントの公式ページはこちら

若手人材・20代の転職に強みがあり、第二新卒の転職支援サポートも親身で定評のある転職エージェントです。クライアント企業も大手・優良企業が中心で、IT・WEB・通信系エンジニア、クリエイティブ系の求人案件も豊富です。
首都圏の求人案件がメインですが、第二新卒にもおすすめの大手転職エージェントです。

Spring転職エージェント(アデコ)

アデコ

Spring転職エージェント(アデコ)の公式ページはこちら

日本国内では知名度が低めですが、人材サービスにおいて世界一の実績を持つグローバルな大手人材サービス企業です。コンサルタントのサポートも評判が高く、在職中で転職に迷っている第二新卒の人にもカウンセリング相談からフラットに対応してくれます。
海外転職にも強みがあり、高学歴で語学力があり外資系企業を希望している、将来は海外で活躍したい第二新卒人材には、特におすすめです。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの公式ページはこちら

大手の中でも、特にキャリアコンサルタントが親身な対応と評判が良い転職エージェントです。キャリアが浅く自分のスペックが不安な第二新卒や、転職するかどうか迷っている段階でも、優しい対応をしてくれるとの口コミも多数あります。
ビジネスライクな最大手の転職エージェントは敷居が高くて怖いという人は、ぜひ登録してみましょう。

DODA

DODA

DODAの公式ページはこちら

転職サイトと転職エージェントの複合型の人材サービスを提供しており、第二新卒の転職支援にも注力しています。職種別だけでなく、大企業、設立10年以内、研修充実等、様々な視点での求人の検索が可能となっていて、第二新卒向けのコンテンツも充実しています。
北海道から九州まで拠点があり、転職フェアや無料セミナーも実施しているので活用してみましょう。

ワークポート

ワークポート

ワークポートの公式ページはこちら

社会人5年未満までの若手人材や第二新卒の転職にも強みのある、はじめて転職にもおすすめの総合転職エージェントです。キャリアコンサルタントを人材コンシェルジュと呼び、対面でのサポートを前提として、じっくりと時間をかけた転職サポートが自慢です。
IT、WEB系、クリエイティブ職や企画職などにも強く、東京・大阪・福岡の3拠点で手厚いサポートが受けられます。
第二新卒転職のスペシャリストとして、評判も高い転職エージェントです。

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェントの公式ページはこちら

20代の若手人材転職に特化し、第二新卒専用のサポートも実施している総合型の転職エージェントです。堅実な老舗企業やニッチな技術を持つ安定企業、人材教育に力を入れている企業など、詳細な情報や企業風土も含めて、非公開の求人案件を紹介して貰えます。
関東・関西を始め全国の主要都市部に対応しており、第二新卒向けセミナーや、応募書類の書き方などのセミナーも随時実施しています。

第二新卒に特化した転職サイト

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sの公式ページはこちら

マイナビグループが運営する20代向け、第二新卒向けに特化した転職エージェントです。
20代若手や第二新卒向け転職相談会を無料開催し、「20代の転職HOWTO」「必読!プロの声」などお役立ちコンテンツも充実しています。
非常に信頼性の高い適性診断で、自分の強みや適性などを調べることができるのもポイントが高いですね。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブの公式ページはこちら

既卒・フリーター、第二新卒などの、若年層の転職に特化した転職サイトです。
未経験歓迎の求人も多く、IT系、広告やマスコミ、メーカー、建築・不動産など幅広い求人案件の中から選ぶことが出来ます。求人は東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県に限られますが、異業種への転職を考えている第二新卒者なら活用する価値があります
正社員経験がない人、既卒で数年のブランクができてしまった人でも、20代であれば利用可能な転職サイトです。

ジェイック

ジェイック

ジェイックの公式ページはこちら

既卒・フリーター、第二新卒などの、若年層の転職に特化した転職サイトです。
無料の研修セミナーを10日間みっちり受講してから、約20社の選考を書類選考なしで受けることができるタイプの人材紹介サービスです。
ビジネスマナーの基礎から実地の営業訓練まで、内容の濃い体育会系の研修講座をクリアした人だけが、集団面接への参加が可能となっています。
ニートやフリーターでアルバイト経験しか無くても、スクールタイプの研修終了により書類通過と同様のレベルと見なされるため、面談した企業への内定率は高いのが特徴です。
ただし営業職メインですし、紹介企業も限定されてしまうのが難点でしょう。

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoの公式ページはこちら

第二新卒専門の転職エージェントで、第二新卒の転職に精通したキャリアアドバイザーが担当し、マンツーマンでしっかりと転職をサポートしてくれます。
企業を実際に訪問して調査し、ブラック企業を除外して優良企業を厳選して紹介してくれるので、安心ですね。

第二新卒ナビ

第二新卒ナビ

第二新卒ナビの公式ページはこちら

首都圏の求人に強みがあり、徹底したサポートが自慢の第二新卒専門の転職エージェントです。紹介される企業は、第二新卒の採用に積極的な優良企業だけです。
まだ設立間もない転職エージェントですが、他の転職エージェントは1時間の面談が数回あれば良いレベルなのに、1人トータル20時間以上もの手厚いサポートが受けられます。

いい就職.com

いい就職.com

いい就職.comの公式ページはこちら

第二新卒や既卒者などの若年層の就職を専門に支援する転職サイトです。
キャリアアドバイザーの転職サポートはありませんが、常時開催されているセミナーに参加して、転職活動を進めていくことができます。
「就活成功5つのワーク(就職ノウハウ)」「初めての転職スタートアップセミナー」「模擬面接大会」「就職活動マナー講座」「自己アピール完璧セミナー」など、全国4ヶ所、東京・名古屋・大阪・沖縄で興味のあるセミナーに参加しながら活動しましょう。
完全無料のセミナー形式なので、転職に迷っている情報収集レベルの人でも、気軽に利用できるので助かりますね。

若者正社員チャレンジ

若者正社員チャレンジ

若者正社員チャレンジの公式ページはこちら

ニート、フリーター、非正規雇用など、大学等卒業後3年経過した29歳以下の若者のための、東京都の支援事業です。
アデコやインテリジェンスなどと連携し、100社以上の受け入れに意欲的な企業でリアルな職場を約20日間体験してから応募先を選択するなど、若年求職者の正社員化を支援します。

就職Shop

就職Shop

就職Shopの公式ページはこちら

「未経験から正社員」に特化した、リクルートが運営する転職エージェントです。
登録者の9割は20代の若者で、書類選考より面接を重視する企業の求人案件を多く保有しています。中小企業が多いですが、経歴に自信のない人、書類選考で毎回落とされてしまい自信を失っている若者におすすめです。

Re就活

Re就活

Re就活の公式ページはこちら

第二新卒の20代若手人材、既卒や若年層に特化した 「新卒以上キャリア未満」というコンセプトの転職サイトです。
登録者の9割以上が20代で、「職歴なし」「社会人経験3年未満」「未経験」でも応募可能な求人案件が中心で、98%が第二新卒向けになっています。
既卒・第二新卒向け就職イベント「就職博」、若手社会人向けキャリアアップ転職イベント「転職博」も開催しています。

第二新卒向けの求人が多い大手の転職サイト

リクナビネクスト

リクナビネクスト

リクナビネクストの公式ページはこちら

リクルートが運営する、国内最大級の登録者数と転職実績数を誇る、超巨大転職サイトです。
圧倒的な求人数と質、第二新卒向けコンテンツの充実度から、登録必須の第二新卒向け転職サイトと言えるでしょう。
情報収集のためにも、転職エージェントと併用して登録しておくべき転職サイトですね。

はたらいく

はたらいく

はたらいくの公式ページはこちら

UターンやIターン転職や、地方で働きたい人向け、地域性の高い、地元密着型のリクルートの転職サイトです。地方で就職したい20代や、地元に帰りたいと希望する第二新卒にも、おすすめの転職サイトです。

en転職

en転職

en転職の公式ページはこちら

エンジャパンが運営する国内大手の老舗転職サイトで、第二新卒を歓迎する求人も豊富で、全国対応しています。会員登録にて、企業からのスカウトメールも受信可能です。

マイナビ転職

マイナビ転職

マイナビ転職の公式ページはこちら

マイナビグループの中心的な転職サイトで、20~30代の求人案件が豊富にそろっています。
老舗の大手人材企業ならではの蓄積された転職ノウハウなど、充実したコンテンツは必見ですよ。

日経キャリアネット

日経キャリアネット

日経キャリアネットの公式ページはこちら

ビジネス情報に強い日経グループが運営する求人サイトで、大手転職サイトの求人情報をまとめています。第二新卒歓迎の求人情報も多くあり、大量の求人の中から自分で応募先を探したい人におすすめのサイトです。

キャリタス転職

キャリタス転職

キャリタス転職の公式ページはこちら

20代の第二新卒・既卒向け、はじめて転職に不安を抱える若者のための転職サイトです。
第二新卒の転職希望者が本当に知りたいこと、入社後をイメージしやすい求人情報で、ミスマッチを防ぎます。同じ轍を踏みたくない慎重派の第二新卒におすすめの転職サイトです。

第二新卒が利用できる公的機関

ジョブカフェ

ジョブカフェ

ジョブカフェの公式ページはこちら

経済産業省が運営する、若者の就業促進を目的とした就職支援サポートセンターです。
全国に拠点がありますが、地元の中小企業へ若者を紹介することが目的なので、大手企業の優良案件はありません。

ヤングハローワーク

ヤングハローワーク

ヤングハローワークの公式ページはこちら

厚生労働省のハローワークの若者向け、若者に特化したハローワークで、「わかものハローワーク」とも呼ばれています。東京都内にも数か所あり、正社員を希望する若者を対象にした、職業相談や紹介、各種セミナーを実施しています。
第二新卒も利用可能ですが、優良な質の高い求人紹介は期待しない方が無難でしょう。

第二新卒が転職で成功するために

第二新卒の転職市場は

第二新卒とは新卒採用から概ね3年以内に離職して転職活動を行っている人を言います。毎年発表される厚生労働省の「新卒の離職状況」によると大学卒業者の約30%が3年以内に何らかの理由で離職する第二新卒となり、年々増加しています。

第二新卒は、転職市場で高く評価される傾向があり、積極的に採用を行う企業も増えています。企業側から見た第二新卒採用のメリットは以下の通りです

  • 基本的なビジネスマナーや働き方のノウハウを持っているので基礎研修などをする必要がなく教育するためのコストが削減できる
  • まだ以前に勤めていた企業のカラーに染まっていないので、新卒と同様に指導・教育しやすい
  • 若く、体力や吸収力もあるポテンシャルの高い人材

以上の3つの理由で、転職市場で第二新卒に対する企業側の期待感は概ね高く、企業によっては第二新卒の定義を広げ、「30歳以下はすべて第二新卒」としているところもあります。

実際、現在の仕事や待遇に不満を抱ききつつ我慢して今の会社に留まっても、年齢と共にスキルや経験が重視されるようになり、次回転職しようと思ったときには転職の選択の幅が狭まってしまうことにもなりかねません。そこで、将来的なキャリアアップ、報酬アップを目指し転職を検討する第二新卒の方は、今がキャリアチェンジのチャンスと捉え、是非前向きに転職を検討してみてはいかがでしょうか?

第二新卒が転職で成功するポイントは?

転職は人生の分岐点でもある大イベントです。失敗しないためにも事前の対策はしっかりとしておきましょう。今回は第二新卒の転職・成功のポイントについて以下に紹介します。

情報収集

第二新卒の転職で1番多い失敗は、情報収集不足によるミスマッチです。正しい企業情報を把握できていなかったため、実際に働いてみるとブラック企業と同様に悪環境でイメージとは程遠く、またすぐに辞めてしまうケースも少なくありません。

このようなミスマッチを防ぐために、希望する業界・業種の市場動向や転職希望先の企業情報など必要情報をしっかりと収集することが大切です。

自己分析

上述したように第二新卒は、若さやポテンシャルの高さ等、転職に有利な点はたくさんあります。反面、「またすぐに辞めてしまうのではないか」と危惧される傾向があるので、自分のスキル・経験に加え、仕事に対する意気込みも明確にアピールする必要があります。

そのために客観的に自己分析をして「自分の強み」「転職先で生かせるスキル・経験はどんなことか」を明確化しておく必要があります。そして、「自分が入社することで会社に与えられるメリット」や「自分のキャリアビジョン」についてもしっかりとアピールできるようにしておきましょう。

転職サイト・転職エージェントの活用

転職活動にも様々な方法がありますが、偏った情報収集や情報収不足は失敗の元です。そこで、おすすめしたいのが転職サイト・転職エージェントの活用です。今では、転職サイトや転職エージェントを活用した転職活動がメインとなっていますが、両者それぞれの特徴があるので下記に紹介します。

転職サイト

転職サイトはWeb上で幅広い求人情報を提供するサービスなので、1人でコツコツと求人を探し、自分のペースで積極的に活動できる人に向いています。

転職エージェント

転職エージェントは、キャリアアドバイザーからの求人紹介や面接対策、履歴書・職務履歴書の添削等、幅広い視野での転職活動のサポートを受けられるサービスです。求人数は転職サイトに劣りますが、転職活動が初めてで何をすればよいのか分からず転職のノウハウを教えてほしい人や1人で地道に転職活動をするのが苦手な人におすすめです。

まとめ

第二新卒として転職活動するのは、決して珍しいことでは無くなりました。
ただし、新卒での就職活動が上手く行かなかったのは間違いありませんし、一度失敗したという事実は経歴に残ります。
同じ失敗を二度も繰り返すわけにはいきませんので、第二新卒なら転職エージェントを利用して、確実に転職を成功させることが大切です。

第二新卒にも在職期間や経験値によって状況はいろいろですので、まずは転職エージェントでしっかり相談してみましょう。第三者の分析やプロ目線でのカウンセリングは、本当に貴重ですし、自分では見えなかった新しい世界がきっと開けるはずです。
若手に特化した中小の転職エージェントよりも、信頼できる大手転職エージェントを幾つか併用登録してガンガン活動しましょう。
更に、必要に応じて転職サイトで情報収集し、有効に活用することがおすすめです。

スペック的に既卒やフリーターに近い第二新卒であれば、変なプライドは捨てて真剣に活動していくことも大切です。
離職している場合は、無職期間・ブランクを長期化させないようにしましょう。
新卒での経歴は無かった事にはなりませんし一生ついて回りますが、キャリアを構築し直すことは可能です。
第二新卒からの転職を、ぜひ成功させてください。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング