8f2f2a30e0bdf307919753bbdb44f0ba_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

志望動機が思い浮かばない人への書き方ナビ

転職活動に必要なエントリーシートを書くときに、書けそうで書けないのが志望動機です。どの会社を受けるときにも志望動機は必須項目ですが、業種や職種によって効果的な書き方があります。インターネットで検索すれば例文や「受かる志望動機」など気になるタイトルもたくさんヒットします。

第一に、ビジョンを語ることが重要です。その会社に入ってどんな目標があるのか、取り組みたいことを書きます。次に、なぜそれに取り組みたいのか、そして、なぜその会社でなければならないのかについて書きます。このとき、今までの経験や実績を踏まえた自己PRもうまく織り込みながら書けるとなお良いです。最後に、その会社に入れた場合、どんな風に働きたいのか、具体的に書きます。

将来のビジョンや目標を挙げ、その会社でこういう風に取り組みたい、という意欲や熱意を具体的な言葉で伝えるのですが、「なぜほかの会社ではダメなのか」ということを入れておくと、より完成度が増します。特に、転職活動をしている人は社会人経験があるので、熱意や意欲だけでは物足りません。志望する会社の特徴や強みと自分のビジョンを織り交ぜ、文章をまとめるようにします。

「企業理念に共感しました」とか「高い技術力に魅力を感じました」などといった表現を使ってしまいがちですが、具体的なビジョンや目標を挙げることなくこれだけだと、嘘くさく感じられるので気を付ける必要があります。プロの面接官の目はごまかせません。エントリーシートの志望動機や自己PRなどの欄をしっかり見て、合否を出しています。一貫性に欠け、軸がブレているような場合、嘘っぽい簡単に見抜かれるでしょう。

良い志望動機&面接官に突っ込まれる志望動機の例

もちろん、いざ面接になって面接官に突っ込まれてもきちんと対応できるよう、準備しておく必要があります。

良い志望動機は、転職したい理由と志望動機に一貫性があります。一貫性に欠けることは、表面的で嘘っぽく感じる原因でもあります。

自分なりに一生懸命書いたはずの志望動機にも、プロの面接官からすればつい突っ込みたくなるようなことがあります。たとえば、「御社で成長したい」という言葉です。このような漠然とした表現では、なぜその会社でなければならないのか、というポイントがぼやけてしまいます。また、転職の場合は「御社でキャリアアップをしたい」といった表現をしがちですが、こちらも具体性にかける表現です。「キャリアアップ」と一言で片づけることなく、具体的なキャリアプランや将来設計を表現するとよいでしょう

面接官は、エントリーシートなどに目を通して、あいまいな部分やもっと知りたい部分についてはどんどん掘り下げて鋭い質問を投げかけてきます。そして、受け答えによって入社したい本気度を測ったり、どれくらいの伸びしろがあるか、自己分析をきちんとして論理的な思考ができているか、などを判断したりします。

特に、転職の場合、「なぜ転職したいのか?」は面接官も知りたいところです。転職理由と志望動機を別々に考えると目的が見えにくくなりますが、「どうしてその会社に貼りたいのか」という志望動機に併せて、「何をかなえるために転職しようと思ったのか」という問いについて、今一度真剣に考えておく必要があります。

最初は「こういうことがやりたい!」と高い目標を掲げて始めた転職活動もなかなかうまくいかず、その結果、転職すること自体が目的になってしまっては、せっかくの転職活動もうまくいきません。

エントリーシートの書き方に迷ったら、頼れる転職エージェントに相談しよう

転職エージェントとは、転職支援サービスの一つです。転職したい人にそれぞれ担当者がついて、転職活動に関するさまざまな支援を行ってくれるサービスです。転職エージェントを介して求人募集を行っている企業からの成功報酬や広告料などで運営しているので、多くは無料で利用できるのも嬉しいポイントです。転職活動がうまくいっていない人は利用してみてはいかがでしょうか。

転職の場合、即戦力となる人材を求められるケースが多く、履歴書のほか、職務経歴書やエントリーシートなどの応募書類が必要です。条件の良い求人には、ほんの少しの枠に対して実に多くの人が応募してくるシビアな世界です。採用担当者は、たくさんの応募書類の中から書類選考を行い、面接を行っています。たくさんの応募書類の中から目に留まり、面接にこぎつけるにはそれ相応の内容が必要です。そんなとき、転職エージェントのキャリアコンサルタントは、豊富な経験をもとに適切なアドバイスをしてくれます。業種や職種によって書き分けた方がよい志望動機などについても、相談してみるのがおすすめです。

あわせて、勤務条件の交渉や面接のスケジュール調整なども行ってくれるので、採用担当者には面と向かって言いにくいことも上手に伝えてくれます。頼れる転職エージェントを見つけて、転職活動の勝利を目指しましょう。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング