a5c58babb0a8a9b17a9194c909757c98_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

状況に応じた職務経歴書を書くコツ

転職の場合、人によって状況が異なるため、職務経歴書の書き方もそれぞれです。転職回数が多い人、未経験の職種・業種にチャレンジしたい人など状況に応じてポイントを絞った職務経歴書を書くことが必要です。

転職回数が多い中でも、それぞれの在籍期間が短くキャリア不足が心配される場合は、採用担当者へのマイナスイメージが特に大きくなります。社会人としてのキャリアが浅いと、職務経歴書に書ける内容も少なくなってしまいますが、なるべく細かく自分のキャリアについて説明し、デメリットを消すようなイメージで積極的な気持ちをアピールします

気を付けなければならないのは、ビジネスモラルを守ることです。たとえば、前職での仕事内容を具体的に書きたいからと言って取引企業名や商品名を固有名詞で挙げてしまうのはタブーです。ビジネスモラルがない社会人だというレッテルを貼られてしまっては、いくらキャリアがあっても採用担当者には敬遠されます。また、専門用語や社内用語を多用しないせずわかりやすい表現を心掛けます

転職回数が多い人の職務経歴書の書き方のコツ

転職活動をする人は、新卒とは違って社会人経験があるので、それを職務経歴書として応募企業に提出する必要があります。ほとんどの企業が、履歴書とあわせて職務経歴書を提出書類として挙げています。職務経歴書には、これまで在籍した会社やそこでの仕事内容、実績や取得した資格など自分の職歴を具体的に記載します。

インターネットで検索すればさまざまなテンプレートや例文が出てきます。職種別の書き方のアドバイスもあるので、参考になります。無料でダウンロードできるテンプレートを利用すれば、必要事項をパソコンで入力するだけで職務経歴書が簡単に作成できます。応募する会社や職種によっては、手書きで丁寧に作成するのもおすすめです。

転職回数が多い場合、そして、それぞれの会社での在籍期間が短い場合は、どうしてもマイナスイメージが付きまといます。特に古い体質の会社ではその傾向が強いようです。このようなケースでは、職務経歴書の書き方にもコツが必要です。

転職回数が多い場合、すべての内容を細かく書いていくとボリュームが大きくなってしまい、どこをアピールしたいのかわかりにくくなります。まず、転職回数を詐称していると思われないためにも、職歴そのものはすべて記載します。その上で、転職の場合、採用担当者が気になるのは「退職理由」なので、退職理由についてはすべての職歴について記載するようにします。

転職回数や転職理由については、ごまかさずにすべて書くことが重要です。そのほかの細かい仕事内容については、応募する企業の業務内容によって詳しく書く部分と省略する部分を取捨選択します。応募する職種に通じるエピソードを取り入れてアピールするなど、うまく書き分けて、採用担当者に重要なポイントを伝えられるよう気を付けます。

未経験から異業種へ転職したい人の職務経歴書の書き方

未経験で異業種に転職を希望する場合は、過去の職務経験があまり意味をなさないことも多く、職務経歴書の書き方も難しくなります。転職は基本的に中途採用となるので、即戦力となる人材を求めている場合が多く、未経験者にはハードルが高くなるのが実情です

業種や職種に共通点がなくても、仕事をする中で身につけたコミュニケーション能力や部下をまとめた経験があればマネジメント能力など、どの業界でも必要とされる能力についてアピールするのが大切です。

また、希望する業種や職種についての研究をしっかりして、今の自分との接点を見つけることも大切です。未経験の業種や職種にもかかわらず、その作業がきちんと行われていないと、採用担当者は「なぜこの会社に応募したのか?」という疑問を払しょくできません。異業種や未経験の業種に転職を希望する場合は、志望動機や自己PRが非常に重要なポイントになります。また、取得している資格や技能については、希望の職種に関連があるかどうかに関わらず、すべて記載しておく必要があります。

職務経歴書の書き方も転職エージェントに相談しよう

転職支援サービスはたくさんありますが、転職活動がなかなかうまくいかない人には、転職のプロである転職エージェントがおすすめです。利用者に担当制を取っている転職エージェントは、転職回数が多くて一般的に不利と言われるケースにも、的確なアドバイスで転職活動の手助けをしてくれます。転職エージェントの経験豊富なキャリアコンサルタントは、職務経歴書の書き方も様々なケースを想定してアドバイスをしてくれます。ひとりひとりのキャリアや希望をしっかりヒアリングして、最適な求人情報を提供してくれるので、独りよがりになりがちな転職活動においても客観的な意見をもらえる貴重な存在です。

応募に関する手続きや面接のスケジュール調整などは転職エージェントが担当してくれるので、在職中の転職活動もスムーズに進められます。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング