fb5dcd31ff82d5ac662cc387dea2b1b4_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

転職活動に必要な履歴書の書き方のポイント

新卒でも転職でもパートでも、どんなケースでも就職活動をする場合に必ず必要なのが履歴書です。履歴書の書き方は職種や勤務形態などによって変わります。役立つ実例はインターネットで検索するとたくさんヒットするので、いろいろ検索してみるのがおすすめです。

最近は状況によって、ウェブ上で入力してそのまま送信したり、パソコンで作成したりする会社も増えましたが、まだまだ手書きにこだわる会社もあります。経験豊富な採用担当者は、文字から人となりを想像したり、その内容から熱意や意欲を読み取ったりできる、と言われています。業種にもよりますが、比較的古い体質の会社や歴史のある会社を受けるなら、履歴書は手書きをおすすめします。文字がきれいでなくても、丁寧に心を込めて書いた履歴書は採用担当者の心に届くはずです。

履歴書に書く学歴や職歴は、義務教育については卒業年次のみでOKです高校、大学それ以降については入学・卒業年次と併せて、学部・学科名も記入します。資格や免許についても、仕事内容への関連性の有無に関わらずすべて記載します。転職の場合、採用担当者は転職回数も知りたいところなので、職歴についてはすべて記載します。職務経歴書もあわせて提出するケースが多いので、職歴の細かい内容や実績については職務経歴書に記載します。

本人希望欄はストレートに希望を書いていいの?

社会人経験を経て転職活動をしている人は、転職するにあたりいろいろな条件がある場合があります。家族の病気や介護のために残業ができないとか、給料は最低これくらいほしい、とかシビアな条件がある人も多いのが現状です。本人希望欄、という項目になっていますが、あくまでも「どうしても譲れない、これが叶えられないと入社できない」レベルの希望を書きます。

自動車通勤希望とか、残業は週に何時間程度までにしたい、とか、やむを得ない理由がない希望は採用担当者から見ると単なるわがままに見えます。だれでも、できればその方がありがたいので、このような「わがまま」を記載してしまっては、マイナスイメージにつながりかねません。

転職の場合、細かい労働条件や待遇については、面接で擦り合わせたり交渉したりできることが多いので、履歴書では最低限の条件を記載するだけにとどめておくことが大切です

履歴書にある「趣味・特技」欄はどんな意味があるの?

履歴書には、学歴や職歴を書く欄の他、志望動機や自己PRなどを記載します。また、「趣味・特技」を記載する箇所もあります。一見、仕事とは関係ないような趣味・特技という項目ですが、これを書かせることにはどのような目的があるのでしょうか?

一つには、趣味や特技が、何らかの形で仕事に活かせるかどうかを確認するためです。趣味や特技がたくさんあるなら、その中で仕事内容に少しでも関わりがありそうなものを選んで書くことをおすすめします。

また、趣味や特技はその人の「好きなこと・得意なこと」です。自分の趣味や特技について語るとき、人は饒舌になります。つまり、それについて語ることはその人の本質が見えやすくなるので、面接を受けるときの会話のきっかけ、話題にもなるのです。面接官も目を通す項目なので、「おっ」と思わせるような

ことを書ければポイントが高いです。趣味が面接官と共通していたり、関心を持っているものだったり、そこから話が発展して、意気投合、なんていうこともあるかもしれません、

転職活動がうまくいっていない人は転職エージェントに相談

数ある転職支援サービスの中でも、きめ細かいサービスで人気の高いのが転職エージェントです。転職活動は、まず自分の市場価値を正しく把握することが重要です。転職活動がうまくいっていない人は、得てして自分の市場価値を過小評価・過大評価していたり、転職する目的が絞れていなかったりしがちです

時間が取れにくい在職中の転職活動についても、転職エージェントなら心強い味方になってくれます。応募先企業との面談スケジュールや条件交渉など手間のかかることは代行してくれます。また、在職中であれば、それまでのキャリアと併せて「あとこれくらいのキャリアを積めば、どれくらいの市場価値になるか」というところまで広げてアドバイスをくれることもあります。今すぐ転職したい!と思っていても、今の仕事を続けることで自分の市場価値を高められるチャンスがあるとわかれば、転職活動を本格的にする時期も考えられるので、将来のビジョンを明確にすることもできます。

転職エージェントは、担当制でマンツーマンのアドバイスを受けられます。もちろん、専門性の高いプロのキャリアコンサルタントが在籍しているので、自分だけではなかなかきづけなかった自分の強みや能力を見出す手助けもしてくれます。職務経歴書や履歴書の自己PRや志望動機などがうまく書けず悩んでいる人も、ぜひ転職エージェントに相談してみることをおすすめします。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング