46b4aeb7ad59314ac4216d70f1f7e081_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

書類選考に通らない!応募書類の中で採用担当者が見ているポイントはどんなところ?

転職活動を頑張っているのに、なかなか書類選考に通らない、と悩んでいる人は案外多いものです。転職は基本的に途中採用なので、応募者数に対して採用人数が少ない場合が多く、書類選考で多くの人が落とされてしまうのが現実です。書類選考の通過率は、良くて30%ほどと言われています。応募者が多いと、10%程度の狭き門になることもあります。その一方で、書類選考は毎回すんなり通過している、という人も。両者の違いはどういう点なのでしょうか。

一般的に、応募書類には履歴書と職務経歴書がありますが、それぞれの応募書類で採用担当者が注目しているポイントがあります。

まず履歴書については、自己PRや志望動機に注目しています。応募者の熱意や強みを知るために注目している項目です。どんな経験があって、入社したらどんなことをしたいと考えているのか、ということを知りたい、という採用担当者の意図が見えます。

次に職務経歴書で見られているポイントですが、最も注目されているのはこれまでの仕事内容です。今まで、どんな仕事をしてきて、それによってどんなスキルを得て、成果をあげてきたのか、ということは重要なポイントになります。数字などを交え、具体的なエピソードを盛り込めれば説得力もアップします。また、どんな風に取り組んだかという姿勢についてもアピールになるので、ぜひ書いておきたい項目です。

こんな応募書類は落とされる!要注意の書き方を知っておこう

転職活動をしていると、一つの枠にたくさんの人が応募しているのがわかります。条件が良い、規模の大きい会社ならさらに競争率は上がります。毎日たくさんの応募書類に目を通さなければならない採用担当者は、一つの書類に多くの時間を割けないので、隅々まで細かく見てくれるケースは稀です。注目するポイントをパッとみて、NGと判断されれば容赦なく落とされていきます。

人は見た目が9割、と言われるように、応募書類の第一印象も重要です。パッと見て読みづらい、わかりにくい、という印象を与えてしまうと、どんなに内容が素晴らしくても、それだけで読まれることもなく落とされてしまいます

読む人のことを考えて、丁寧に簡潔にまとめましょう。ダラダラと長い文章を書く、自己PRなのか職務経験なのかごっちゃになっていてわからない、といった応募書類はNGです。

文章の内容にも気を付けます。「がんばりました」とか「多くの部下を率いました」といったあいまいな表現は、自分にはわかっても、採用担当者にはどの程度のものなのかわかりません。「月間成績トップを3カ月連続で取りました」とか「10人の部下を率いました」といった具合に、明確な数字を使って書くと、採用担当者にもスッと入ってきます

もう一点、これはマナーになりますが、応募書類を郵送する場合、面倒でも送付状をつけると印象がアップします。

応募書類だけを封筒に入れて送るのがダメなわけではありませんが、ぶしつけな感じは否めません。応募書類と一緒に「選考をお願いいたします」という旨の依頼文を付けた送付状があれば、ビジネスマナーのきちんとした人だ、という印象にもつながります。

そして応募書類は、A4で作成するケースが多いと思いますが、郵送する際の封筒も書類を折ることなく入れられるA4封筒を使います。小さな封筒に折り曲げられてぎっちり入った応募書類は、読む際にもファイリングする際にもスムーズに扱えません。小さなことかもしれませんが、このような心遣いができる人は、相手の気持ちになって物事を考えられる人です。人間としてとても大切なことなので、ぜひ心にとどめておいてください。

頼れる転職エージェントに相談しよう

面接は、採用担当者と面と向かって話す機会なので、その場で手ごたえを感じたり、逆に「あまりうまくいかなかった」という感じになったり、とはっきりした印象がわかります。しかし、書類選考は合否連絡もしくは、合格者のみに連絡があるため、手ごたえがつかみにくいという特徴があります。書類選考で落ちても、どういう理由で通らなかったか、ということは教えてくれません

つまり、応募書類で落ちると、自分で改善するのがむつかしいのです。客観的に応募書類を見て、忌憚ない意見を言ってくれる人が必要です。

プロの意見を聞きたいなら、転職エージェントがおすすめです。自分の情報を登録しておけば、さまざまな転職支援サービスが利用できます。転職エージェントは、求人を出している企業からの成功報酬や広告料などで運営されているため、一般的に無料で利用できます。

担当者制を取っているので、同じ人から継続してサポートを受けられます。応募書類の書き方や面接の受け答えなどの指導はもちろん、オープンになっていない求人情報を提供してくれるケースもあり、心強い存在です。

転職活動がうまく進んでいない、書類選考での通過率を上げたい、という人はぜひ転職エージェントに相談してみてください。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング