b87060c1a07899819910df5a011581c8_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

転職活動の面接でよくある質問は?

面接の前には、ある程度どのような質問がくるか想定し、回答を準備して練習しておくことをおすすめします。インターネットで検索すると、様々なシーンに応じた回答例が紹介されているので、参考になります。

業種や職種によっても異なりますが、一般的によく聞かれるのは、職務経歴や前職の退職理由、その会社を志望した理由といったところです。ここは、つつがなく答えられるようにしっかりと準備をしておきます。また、職務経歴書やエントリーシートにも同じ質問がある場合がおいので、そこに書いたことと矛盾がないように気を付けます。

その人の人間性についての質問は、長所や短所、自己PRなどです。ただそれらを述べるだけではなく、受験する会社の業務内容とリンクさせて話すことができれば、さらに良いアピールとなります。

どの質問に対しても、簡潔にまとめた言葉で話すことができるのが理想ですが、どうしても回答が長くなりがちな人は、もっとも最近のエピソードを中心に話すことをおすすめします。

転職活動の面接で「自己紹介をお願いします」と言われたら?

転職活動では、書類選考と面接が主な選考パターンです。やっと面接にこぎつけても、そこでいきなり「自己紹介をお願いします」と言われたら、どう対応するのがよいでしょうか。

面接での自己紹介は、1~2分程度が目安と言われています。1分間話すというと、思いのほか長く感じて、案外難しいものです。短すぎても拍子抜けしますし、長すぎると面接官に遮られてしまうこともあるので、頭の中で整理するためにも、あらかじめ文章に起こしておくのも良い方法です。

転職活動での面接に置ける自己紹介で、趣味や特技、出身大学などの話をするのはちょっとピントが外れていると思われてしまいます。一般的には、名前を述べて、これまで携わってきた職務経験について話すのが良いでしょう。これまでの仕事で経験したこと、培ってきたノウハウやスキルを話し、それらの経験を生かしてこれからチャレンジしたいことを話すと組み立てが良くまとまりやすいです。

自己紹介はあくまでも面接の冒頭の部分にすぎないので、時間も限られています。ダラダラと話すのではなく、簡潔に話すことが好ましいですが、できれば自己PRも盛り込めれば面接官への印象アップにつながります。自分がどんな仕事をしてきたか、に加えて、どんなスキルがあるのか、どんな強みを持っているのかを確実に伝えられるようポイントを押さえてきましょう。

あまり盛りだくさんの内容にしてしまうと、面接官に伝えたいことがぼやけてしまいます。まだまだ伝え足りないことは、このあとの時間にとっておいて、自己紹介では重要なポイントだけに絞って伝えます。自己紹介の最後は、「本日は、どうぞよろしくお願いいたします。」というあいさつで締めるのが一般的です。締めのあいさつをきちんとすることで、面接に対する前向きな姿勢を見せることができます。また、ロジカルに順序立てて言いたいことを伝える力をアピールすることにもつながります。

面接で好印象な自己紹介の例文

人は第一印象がすべて、とさえ言われます。また、心理学では「人は見た目が9割」という言葉もあります。面接の冒頭に「自己紹介をしてください」と言われるケースが多いので、そこで話すことが実は面接官の印象に一番残ると言っても過言ではありません。

自己紹介で面接官に好印象を与えるためには、第一に堂々とはっきりとした口調で話すことが大切です。もちろん、内容も大切ですが、きちんとした身だしなみをして、どのような表情で、どのような声のトーンで、どのようなしぐさで話すのか、ということがとても重要なのです。

面接官の目をまっすぐ見て、真剣に話すことで、誠実な気持ちを伝えることができます。面接と言うシチュエーションで緊張するのはやむを得ないですが、相手の目を見て話す、ということは意外とできていない人が多いものです。うつむき加減で話したり、目線をそらしてしまったりでは面接官に明るい印象は与えられないので、気を付けます。

また、自然な笑顔で面接官にアピールできるよう、普段から自分が人に与える印象がどのようなものなのか、客観的な意見をもらえる友人や家族の率直な意見を聞いて、状況に応じて改善していくことも必要です。

プロの客観的な意見を大切にしよう

転職活動がうまくいっていない人は、プロのコンサルタントに客観的な評価をしてもらうことをおすすめします。転職支援サービスの一つ、転職エージェントに在籍しているキャリアコンサルタントは経験豊富で様々な業界に精通しているプロです。

面接のコツやシミュレーションのフォロー、エントリーシートや職務経歴書の書き方などにもアドバイスをもらえる、頼もしい存在です。仕事を続けながらの転職活動は、スケジュールもハードになりますが、面接のスケジュール調整や条件交渉もお願いできるので、積極的に活用するとメリットも多いです。ぜひ一度、転職エージェントに相談してみてください。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング