a3bca224a2bb04f62965d743230b4c29_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

転職面接の志望動機 採用担当者が重視するポイントは?

転職を成功させるためのプロセスの中で、重要なポイントとなるのが転職面接での志望動機です。志望動機は、採用合否の重要な判断材料として重点的にチェックされるカテゴリの1つでもあり、志望動機の内容次第でその後のあなたの印象は大きく変わります

採用担当者が志望動機を重視する理由は、応募者が企業の採用ニーズにマッチしている人材であるかどうかを見極めたいと考えているためです。

また、中途採用として当然「即戦力」が期待されるので、自分が今までに培ってきたスキル・経験が新しい職場でどのように生かせるのかといった内容を志望動機に盛り込んでいくことも必須です。事前に応募先企業についてしっかりと研究をして、自分なりの志望動機をかためておきましょう。

志望動機のポイントと回答例

では、具体的にどのような志望動機が採用担当者によい印象を与えるのでしょうか?以下に採用担当者に好まれる志望動機をはじめ、面接通過率を高めるポイントと回答例を紹介します。

好印象な志望動機のポイント

志望動機は面接で必ず聞かれる最重要項目です。しっかりと気持ちを込め、誠意をもって回答しましょう。

まずは「なぜこの業界・業種を選んだのか」、そして「この会社でどのような働きをして、会社にどのようなメリットを与えられるのか」といった点にポイントを絞り明確化させていきます。そして、自分がやりたい仕事を実現するために他社でなくこの会社に入社することが理想的である理由について具体的に伝えることがポイントです。

さらに、やりたいことを伝える際に、「それを実現するためのスキル・能力・経験を持っている」、あるいは「現在進行形で頑張っている」といったことをアピールできれば、より説得力が増します。

志望動機 好印象な回答例

前職では、○○業務全般や社員の研修も担当しておりました。

今後は、コンサルタント業務においてキャリアを積み、将来的に人事担当のプロフェッショナルになりたいと思い応募させていただきました。

今までに、人事コンサルティング関連の研修会や講習会を受講するなど、人事全般の知識を学習に努めてきました。

まだまだ、未熟な点も多いかと思いますが、今後も一生懸命努力して必ず結果を出してまいりたいと思っています。

また、逆も然りで、内容が曖昧で入社後のスキルプランが見えていないと捉えられるような志望動機はNGです。例えば、「人事の仕事で活躍したい」や「人の力になる仕事がしたい」など、漠然とした曖昧な志望動機では、どこの会社でも通用するため、「なぜ貴社でなければならないのか」という部分が伝わりません。

また、意外と多いのが「営業職に入社して、貴社で学習したい」や「手に職をつけたい」といった「新しいことを学びたい」という内容の志望動機です。一見、勉強熱心さをアピールできているよう思われますが、採用担当者からは「自ら率先して仕事見つけ戦力になろうとしない受け身タイプ」とマイナスに捉えられてしまう傾向があり、志望動機としてはNGです。

面接の時間配分 志望動機を聞かれないケースも?

一般的に面接の通過時間は30分~1時間とされています。ただ、数分であっさりと済ませてしまう会社もあれば、1時間以上の長時間面接を行う会社もあり、一概には言えません。

ただ、中途採用の面接では、新卒のときと違い志望動機を聞かれずにあっさりと終了してしまうケースも多々あります。なぜ、転職の採用面接では志望動機を聞かれないのでしょうか?一般的な理由としては、以下の通りです。

面接前に職務経歴書を把握しているため

中途採用の場合、面接官が事前に職務履歴書に目を通しているので、応募者の過去の経歴やそれを通して培ってきたスキル、今後のキャリアプランについてもほぼ予想できます。このため、面接時に敢えて志望動機を聞く必要がないと判断されたケースです。

即戦力を期待されているため

中途採用者には即戦力が期待されるので、企業が応募者にやってもらいたい仕事内容はほぼ明確化されており、「企業に対する思い・評価」を聞くよりも「入社後、どんな仕事ができるのか」という点に質問の重点が置かれ、志望動機は聞かれないケースがあります。

以上、企業側は、中途採用者に対して、今までに豊富な業務経験を積み、独立したプロフェッショナルとして捉えているため、敢えて志望動機を聞かないケースも多々あることを念頭に入れて起きましょう。

面接通過率を高めるために転職エージェントの活用がおすすめ

中途採用の面接において、ほとんどのケースでは、面接開始15分以内に面接官は採用合否を決めていると言われています。ただ、面接の時間の長さは応募者が決められることではないので、面接時間の長さに関わらず、自分の言いたいことがしっかりと面接官に伝えられるように事前の準備をしっかりとしておくことが重要です。

そこで、面接通過率をより高めるためにおすすめしたいのが転職エージェントです。転職エージェントに登録・利用することで、転職活動における幅広いサービスを受けることができます。以下にエージェントが提供している一般的なサービスを列挙します。

  • 公開・非公開求人情報や稀少な企業情報の提供
  • 応募書類(履歴書・職務履歴書)の添削
  • 面接対策

面接対策としては、担当のキャリアコンサルタントがプロの視点から客観的にキャリア・面接スキル分析した上での面接指導やフィードバック、模擬面接なども行ってもらえるため、安心感があります。

面接の限られた時間内にしっかりと自己アピールをするためにも、転職のプロ・転職エージェントを活用されることをおすすめします。サービスの利用はすべて無料なので、まずは気になるエージェントに登録されてみてはいかがでしょうか?


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング