5082ec94051f0d7fb557b0dd8deb9478_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

転職理由(退職理由)採用担当者が重点を置くポイント

転職で面接を受ける際、必ずと言っていいほどきかれる転職理由(退職理由)、答え方次第であなたの採用合否に大きく影響します

企業側は採用準備に大きなコストをかけ、採用後も教育費用や時間をたくさん費やす等、採用活動は企業にとって大きな負担となります。だからこそ、転職理由から「入社後、会社の価値観や方向性に沿って他の社員と協力してうまくやっていけるのか」「入社後、結婚や育児、介護など家庭の事情ですぐに辞めてしまうようなことがないか」等の点に重点を置き、会社に適した人材であるかを見極めようとします。

特に、応募者の人間性や仕事に対する考え方が顕著に現れる転職理由は、面接官が目を光らせ慎重に選考する部分なので、どのような回答をするべきか事前にしっかりと準備をしておくことが大切です。

面接で面接官に好印象を与える転職理由のポイントとNGな転職理由

面接で面接官に好印象を与える転職理由のポイントを以下にまとめたので、是非参考にしてください。

転職が前向きな理由であることをアピールする

転職理由に関しては、現職に何らかの不平不満があり、転職するケースがほとんどで、中でも、人間関係が原因のケースが非常に多い傾向があります。しかし、「上司と性格が合わない」「パワハラ・いやがらせ」等の会社への不平不満を面接で正直に伝えても、「不平や不満が多いタイプ」「またすぐに辞めてしまうのではないか」と捉えられ、間違いなく印象が悪くなるでしょう。

また、「給料が安い」「残業が多く労働時間が長い」、などの理由もできるだけ控えた方がよいでしょう。こういった外的な理由は、仕事に対する意気込みや意識の低い人間と捉えられる傾向があります。

このため、現職への不平不満、つまりネガティブな転職理由からポジティブな転職理由へと発想の転換を行うことが大切です。例えば、「今までのスキル・経験を生かして新しく○○がしたいので」「今までに培ってきた○○の経験を生かしつつ、異業種で活躍したい」といったように、キャリアップやステップアップなどポジティブな理由は好印象につながります。

ポイントは、「前の会社ではなかった応募先企業のポリシーに触れて、それを介してステップアップしたい」といったように、発想の転換をすることで仕事に対する意識が高い人間だとプラスに捉えてもらえるはずです。

自分の持つ専門的なスキルをアピール

中途採用の場合、新卒とは違い、入社後すぐに成果を出せる「即戦力」が期待されます。
このため、今まで培ってきた自分のスキル・能力・経験に関係する転職理由を分かりやすく伝えることが理想です。

例えば、「前職での人事経験を生かしたい」「今まで培ってきたマネージャーの経験を大いに活用したい」など専門的なスキルを持ちアピールできると効果的です。

ネガティブな転職理由はNG

転職面接で、「会社の業績悪化でリストラされて」「ストレスで体調を崩し、鬱になってしまい…」など悲劇的な理由を伝え面接官の同情を誘っても、採用に有利になる訳ではなくまったく無意味です。

また、「Uターン転職したい」といったケースでも、面接官によってはネガティブな理由として捉えられることがあり注意が必要です。例えば、以前の生活環境(日々の満員電車、家賃・物価の高さ等)がストレスでUターン転職を希望するとなれば、「忍耐力がなくストレスに弱い人間」と思われ、不採用にされる危険性があります。

概してネガティブ思考な人は敬遠されがちなので、気持ちを切り替えポジティブな転職理由に言い換えることで、自分自身のプラス面をしっかりとアピールしましょう。

いかがでしたでしょうか?転職理由を考える際は、まず自分が将来的にどんな仕事をしたいのかといった会社や仕事への希望を明確に整理すること。そして、転職をすることで自分の希望が満たされると考えることで、ポジティブな転職理由を導き出すことができます。

面接で思い残すことなく、すべての思いを伝えられるように事前準備をしっかりと万全の態勢で面接に臨みましょう。

より転職成功率を高めるために転職エージェントの活用

転職面接で採用を勝ち取るためには、上記のポイントを抑えつつ、自分自身のやる気や、どんな業界・業種、そして企業へ転職するのか?何を1番に優先するべきか?など、考えをまとめておく必要があります。

しかし、自分一人で転職活動をすると、面接で不採用になったとき、その原因が分からずまた同じ失敗をしてしまうリスクがあります。そこでおすすめしたいのが、転職のプロとして第三者的立場から客観的なアドバイスをもらえる転職エージェントです。

転職エージェントは、転職活動における幅広いサポートを提供する転職支援サービスです。登録・利用することで、自分のスキル・ニーズに合った人材紹介をはじめ、面接対策(面接スキルチェックや面接指導、模擬面接など)、面接日調節、給与・待遇面の交渉、内定後のアフターサポートなどのサービスを無料で受けられます。

ただ、一口に転職エージェントといっても多種多様で、それぞれのエージェントで利用する求人検索システムや登録から求人紹介、内定までの流れも異なります。そこで、まずは気になる転職エージェント複数に登録して実際に利用してみて、それぞれを比較した上で自分に合ったサービスを選ぶのがおすすめです。登録・利用は無料なので、是非ご自身に一番合ったエージェントを厳選してみてください。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング