b8ca77b8171f972beb2ef02032fba068_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

転職面接で気をつけたいマナー。身だしなみは?

転職面接では、あなたが現在の会社でどのような働きをして、どれくらいのスキルを習得しているのか、さらに新しい職場でそれらをどのように生かしていけるのかについて重点的に質問されます。

面接官は、あなたが社会人として経験を積み、当然それなりにマナーも身に着いていることを前提に、入室から退室までのマナーや服装、受け答えをしっかりとチェックして、会社にふさわしい人材であるかどうかを見極めます。面接で今まで培ってきた社会人としてのレベルの高さを示すことができるように面接マナーや身だしなみはしっかりと気を配りたいところですよね。

そこで今回は、転職面接での身だしなみや正しいマナーの入室~退室までのそれぞれのポイントごとに紹介します。これから真剣に転職を考えている方は是非参考にしていただけると幸いです。

まず、面接時の服装についてのポイント(男性・女性編)です。

面接時の男性の服装

一般的にスーツを着用します。色は黒や紺、グレーなど濃い色が基本で、派手な色や柄物は避けましょう。ダブルスーツは避け、シングルタイプであればボタンは2つでも3つでも大丈夫です。着用する時は1番下のボタンは外しておきましょう。

ワイシャツは基本白あるいは城に近い淡い色のものを選びます。また、ネクタイ、ベルト、靴下など身に着けるもの全て清潔感を意識し、節度・良識のある装いを心掛けましょう。

面接時の女性の服装

女性も男性と同様、黒や紺、グレーのスーツが一般的で、シンプルでかつ清潔感のあるタイプを選びましょう。ボタンが2つ、あるいは3つの場合でも一番下は外し、上だけ留めます。

スカートの場合、膝丈(膝の真ん中からやや上位)、パンツの場合はヒールの付け根よりやや下に裾が来るぐらいがベストです。

インナーは、白いブラウスか白あるいは淡色のシャツまたはカットソーがよいでしょう。
ストッキングに関しては、肌色に近い無地のベージュが基本で、タイツや柄入りタイプは控えましょう。

以下の記事で面接時の服装について詳しく解説していますので、参考にしてくださいね。

転職面接は見た目で決まる?身だしなみで気をつけるべきポイント

入室時の基本動作のマナー

面接において最も重要なポイントでもある第一印象、入室のマナーから退室まで、一つひとつの動作が洗練されていることで面接官への印象も大きく変わってきます。以下に入室時~退室時のマナーのポイントをまとめましたので、是非参考にしてください。

入室までのマナー

面接官に名前を呼ばれたら、はっきりと「はい」と返事をして、面接室に向かいドアはゆっくり3回ノックします。面接官に「どうぞお入りください」と声を掛けられたら、一呼吸おいてから入室しましょう。ドアを半分ほど開けたら一反止め、面接官の目を見てはっきりと「失礼いたします」と挨拶をしてからドアを開け入室します。

もし、ノックをしても反応がない場合は、再度ノックをしましょう。それでも返事がない場合は、少し間をおいてから「失礼いたします」と挨拶してドアを開け入室しましょう。

入室後、挨拶・着席のタイミング

入室の際、面接官に背中を向けないよう斜めに立って静かにドアを閉めます。そして、面接官の方に真っすぐ体を向け一礼します。背筋を伸ばして正しい姿勢でゆっくりと椅子まで歩き、椅子の横側(入室したドアに近い側)に立ちます。(この際、男性は手を体の横につけ真っすぐ伸ばし、女性は両手を前に重ねましょう)

椅子の横にたったまま、挨拶と一礼をします。(自己紹介と一礼を一緒にしないように注意しましょう)挨拶は以下のように面接官に対する感謝や謝罪の気持ちを込めた内容にしましょう。

「○○○○(自分の名前)です。」
「本日はお忙しいところお時間をいただき、ありがとうございます。よろしくお願いいたします」

面接官に「お掛けください」と声を掛けられたら「失礼します」と挨拶して一礼してから着席します。この際も、挨拶と一礼が一緒にならないよう注意しましょう。座る際は、椅子の2/3くらいに腰をかけ、背筋を真っすぐ伸ばし姿勢を正します。

着席後の荷物の置き方

着席後、荷物は椅子の横(足元の床)に置きます。この際、鞄が横に倒れてしまわないように自立するビジネスバックがおすすめです。

コートを持参している場合は、速やかに小さく畳んで鞄の上に置きましょう。コートを畳む際は、ぐちゃぐちゃに丸めたり汚く畳んだりせず、キレイにコンパクトに畳みます。また、面接中にコートが床に落ちないよう、乱雑な置き方は避けましょう。

面接官に名刺を渡された場合

面接で面接官から名刺を渡された場合、必ず両手で受け取り「ありがとうございます。頂戴いたします」と言い、一礼してから名刺を受け取ります。ペコペコと何度もおじぎをしながら名刺を受け取るのは、卑屈でみっともない印象を与えかねないので注意しましょう。

また、貰った名刺は面接中はテーブルの右端に置き面接が終わってから名刺入れにしまうのが正しいマナーです。もし、面接会場にテーブルがない場合は、名刺を一通り黙読してから名刺入れにしまいます。

面接終了の挨拶

一通りの質疑応答が終わり、面接官から面接終了の合図が出たら、まず座ったままの姿勢で「本日はお忙しいところお時間をいただきありがとうございました」と挨拶をして一礼します。

椅子の横側(入室した入口のドアに近い側)に立ち、背筋を伸ばし姿勢を正し、挨拶の後、再度一礼します。(この時点では、まだ荷物は持たないようにします)

足元に置いた荷物を持ち、椅子の位置を直してからドアに向かいます。ドアの前で一度立ち止まり面接官の方を振り返り、面接官の目を見ながら「失礼いたします」と挨拶をして一礼します。

退出後

退出時、ドアを開け面接室を退出します。ドアを閉める前に面接官にもう一度軽くおじぎをしてから静かにドアをしめます。この際、必ずドアの方に体を向け、後ろ向きに閉めないよう注意しましょう。

退出後は、(待機の指示が出ている場合を除き)、速やかに面接会場を出ましょう。面接終了後は緊張がほぐれ、気が抜けてしまいがちですが、最後まで社会人としてのマナーをきちんと守りましょう。

以上、いかがでしたでしょうか?入室から退室までの基本動作のポイントを紹介しましたが、細かい点や順序に関してはあまりこだわる必要はありません。大切なのは、一つひとつの基本動作を丁寧かつ自然体で行えることです。事前に、模擬面接の練習をして、実際に流れを掴んでおくとよいでしょう。

転職面接の練習なら転職エージェント

転職活動では、面接での印象が採用合否の大きな決め手になると言っても過言ではありません。面接の場でこそ、今まで培ってきた社会人としての経験値の高さを充分に発揮できればよいのですが、多くの人は面接官とじっくり向き合う面接という場に強い緊張を強いられます。緊張のため、本来の自分をアピールすることができなければ、当然ながら評価も下がり、本来なら採用されるレベルだったのに選考に漏れてしまうケースもあります。

そこで、面接スキルに不安があるという方にお勧めしたいのが転職エージェントです。転職活動を幅広くサポートする転職エージェントは、求人案件の紹介だけでなく、模擬面接や希望先企業に合わせた面接指導を受けることができます

さらに、応募者側が交渉しにくい給与や待遇に関しての交渉も代行して行ってくれるなど幅広いサービスを受けられる点もエージェントの大きなメリットです。

利用は無料なので、まずは気になるエージェントに登録して実際に利用してみてはいかがでしょうか?


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング