db488d12822fe9aa1c4080df614e0b70_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

転職面接、緊張の原因は?

転職面接は、履歴書や職務経歴書では分からない応募者の人間性や仕事のへの意気込み、コミュニケーション能力、ビジネスマナーなどを重点的にチェックされる場です。面接という場でこそ、日頃から培ってきた自分のスキルや社会人経験値の高さをしっかりと発揮したいところです。

しかし、初対面の面接官を前に強い緊張を強いられ、普段の自分を出せない人も少なくありません。緊張のあまり言いたいことが言えなかったり、思ってもいないことを言ってしまったり等、実力を出し切れないまま面接が終了してしまったら悔やんでも悔やみきれませんよね。

そこで、面接時の緊張を和らげ100%本来の実力を発揮するために、まずは自己分析をして面接で緊張してしまう根本的な理由を突き止めることが大切です。

例えば、初対面の面接官と一対一でじっくりと話さなければいけないことが原因か、失敗を恐れ、流暢にしゃべることに意識が集中して緊張してしまうのか希望する仕事への思いが強すぎ、気負ってしまっているため等、原因は人それぞれでしょう。自己分析を行い、緊張の主な原因を把握しておくことで、ある程度対処もしやすくなります。

ただ、緊張をネガティブに捉え過ぎて、かえって思考が悪循環に陥ってしまう危険性もあります。そこで今回は、緊張のタイプに応じた対処法を下記に紹介しますので是非参考になさってください。

現実と理想のギャップから生じる劣等感や過度の緊張

面接で、滑舌よく流暢に話せる自分自身をイメージして、緊張して固まってしまっている現実の自分とのギャップに苦しみ、劣等感や緊張を増長させてしまうケースも多々あります。

しかし、面接で大切なのは自分の思いをしっかりと伝えることであり、すらすらと饒舌に話せることではありません。実際、緊張して硬くなりながらも、一生懸命に思いを伝えようと努力する人を評価する採用担当者もたくさんいます。

逆に、面接慣れして緊張感がなくなってしまったため、余計なことまで言って失敗したり、不遜な態度に悪い印象を持たれてしまうケースも多々あります。

劣等感や緊張に意識を向けず、自分の思いを面接官に伝えられることに集中できれば、多少緊張していても面接官に好印象を与えられ、よい結果につながることを念頭に入れておきましょう。

初対面の人(面接官)が苦手なため

初対面の面接官と話すことが苦手であがってしまう人は、普段から初対面の人が苦手で避けてしまう傾向があり、人と話さないから余計緊張してしまうといった悪循環に陥ってしまいがちです。

そこで、こういった悪循環を断ち切るために、初対面の人に多く会って話をしたり人前で会話することで初対面の人とのコミュニケーションにも慣れてきます。セミナー・勉強会に参加して思いきって発言や質問をしてみるなど、日常で躊躇してしまうことにも敢えて挑戦してみるのもおすすめです。

失敗を恐れるあまり緊張を増長させてしまうため

人は絶対に失敗できないと思うとそこだけに意識が集中してしまい、頭が真っ白になりパニックを起こしてしまう傾向があります。このため、面接中は「絶対にあがらない」、「失敗しない」と緊張を増長させるようなことをイメージしないことが大切です。

有効な方法としては、イメージトレーニングがおすすめです。例えば、「こんな会社落ちても大丈夫!」と自分に言い聞かせ、体の力を抜きリラックスしたり、面接を練習の場と想定するのも手段です。その時の自分の気持ちの持ちようで、緊張感を和らげることも充分に可能です。

事前の準備(面接対策)不足

就職活動で何の準備もなく本命の企業に臨むのは、かなり無謀な挑戦で、緊張してしまうのも当然です。例えば、登山の場合、エベレストを目指すために、まずは低い山に何度も登り練習・経験を積み重ねることで徐々にエベレストへとステップアップを図っていきます。

面接も登山と同様で、面接時の緊張を克服し、本来の自分の能力を発揮するためには、実際の面接シーンを想定した受け答えの練習「模擬面接」が必要不可欠です。

模擬面接を何度も繰り返すことで、面接で自分が言いたいことが整理されるため、実際の面接をイメージした受け答えやマナーの練習に非常に有効です。

ただ、マナーの不十分な点や話すスピード、表情や基本動作、姿勢等、自分の面接スキルの長所・短所を客観視するために第三者から客観的に評価してもらうことが非常に大切です。そういった意味で、是非転職のプロ・転職エージェントの利用をおすすめします。

転職面接であがらないために転職エージェントの模擬面接を活用

転職エージェントは、企業と応募者の仲介役として、企業の求人案件の紹介を始め、幅広いサポートを提供する転職支援サービスです。プロの視点からキャリア分析や面接スキルも丁寧にチェックしてもらえるので、面接スキルやビジネスマナーに不安がある方には是非おすすめしたいサービスです。

また、エージェントは、応募先企業の貴重な内部情報を把握しているため、面接でどんな質問をされるのか、どんな人材を求めているのか等応募企業に合せた面接指導を受けられる点も大きな魅力です。

ただ、転職エージェントも数多く、それぞれの強みや特徴も違ってくるので、まずはあなたが希望する業界・業種に強く、口コミ評判もよい大手の転職エージェント1~3つに登録して、実際に利用してみることをおすすめします。それぞれのエージェントを利用して比較することで、徐々に自分に最も合ったサービスに絞り、重点的に利用するのが賢い方法です。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング