6aadbba7da65b2c127d6d010932a6fbd_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

転職面接で落ちてしまう人には共通点がある?

書類選考に通過して、ついに最終関門となる面接は、企業とあなたが直接に面と向きあってやり取りをする最終決戦の場、面接での受け答えで十分にあなたの能力を発揮できれば内定をもらうことができますし、逆に採用されるだけの実績・能力が充分にあるのに、面接での受け答えがなっていなかったら当然不採用にされてしまいます。

実際、書類選考には通るのに面接では落ちてしまう人も多く、そういった人達には共通の特徴があることも分かっています。下記に転職面接に多い失敗の事例を取り上げ、それぞれの対処法について紹介します。現在転職活動中で、面接スキルやマナーに自信がないという方は是非参考にしていただけると幸いです。

面接に落ちる人の特徴まとめ

事前準備不足(自己分析や企業についての情報収集ができていない)

面接で、自分の長所や短所を聞かれたとき、明確に回答できない人は、自己分析や事前準備ができていないということで面接官からの評価も下がります。

例えば「自分の強みはマネジメント能力」と答えた場合、具体例としてありきたりなことしか言えないと、面接官に「本当にマネジメント能力なんてあるの?」と疑問を持たれても仕方ありません。

まずは、自己分析で自分の強み・弱みもしっかり把握して、それぞれの具体例を明確に分かり易く伝えられるようにしておきましょう。主に、「今まで培ってきたキャリア」、「どんなスキル・経験を持っていて、それらをどう生かせるか」、「今自分にできることとやりたいこと」、「将来的なスキルプラン」といった点を明確化させておくことで、転職の方向性に一貫性を持たせ、一番伝えるべき重要な部分を面接官にしっかりとアピールする必要があります。

また、面接を受ける上で、相手(応募先企業)について知らないのは論外です。少なくとも、会社の特徴(長所・短所)、業績、売り上げ、業界でのポジションについては事前に研究しておくなど企業情報をしっかりと熟知した上で面接に臨みましょう!

第一印象が悪い

面接では第一印象が非常に重要なポイント、どんなに優れたキャリア・実績があっても第一印象が悪いという理由で不採用になってしまうケースも多々あります。

このため、第一印象で好印象を与えることができれば選考通過の確率はぐっと高まることを認識しておきましょう。

まずは、「服装」、「髪形」、「基本的動作・姿勢」、「ビジネスマナー・振る舞い」、「話し方」は第一印象として重視されるので特に意識を高く持ち、面接前に模擬面接などの面接対策しておくことも大切です。

企業が求める回答(的を得た回答)ができていない

面接は自己アピールの場ですが、企業側が何を聞きたいのかをきちんと理解し、質問に対して的確な回答をすることが必要不可欠です。このため、自己アピールと言っても、企業が求めている回答以外の余計な情報を長々と話すことは控えましょう。

特に、1つの質問に対して必要以上に余計なことをペラペラと話し、話が切れないような人は不採用にされる確率が高いので注意が必要です。

因みに、人が話を集中して聞いていられるのはせいぜい2分程度と言われており、質問に対して長々と回答しても面接官にインパクトを与えることはできず、逆に話に飽きられ、悪印象を抱かれてしまう可能性の方が高いです。

このため、1つの質問に対して、言いたいことをコンパクトにまとめ適確に伝えるようにしましょう。こうすることで、面接官からさらに具体的な質問をしてもらえ、テンポのよい質疑応答ができますし、よりインパクトを残すこともできます。

また、質問の中には、自分の知らないことや応えられないようなケースもあるでしょう。そういった場合、例えば

「多分○○だったのではないかと思います」
「○○だと思っているのですが」
「おそらく○○だという話です」

といった曖昧な回答をすると、「自分が不利なこと、苦手なことに対しては曖昧にして逃げるタイプ」と捉えられ、悪い評価につながります。

もし、回答できないような質問をされたら

「○○に関する知識がなく、申し訳ございません。」
「次回までには必ずしっかりと勉強しておきます。」

などと潔く答え、同時に対策への意気込みも伝えることで、評価が大きく下がることはなく、むしろ曖昧な回答に比べたら好印象につながることを念頭に入れておきましょう。

転職面接で採用成功率を高めるために 転職エージェントの活用がおすすめ

面接は、非常に重要な1回限りの勝負の場です。この最終難関を通過するためにも上記のポイントを抑え、あなたの実力を100%出し切り、採用を勝ち取ってください。

ただ、本来の自分の能力を発揮するために、自分の面接スキル(マナーや声の出し方、スピード、基本動作や姿勢、表情、アイコンタクトなど)の良し悪しを客観視して、面接で話すべき内容を整理し、スムーズに受け答えができるような練習が必要です。

そこでおすすめしたいのが、転職エージェントの利用です。転職エージェントは、転職活動を幅広くサポートする転職支援サービスです。転職エージェントを利用することで、企業の求人案件の紹介をはじめ、プロの視点からキャリア分析や面接スキルのチェック、模擬面接など面接対策をしてもらえます

また、エージェントは応募先企業の貴重な内部情報を把握しているため、それぞれの応募企業に合せた面接対策をして貰える点も大きな魅力です。

エージェントへの登録・利用は無料なので、まずは希望する業界・業種に強い気になるエージェントを利用してみてはいかがでしょうか?


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング