537e2062e9f428bbc752d2209b2f4184_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

離職期間は転職で不利になる?許容期間はどのくらい?

様々な理由により退職後にブランクができてしまった場合、転職活動に不利になるのでしょうか?

実際、退職後の転職面接では必ずと言っていいほど離職時のことを聞かれます。また、ブランクが長ければ長いほど足元を見られ、給与や待遇面で企業に有利な形で交渉をすすめられてしまうケースも多々あります

しかし、ブランクがあるからといって必ず条件が悪くなるという訳ではありません。単に、一時的な未就職期間があるというだけで、離職する正当な理由があればさほど問題はなく、当然今まで培ってきたスキル・経験や前職での働き方が重視されます。

ただ、体調不良や家族の介護・看病のため1年~2年以上のブランクが開いてしまったなど、特殊なケースを除けば、離職期間のブランクとして許容されるのは3か月程度でしょう。

もちろん一人ひとり事情が違うので、○ヶ月までなら大丈夫で○ヶ月以上はダメというようにはっきりとした境界はありませんが、流石に6ヶ月を超えると選考採用が不利になり、正当な理由がない限り不採用になる可能性も高まります

離職後のブランクが転職に決定的な不利になる訳ではなくとも、やはり短い方が有利であることは確かです。また、在職中にバリバリ働いていた人でも、戦列から離れればどうしても仕事の勘が鈍ってしまいます。このため、応募書類や面接でこういった懸念点を払拭できるような工夫や努力が必要となってきます。

ブランクの理由を面接で質問されたときの対処法

採用担当者は、離職後のブランクが長引いている人に対して最も質問したいことは、「離職期間中、どのように過ごしていたのか」についてで、ほとんどの場合、面接でこういった質問をされます。

では、このような質問されたとき、どのように回答するべきなのでしょうか?以下によくある事例を取り上げ、回答・対応の方法について紹介します。

ブランクの理由が家族の看病や介護の場合

家族の看病や介護が理由のブランクの場合、転職でマイナス評価につながる心配はありません。ただ、そういった理由で、「入社後も退社が多く、休日出勤もできないのではないか」といった懸念を持たれる傾向があります。

このため、その辺の問題が払拭できるように、現状や今後のプランについて、説得力を持って説明できるようにしておきましょう。

ブランクの理由が資格取得の場合

なぜその資格を取得する必要があったのかを適確に説明できないと、採用担当者に悪い印象を与えてしまう可能性があります。例えば、取得した資格が今後のキャリアプランやキャリアビジョンにまったく関係がない場合、「計画性や協調性がなく、自己中心的で主体性に乏しい人間」と捉えられてしまい評価が下がり、当然不採用とされてしまいます。

仕事を辞めてまでその資格を取る必要性や、今後どのように生かし、どんなキャリビジョンがあるのか等、明確に説明できるようにしておく必要があります。

ブランクの理由がうつの場合

うつが完治しており、再発の可能性が低く通院の必要がない場合必ずしも企業に申告する必要はありませんし、申告しなければならない義務もありません

どうしても正直に申告したい場合、新しい職場での業務に支障がないことを、しっかりと説明する必要があります。また、再発しないようストレスを溜めず規則正しい生活習慣を心掛けていることや、業務上まったく影響のないことを信憑性のある伝え方でアピールすることが大切です。

ただし、企業側も採用者が入社後に再発を理由にすぐ辞めたり、休職されてしまうリスクを極力避けたいのが本音なので、病歴を申告する場合、採用に不利になるリスクを伴うことは念頭に入れておきましょう。

以上、いくつかの事例を挙げましたが、いずれのケースも前職でどのような働きをしていたのか、また、どのくらいのレベルの仕事だったのかにも大きく影響されます。職務履歴書に今までの実績やスキル、強みに加え、「離職中、転職活動しながら貴社の業務に関するスキルの勉強やビジネス感を保つため、○○などの取り組みに努めていた」といった旨をしっかりとアピールしましょう。

退職後のブランクの後、短期決戦で転職を成功させるために

退職後のブランクが長引くほど、「一刻も早く転職したい」という精神的な焦りや情報不足から転職後のミスマッチを起こしやすくなる傾向があります。そこで、内定後のミスマッチを防ぐために、転職のプロ・転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは、企業と応募者の仲介役として、転職活動を幅広くサポートしてくれる非常に頼りになる存在です。例えば、一般公開されていない豊富な企業情報を保有しており、応募者のキャリアやニーズに合った求人案件を紹介してくれます

他にも、応募書類(履歴書・職務履歴書)の添削、面接対策(キャリアの棚卸しや面接スキルチェック、模擬面接など)、面接の時間調整など幅広い視野からのサポートを受けることができます。また、将来的な視野を含めプロ視線でのアドバイスを受けられるので、転職後のミスマッチを極力減らすことができる点がエージェントの大きなメリットです。

ただ、転職活動を効率よくすすめようとエージェントに登録したものの、「離職期間(ブランク)が長い」という理由で断られてしまうケースもあります

しかし、転職エージェントを選ぶ1番のポイントは、自分に合った求人案件をより多く把握していること、登録を断られた理由は、自分のスキルや希望にマッチした求人情報を扱っていなかったためと解釈して意気消沈することはありません。すぐに気持ちを切り替えて、あなたが希望する業種・職種に強い気になるエージェントがあれば迷わず、登録してみましょう。何社か登録を断られたからといって気を落とさず、ポジティブかつ積極的に活動することで、是非内定を勝ち取ってください!


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング