e4adc57a56f3c8aa6b2215823f993483_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

結婚の条件になる「年収」は、どれくらいならOK?

「ワーキングプア」という言葉が聞かれるようになって久しいですが、働けど働けど給料がなかなか上がらないサラリーマンはたくさんいます。テレビや新聞では、アベノミクス効果で給料が上がったりボーナスが上がったりと景気の良い話が聞荒れますが、それは都市部の大企業など一部の話です。日本の企業の99%は中小零細企業と言われている通り、日本の多くのサラリーマンが、日本経済の景気が良いという報道を見てもピンと来ないのが現実です。

そのような経済状況なので、社会的な問題も増えてきています。大きな問題は、結婚が遅くなっていることです。晩婚化によって出産年齢が高くなり、少子化の原因ともいわれているので、高齢化が進む日本では切実な問題です。

実際、20代・30代男性ともに年収が300万円未満では9割以上が未婚で、年収が上がるのと比例して結婚率も上がるという調査結果が出ています。

結婚したら生活費はどれくらいかかるの?子どもができたらどうなるの?

自分が働いて手にしたお金は、これまではすべて自分の思うように使っていたけれど、結婚したらそうはいきません。共働き世帯が増えているとはいえ、子どもが生まれたら女性は働けるかどうかわからないという現実がありますし、もし働き続けられたとしても産休や育休を取得したり、短時間勤務になったりと、一時的に収入が減ることも大いに考えられます。また、家族が増えると必然的に生活費は上がっていきます

結婚したらどれくらい生活費がかかるのか、ということについては住む場所によって大きく異なります。首都圏と地方では物価も違いますし、家賃も異なります。もちろん、物価の差については給料に反映されていますが、たとえば車一台持つかどうかによっても大きく変わってきます。

夫婦2人の生活費の平均額は約21万円という調査結果もあります。

しかし、住む場所や家族構成などによって一概に金額では言えないので、家賃は収入の25%以内、食費が15%以内です。可処分所得は収入の8割程度に抑え、残りを貯蓄に回せるのが理想です。目安を知っておくと生活費のイメージが湧きやすいので、ぜひ知っておきたいポイントです。

年収が低い男性は結婚を諦めるしかないの?

年収が低いから結婚できない、と嘆く人は多く、やはり結婚へのハードルが上がっていることは確かです。女性が結婚相手に求める年収が高すぎる!と良く言われますが、実際は20代女性・30代女性とも一番多いのが500万円以上、次に多いのが300万円以上、平均で約450万円という調査結果が出ています。20代・30代の男性の平均年収は平均値でも500万円を超える水準ではないので、女性の求める理想とは少し違うようです。

また、女性の社会進出が進み、経済的に自立している女性が増えていることも一因です。自分よりも高い年収を男性に求めるという女性も多いのです。女性は、自分が贅沢をするために相手に高い年収を求めているわけではありません。結婚した後に出産、育児で自分が仕事を辞めたとしても、それなりに生活できる最低限のレベルとして、このような数字を挙げているのです。

単純に年収だけで語れない近年の社会的な問題として深刻なのが、雇用形態の問題です。正社員として働きたくてもなかなか正社員になれず、契約社員やパート、派遣社員などの非正規雇用が増えていることです。その割合は、1990年には20%ほどでしたが、2015年にはついに労働者全体の4割を超える高い水準になっています。高齢化に伴い、定年が引き上げられたり定年後の継続雇用制度が増えて来たりと若年層の労働者が入り込む枠がない現実もあります。

高い年収を求める声もありますが、それよりも安定した雇用形態を望む声が強いのも現実です。非正規雇用の彼氏とは結婚できない、という女性の声は頷けます。

今の待遇に不満がある人は、思い切って転職を考えてみる

将来的に結婚を考えているなら、自分の今の職場での待遇についてもう一度じっくり考えてみましょう。また、腹を割って話せる同業や同年代の友人に、収入や待遇について聞いてみるのも一つの方法です。今まで特に疑問に思っていなかった自分の待遇が、客観的に見てどんなものなのか知ることができるチャンスです。

今の待遇に不満があるなら、思い切って転職を考えてみるのも良いでしょう。自分の持つキャリアやスキルをPRして転職活動を行うのが効率良い方法ですが、転職には年齢も関係してきます。スキルやキャリアの足りない部分は、若さで補えることもあります。逆に、ある程度年齢がいってからの転職活動は、自分のオリジナルの強みが必要です。

転職を考えはじめたら、なにか行動に移してみることをおすすめします。実際に転職をした友人がいれば体験談を聞くことができますし、転職サイトや転職エージェントなど、インターネットでの転職支援サービスも充実しています。今は、働きながら転職活動をする人が多いので、早まって今の仕事を辞めてはいけません。働きながら自分のペースで転職活動を進める方法はたくさんあるので、まずは情報収集からスタートです。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング