ab294a713b63058054582102b4bf264e_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

残業をしない人が評価されない会社は時代遅れ

特にそんなルールはないにしても、上司よりも早く帰るのはなんとなく気が引ける、というサラリーマンはとても多く、早く帰りたいのになんとなく帰りづらく、無駄な残業をしてしまった経験を持つ人も多いはずです。一昔前は、「残業をしない人」イコール「やる気がない、頑張っていない」という理不尽な評価がされたものですが、今はそういう会社ばかりではありません

内閣府が全国の1,016社を対象に行った調査では、社員が残業や休日出勤をしないことに関して、74%もの企業が「人事評価で特に考慮しない」と回答したことがわかりました。これは、思いのほか高い数字だという印象を受けます。

逆に、20代男性の約47%、20代女性の約35%が「長時間労働をしないと評価が下がる」と考えている、というアンケート結果も出ています。残業をしている方が、評価が高い気がしている人も多いようですが、これは思い込みと言えそうです。仕事のためではなく、評価のための長時間労働になっていしまっているのはとても残念です。非効率な仕事からは、エネルギーを持った新しいものは生まれません。

今日の仕事は目途がついていてもなんとなく早く定時で帰ることに抵抗がある日本のサラリーマンですが、現実はそんなことを気にする必要はなさそうです。それでも、オフィスの空気としてはやっぱり帰りづらいものです。「和」を重んじて、協調性を重視する日本人ならではの感覚といえます。

日本では、多くの会社が週に1、2回程度の「ノー残業デー」を取り決め、たとえ上司が残っていたとしても自分の仕事が終わっていれば帰りやすい雰囲気を作ることに取り組んでいます。ノー残業ウィークを設定している会社もあります。定時で職場を出られることで、早く帰宅して家族と過ごす時間を取るのも良いですし、同僚と飲みに出かけるのも良いですね。心身ともにリフレッシュすることで、翌日からの仕事にまた新たな気持ちで取り組むことができます。

仕事を効率的にこなし、残業がする必要がないサラリーマンは有能

残業をせず、定時間内に仕事をきちんとこなせる人は、社内外問わず信頼され、頼りにされる存在です。そして、結果的に会社の人件費削減にも一役買えるので、会社にとってもありがたい存在です。

このような人は、なんとなく毎日バタバタ過ごしてしまい、残業しがちな人とはどこが違うのでしょうか?

まず、残業せずに仕事ができる人は、自分のスケジュールを管理する感覚が優れています。次から次へとやってくる仕事に対しては、一つずつ優先順位をつけ、合理的に進めていく術を持っています。

また、人間の集中力はそうそう長い時間もちません。日本人の勤勉さは世界でも評価されていますが、実は日本人の労働生産性は決して高くありません。労働者一人当たりのGDPは、2012年の調査でOECD加盟国34か国中21位という低い水準にとどまっています。これは、先進国の中では最低レベルの順位です。不必要な残業や長時間労働により、集中力が欠如した状態で仕事に取り組むからとも考えられます。

残業は、ダラダラとするものではなく、本当に必要なら、必要なだけの残業を行えばよいことです。きちんと残業代を支給している会社なら、なるべく残業を減らして業務時間内に仕事を終わらせてほしいと感じています。

残業時間を管理するなら、たとえば、残業をする場合は、事前に上司に報告をして、許可制にするだけでも大きく時間が減ります。残業に対する社員の認識が変わるだけでも大きなメリットがあります。

労働時間で評価されるような理不尽な会社なら転職を考えてみるのもおすすめです

近年、ワークライフバランスに力を入れて取り組んでいる会社も増えてきました。特に女性の場合、結婚や出産などのライフイベントによって働き方を柔軟に変化していく必要がでてきます。もちろん、女性だけでなく男性も育児休暇を取得したり、保育園の送迎に行ったりするケースも増えているので、同様のことが言えます。

普段から長時間労働が当たり前になって、仕事の効率が悪くなっている人は、まず残業を断る勇気を持つことが大切です。自分の働き方を見つめなおすチャンスでもあります。本当に必要な残業をしても残業代が出ないとか、そもそもみなし残業というシステムになっているなど、長時間労働をしても収入に反映しないのではモチベーションも保てません。ワークライフバランスが叫ばれる今、ぜひ取り組んでみたい課題です。最初から残業ありき、という考えをなくし、定時をゴールと捉えてうまく時間を使うことがポイントです。

しかし、労働時間の長さがそのまま評価につながったり残業や休日出勤をしないことが原因で低い評価しかもらえなかったりするような会社の将来は厳しいと言わざるを得ません。今の会社の待遇に不満があるなら、思い切って転職を考えてみるのも一つの方法です。転職経験のある友人や転職情報サイトをうまく活用して、ワークライフバランスの整った会社を探してみてください。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング