49a5d017a1fdf61d41272e8a29c7ec5b_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

残業が多い業種、少ない業種とは?

どうして残業はなくならないのでしょうか。今の会社の待遇に不満がある人はたくさんいます。最初はないと聞いていた残業も、なんとなくズルズルとみんな残っていて帰りづらい場合もありますし、実際にキャパシティを超えるような仕事量を振られて、帰るに帰れないという人もいます。

残業と一言で言っても、業種によって残業時間が多い、少ないがあり、平均的な時間はかなり違ってきます。できれば、残業が少ない業種を選びたい!と言う人も多いでしょう。特に、子育て中の女性や、家族の介護などの事情を抱えていて時間に制限がある人にとっては、仕事を選ぶうえで高いウエイトを占める条件になります。

では、残業が少なくて年間の休日が多い業種は、どのような業種でしょうか?

まず残業時間が少ないのは、スポーツ・健康関連施設や薬局をはじめとした、店舗を持つサービス業が挙げられます。お店の場合、営業時間が明確に決まっているので営業時間終了後の残業はあまりないようです。しかし、最近の傾向として、店舗の休日は減っていて、さまざまな業種で「年中無休」「土・日・祝日も営業」といった形態が増えてきています。一日当たりの残業時間は少ない代わりに、年間での休日数は比較的少ないといった業種といえます。

また、調査によると、残業時間が少なくて年間の休日数が多い業種は、医療業界の中でも医療機器メーカーが挙げられます。営業が主で、会社に直行直帰のスタイルが多いので、このような結果になっているようです。実際は、持ち帰ってする仕事など多いのかもしれませんが、会社に拘束される時間は少ない業種です。

逆に、残業時間も多く年間休日も少ない業種はコンビニエンスストアです。年中無休で24時間営業のコンビニエンスストアだとやむを得ない部分もありますが、様々な事情を抱えて職場を探している人には難しい業種です。

このように、業種や職種によってある程度残業の量が決まってくるので、仕事選びの時の参考になります。

一見良い制度に見えがちな「みなし残業」制度は要注意です!

日本では、残業をしない人はさぼっている、と思われるような古い体質の会社もたくさんあります。また、社長のワンマン経営だったり同族経営の会社だったりなど、社員の働き方が窮屈になってしまっている会社も多く、根深い問題でもあります。会社によっては、残業をするのは仕事が遅いからだ、というレッテルを貼られてしまうケースもあります。

業職や販売業など、最初から残業が発生するだろうと思われる職種に関しては、実際に残業して働いた時間ではなく、ある程度の残業時間を定めて、それを給料に上乗せすることで残業代とみなす「みなし残業」という制度を取り入れている企業がたくさんあります。残業代が支払われていないわけではないので、一見きちんとした制度に見えますが、現実に残業した時間よりも、みなし残業として支払われる金額が少ないことが多く、また、帰りづらく残業が多くなりがちです。

逆に、IT企業など残業代はきちんとつくけれど残業が横行していてなかなか帰れない業種になると、残業代だけで月給くらいになる仕事もあります。

残業が少ない会社に転職したいなら!転職エージェントに相談

さまざまな事情で残業ができない、自分の時間を大切にしたいから残業はなるべく少ない会社がいいなど、個々の考えはあっても、思うようにいかないのが会社です。古い体質の会社ほど、上司よりも先に帰るのはご法度だったり、会議や打ち合わせが始まる時間がすでに定時を過ぎていたり、今の会社の待遇に不満があると言う人、そしてその体質が変わる見込みがないようなら、思い切って転職を考えてみませんか?

ハローワークの求人票にも「時間外労働月○○時間」と記載されている会社は多く、だいたいの目安にはなりますが、あくまでも企業側からの申告なので、実際の職場の雰囲気や時間外労働の具合はわかりません。また、ハローワークや転職サイトだと、営業や販売など人手不足が常態化している職種の求人が多いので、労働時間が少ない職種とは言えません

転職するためにサポートしてくれる転職支援サービスはたくさんありますが、中でも転職エージェントは質の良い求人が多い傾向があるので利用する価値があります。

登録制で担当者がつくので、手厚いサポートが受けられます。たとえば、面接スケジュールの調整や労働条件の交渉など、1人では難しいことや相談しづらいことにも対応してくれます。特に、仕事をしながらの転職活動ではとても助かります。転職エージェントに属しているプロのキャリアコンサルタントは、企業の採用担当者とのパイプも太く、特定の業界の情報にも精通しているので業界の動向にも詳しくて頼りになります。

プロのキャリアコンサルタントの力と情報力を借りて、今の待遇よりも良い会社への転職にチャレンジしてみませんか?


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング