女の転職@typeの公式ページはこちら

「女の転職@type(アットタイプ)」ってどんなサイト?

転職を検討している女性にぜひおすすめしたい転職サイトが女の転職@typeです。「typeの人材紹介」を運営する会社が運営しています。

実際に女性は結婚や出産といったライフイベントを機に仕事と家庭の両立が難しいことから転職を検討する人が多いイメージがありますが、これはもう昔の話。

現在では結婚や出産と言った機会があっても「これまでに積み上げてきたキャリアを活かして働きたい」と考える人が多く「今の職場では無理」という人におすすめしたいのが「女の転職@type」です。

正社員で働くからには「産休、育休制度」「有給休暇の取りやすさ」「残業の有無」「ママが多く在籍している」などの条件は特に気になりますよね。そして最近では「女性を積極的に採用している企業」も増えてきているとのことです。

女の転職@typeはこのような「こだわり条件」でも求人情報が検索できる、とても使いやすいサイトで人気があります。

「年収診断テスト」など他のサイトにはないサービスもぜひ利用したいですね。

「女の転職@type」はどうやって利用するの?

女の転職@typeは基本的に全てのサービスを無料で利用できます。更にパソコンやスマホのサイトから会員登録することで利用できるサービスが増えます。

会員登録してできること

○履歴書や職務経歴書を保存でき、必要な部分だけを書き換えて応募できる
○応募した企業とのメッセージ交換
○企業からの直接スカウトを受ける
○興味を持った企業の保存
○年収、お仕事診断、適職発見診断テストなど

女の転職@typeは他の転職サイトや転職エージェントにあるような専任のカウンセラーについてもらうサービスはありません。

「中にはアドバイザーの人についてもらうのが嫌だ」と言う人もいて自分で自由に使いたい人もいるはずで、公式サイトに掲載されている情報がかなり豊富なので迷うことはないはずです。

「女の転職@type」の強みは?

女の転職@typeのような女性の求人に特化したサイトはいくつかありますが、これらを様々な点で評価したサイトがあります。

上でも説明したように女の転職@typeのサービスは大変豊富であることから「コンテンツ充実度が1位」で女性にとっては情報量が手厚くて便利です。「今すぐでなくてもいつかは・・・」と検討中の人も利用者が多いです。

ちなみに求人情報のメインは正社員向けのものですが、もちろん少ないながらも派遣やパート、アルバイトの情報も扱っています。

一方で女の転職@typeには現在40万人以上の会員数があり、一見多く思えますが同じランキングで1位の会員数の3分の1程度、つまりライバルが少ないと言えるので、なおさら自分の希望にあった求人情報を見つけることができる可能性が高くなりますね。

希望勤務地によっては情報が少ない可能性もありますので、他のサイトも合わせていくつか登録したいです。

「女の転職@type」を実際に利用した人の口コミは?

女の転職@typeを実際に利用した人から口コミが多く寄せられています。

Good!

○何といっても求人情報の検索の仕方が使いやすくて気に入りました。「産休」「男女比」「時短勤務相談可能」などという検索項目はとてもありがたかったです。

○登録をしてから最初の仕事を紹介してくれるまでの期間や、面接のスケジュール調整などスピーディーに対応していただいたのでとても気持ち良かったです。

Bad!

○九州地方での転職が希望でしたが、首都圏に比べると数が少ない気がしました。

○「35歳以上」で検索してみると「保険の営業」の仕事ばかり。もう少し他の仕事はないの?

女の転職@typeを利用した人の口コミを見ると圧倒的に多いのが「求人情報の検索の仕方が女性のことを考えられていて使いやすい」というものでした。

また公式サイト上の情報量がかなり豊富(“情報量が豊富すぎて公式サイトが「ごちゃごちゃ」している”という口コミもあるほどです)なので転職を検討している人には情報収集をするだけでも役立つはずです。

女性の転職は「女の転職@type」に登録を

一部の転職サイトや転職エージェントでは「関東地方だけ」など地域が限定されている所がありますが、女の転職@typeは自分で求人情報を探す方法なので、基本的に日本全国が対象です。それでも口コミにあるように一部の地域では求人が少なく不満に感じる人がいるでしょう。

自分で求人情報を探すとなかなか希望通りのものが見つけられなかったり、時間がかかってしまうため面倒に感じる人もいますが「スカウトサービス」や「自分と企業の条件がマッチしたときに求人情報をメールで紹介してくれるサービス」もあるため、登録しておいて損はないはずです。

専任のアドバイザーの人についてもらって転職活動を進めていきたい人は他の転職サイトや転職エージェントと一緒に女の転職@typeに登録し、合わせて転職活動をすすめていくことをおすすめします。