dd6b607a6319e360c9b1f2772ceb63d3_s

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング

事務職は、主に女性に人気のある職種で、正社員・派遣社員・嘱託社員・パートなどさまざまな雇用形態で働くことができる仕事です。未経験者歓迎、という会社もあるほか、結婚や出産に伴い退職した場合でも、ある程度子育てが落ち着いたらパートとして社会復帰しようという女性にも人気が高く、競争率も高い仕事です。

こちらでは、事務職としての転職を目指す時に役立つ情報や転職サイトなどについてお話しします。ぜひ参考にしてみてください。

事務職におすすめの転職サイト

事務職に転職を考えているなら、転職サイトやエージェントをうまく活用することが欠かせません。
そこで、おすすめの転職サイト・エージェントをいくつかご紹介します。それぞれのサイトに特色があり、利用者の視点に立ったサービスを展開しています。

それぞれの拠点や強み、コンサルティングの特徴などをまとめてみました。

事務職におすすめ転職サイト・エージェント

  1. Spring転職エージェント(アデコ)

    アデコ

    スイスに本社があり、世界にネットワークを広げるアデコは、日本国内にも約160の拠点を持ち、大都市圏はもちろん、地方で転職を目指す人にも同じようなサービスが受けられるというメリットがあります。もちろん、Uターン・Iターン転職にもスムーズに対応してくれます。専門性の高いコンサルタントには、自分では難しい企業との条件交渉も任せられます。

    人材派遣の分野での国内シェアが大変高く、派遣先の企業からの信頼も得ています。アデコだけにある求人案件も多く、登録しておいて損はない転職サイトといえます。

    Spring転職エージェント(アデコ)の詳細

  2. パソナキャリア

    パソナキャリア

    大手派遣会社として知られるパソナキャリアも、人材派遣会社としては早い段階から転職支援にも力を入れてきたこともあり、転職実績のあるエージェントです。パソナは、特に女性の就職・転職支援に手厚いサポートを向けています。キャリアコンサルタントが、親身になって対応してくれる、という口コミも多く、転職に不安を持っている方にも安心して利用できる印象です。職業紹介優良事業者27社の1社にも認定されている、信頼のおける転職エージェントです。女性のキャリアアップサポート専門のチームもあり、事務職に転職を考えている女性にも頼れる存在です。

    パソナキャリアの主な拠点は、関東・関西・東海ですが、そのほかの地域についても求人情報を取り扱っています。キャリアコンサルタントと直の面談は難しくても、電話やメールでのカウンセリングも可能です。

    パソナキャリアの詳細

  3. リクナビネクスト

    リクナビネクスト

    知名度、求人件数ともに国内ナンバーワンのリクナビネクストは、リクルートが手掛ける転職エージェントとして親しまれています。知名度の高さから、まずリクナビネクストに登録する人も多く、転職活動のスタートにもおすすめです。

    職務経歴などを登録しておけば、希望する条件に合ったスカウトメールが自動的に届くサービスも好評です。自分の市場評価がどのくらいなのか、自分のスキルやキャリアが生かせる仕事はどんなものか、ということを客観的に知ることができる、貴重なツールとなります。それらを参考に、転職活動の進め方を考えることもできるので、ぜひ利用したいサービスです。

    リクナビネクストの詳細

事務職の転職市場動向

事務職の転職市場は、一般的に1月から3月の求人が多い傾向があります。企業の年度末の繁忙期や決算を控え、年度初めに合わせて増員するケースが多いからです。求人数が一番多い時期は、転職できるチャンスも多いので、この時期を逃さないようにしたいものです。

また、事務職の場合、新卒での求人は競争率も高く厳しい環境にあります。IT化も進み、事務職の人数を削減してコストカットしようという流れは依然続いています。人を雇うよりも、システム投資することで長期的なコスト削減につながる、という考えです。

企業は即戦力になるかどうかを重要視しているので、スキルやキャリアを持った事務職が求められています。一般的には転職するには遅いと言われる30代後半から40代にかけてもまだまだチャンスがあります。

しかし、いつの時代も事務職は人気が高い職種です。また、求人倍率は0.2倍程度ととても厳しいことに変わりありません。事務職の中でも一般事務はさらに倍率が高く、他者と差別化を図れるようなスキルや資格などがない限り、正社員として転職するのは難しいことは知っておく必要があります。

事務職の転職成功のポイント

事務職と一言でいっても、一般事務や経理事務をはじめ、貿易事務や営業事務、秘書など実に幅広い職種があります。簿記資格、秘書検定、英語などの外国語能力といったスキルを身につけておくことが転職活動を有利に進められるポイントになります。

そのほかにも、高い競争率の中で事務職に就くことを望むなら、通関士やFPなど、一見事務職とは違う分野に思えるような専門的な資格を取得しておくことも一つの方法です。

「営業がイヤだから」「残業がイヤだから」といった消極的な理由で事務職を目指しているとしたら、現実はそう甘くはありません。事務のプロフェッショナルとしてスキルを磨き続けている人がいることを肝に銘じておきましょう。


転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速で内定ゲット!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング