IT系エンジニアはスキルと実務経験があれば、比較的転職がしやすい業種と言えます。しかし、一口にスキルと言ってもニーズが高いものもあれば、それほどでもないものもあります。こうした違いが、収入水準にも影響を与えることがあります。

そのため、稼げるエンジニアになるために、身に着けるスキルについてしっかりと知っておくことは大事です。キャリアップを上手にしていくために、どのようなキャリアプランを立てて努力をしていったら良いのかをチェックしてみましょう。

ITエンジニアにキャリアプランは必要か?

ITエンジニアの転職においては、5年後また10年後の自分がどんなことをしたいのかを明確にして、少しずつ夢を叶えていくことが大切です。長期的に見れば、目標を達成することはイコール高収入にもつながりますから、キャリアプランをしっかり立ててから転職するかそうでないかは、10年後の成功と失敗の分かれ目になり得ます。

長期的なビジョンを持って行動する大切さは技術者に限ったことではないですが、イノベーションの中心とも言えるIT業界にいる人にとって、戦略的にさまざまなスキルを身につけて視野を広げておくことは、未来へのチャンスにつながります。このITエンジニアの転職活動「お役立ちガイド」をもとに、キャリアプランの立て方をマスターし、ぜひ転職活動を成功していただきたいと思います。

ITエンジニアがキャリアプランを立てるメリット

1.効率的なスキル習得ができる

技術力(テクニカルスキル)はエンジニアのキャリアにおいて最も重要な要素です。テクニカルスキルがないエンジニアは、将来のキャリアアップが難しいと言われています。テクニカルスキルとは、特にサーバーやネットワークなどのインフラ分野の幅広いスキル、AWSやGCPなどのクラウドコンピューティングの知識、さらにはセキュリティ面の知識などを指します。つまり、プログラミング技術以外にさまざまな能力が求められるということです。

将来的にキャリアアップしたいと考えているのであれば、技術を深めるだけではなく、幅広い分野のより多くの技術を習得することが大切と言えます。同じ技術でスキルを極めていくという選択肢もありますが、多くの技術を習得することでキャリアの選択肢を広げることができます。

例えば、ある現場に配属されたとして、多くの言語を扱える技術を身につけていれば、「今開発している言語以外の言語の方が効率的に開発できるのではないか」などの感覚を持てるようになります。そして、現場にどんどん提案をしていくことでよい評価がつき、さらなるキャリアへのステップアップにつながる可能性があります。

2. 収入アップにつながる

キャリアプランの立て方によって、収入が大きく変わる可能性もあります。エンジニアと一口に言ってもさまざまなキャリアがあり、どのようなキャリアプランを考えているかによって、年収にも影響が出ます。もし高い給料を望むのなら平均年収の高いキャリアプランを設定して、それに向かって努力するのが効率的と言えます。

給料が高くなれば、求められる資格や技術のレベルが高くなるのは当然のことです。1つの技術に特化した技術を求められるのか、それともさまざまな技術の幅広い知識が求められるのか、2パターンを予測して、自分がやりたい方に目標を設定しておくとよいでしょう。

3.目標が明確な方が達成しやすい

長期的・中期的な目標を設定しておくと、目標を達成しやすくなるという利点もあります。今後の5年間で何を達成したいか、10年先にはどういう自分でいたいか、というように人生のビジョンを明確にすれば、今の自分がどの位置にいて、目標達成のために何をするべきなのかが見えてきます。

IT分野では日々新しい技術が開発されていますから、目標を持ってできるだけ多くの技術を身に付けていくことで、技術者としてレベルアップするだけでなく、社内外での信頼を得ることにもつながります。

IT系エンジニアのキャリアと年収状況

IT系のエンジニアの場合、一口にエンジニアと言ってもかなり細かいタイプ分けが存在します。大まかに分けても、システム開発やWEB開発系、サーバー系、AI系など業務の目的や利用内容が異なるものがあります。その中でも、さらにプログラムをメインとするもの、デザインを主に行う業務、ハードウエアを特に扱う人など、キャリアプランの違いが生じてきます。

このように、IT系エンジニアと言っても、実際の作業内容や取り扱う分野が異なり、それによって報酬も変わってきます。そのため、年収を重視したキャリアプランを立てたいのであれば、どんな分野でのニーズが高く報酬が高い傾向にあるかを知る必要があります。

収入面では、正社員というくくりで見ると、全国平均の年収は470万円超となっています。パートタイムやアルバイトなどの非正規労働者も合わせた平均年収でみると、410万円です。一方で、プログラマーの年収はこの平均よりも高い水準で推移しています。

プログラマー全体の平均ということで確認してみると、560万円超となっています。全体の平均収入と比べると、数割も高い水準ですのでIT系エンジニアの報酬レベルは高いものであることが分かります。さらに取り扱っているプログラミング言語によっては、さらに高い平均年収となります。たとえば、Pythonnoのエンジニアの倍は570万円が平均収入となっています。

ITエンジニアのキャリアプランの考え方

ITエンジニアのキャリアプランを立てる際には、ITエンジニアの仕事内容を細分化して考え、活躍したい仕事分野に絞ってプランを立てるのがおすすめです。需要の高い分野を4つ、順に取り上げていきますので、プランを立てる際の参考にしてください。

1.システムエンジニア

需要が伸びている分野を予想して、そこに努力を傾けたしたとしても、不測の事態によって市場の状況は変化することがあります。長くIT業界で働くためには、自分が興味を持っている業界や分野に絞った方が良いでしょう。システムエンジニアは働く業種によっても業務内容が違ってくることがあるので、どのような仕事をしていきたいと思っているか、ビジョンを思い描いておくことも助けになります。

システムエンジニアはプログラマーと顧客間の意思疎通を担う機会も多いですし、コミュニケーション能力を伸ばす努力も無駄にはなりません。このように、システムエンジニアのキャリアプランは、数年後の自分の姿をいかに想像できるかが鍵になります。

2.プログラマー

プログラマーは実力が大切なため、未経験でも技術があれば比較的転職しやすいでしょう。とは言え、プログラマーとして成功するためには、プログラマーという仕事の分野をしっかりと理解した上で、キャリアプランを立てる必要があります。

需要が高く、他の分野の仕事と比べると転職しやすいと言われますが、それでも日々新しい技術が出てくる業界ですから、常に新しい技術を学び身につけると同時に、次は何が出てくるかを先読みする力も求められます。

プログラマーとして何をしたいのか、どんなことを成し遂げたいのかはっきりしないまま、安易にプログラマーのキャリアに関わるのは効率的ではありません。自分の中でまずはキャリアプランを持つことで、ブレないプログラマー人生を歩むことが可能になります。

3.サーバーエンジニア

サーバーエンジニアという技術職の需要も高いです。サーバーエンジニアは、サーバー構築の仕事とメンテナンスの仕事に分けることができます。どちらを選ぶかによって、経験しておくべきことや持っておくべき知識が違ってきますから、キャリアプランを考える時に注意が必要です。

サーバーにも様々な種類があり、目的によってOSやセキュリティ面での対策も変わってきます。そのため、転職する前に、自分がサーバーエンジニアの世界で具体的にどんな方向に進みたいか、長期的なビジョンを持っておくようにしましょう。

4.ネットワークエンジニア

企業のIT化がますます定着していく中で、ネットワークエンジニアの求人は需要が高いと言われている職種です。社員1人1人のパソコンをネットワークに接続し、サーバーにアクセスするということは当たり前で、もはや企業にとって社内のネットワークは日常業務に欠かせないものです。

ネットワークに接続しなければできない仕事も多く、その点で各会社や企業におけるネットワークエンジニアの責任はますます大きくなっています。企業ごとにネットワークのニーズはそれぞれ違いますから、実際の設計にはクライアントの要望を反映させる必要があり、どのようなネットワークが有益で、会社にどんなメリットがあるのかを説明したり、ニーズをヒアリングしたりすることもネットワークエンジニアの仕事です。

また、ネットワークにトラブルは付きものですから、トラブルシューティング能力、専門知識を持たないクライアントに問題をわかりやすく伝える能力も求められます。クラウドの利用は今後も拡大していくでしょうから、キャリア計画にはクラウド関係にも対応できるネットワークエンジニアになるという目標を含めておくと、長期的に仕事を安定して続ける上で助けになります。

フリーのITエンジニアとして独立も1つの選択肢

このように、ITエンジニアとして転職に成功するには、キャリアプランは長期的なビジョンで考えることが大切ということでした。とは言え、キャリアプランの先の選択肢として、「フリーランス」「独立」という道を思いに留めておくことも忘れないようにしましょう。

自分が必要とする技術を習得する意味で、転職することにはメリットがありますが、最近ではさまざまな技術を習得した能力のあるエンジニアが、独立して新たにビジネスを立ち上げて成功するケースがたくさんあります。キャリアプランを立てる際には、ぜひ将来的な独立の可能性についても考慮してみましょう。

フリーランス向けのリモートワーク専門のリモートビズ

リモートで働くエンジニア、デザイナー等のリモートワーク専門のエージェントです。週2,3日、土日のみ、副業、時短などの自由な働き方にマッチした求人が豊富です。しかも案件はほとんど全てが直案件なので、報酬も高めの設定です。

IT専門のコンサルタントが定期的にリモート案件を紹介してくれるので、ブランクが開くこともなく継続でき、子育てや介護と仕事の両立や海外、地方・リゾートでの生活、ライフワークバランスを考えた働き方をサポートしてくれます。

業務委託中心ですが、正社員・契約社員などの案件もあります。無料のオンラインサロンあり
※25〜40歳までのPHP、Ruby、Python、Java、Swiftなどのプログラム言語の実務経験3年以上のエンジニアのみの受付となります。

リモートビズへ無料登録

レバテックフリーランス

登録したフリーランス・個人事業主のエンジニア、デザイナーに、Web系を中心とした案件情報を提供しています。スキルに合わせたプロジェクト案件の派遣・参画やについて、プロのコーディネィターがしっかり相談に乗ってくれます。
特に関東・中京・大阪・福岡圏を中心とした勤務地の案件が豊富で、無料の個別相談会も実施しています。

レバテックフリーランスへ無料登録

フリーエンジニア高額案件多数【ギークスジョブ】

日本最大級のITフリーランス専門エージェント「ギークスジョブ」は、業界実績15年以上、登録エンジニア数16,000名以上、毎年1万件以上の成約を誇る、フリーランスエンジニアのための常駐型案件『週5日』『現場常駐型』がメインの転職エージェントです。

「スキル」「ポジション」「エリア」+リモート可能案件や半常駐可能案件のこだわり案件も検索が可能です。

単発的な案件の紹介ではなく、将来のキャリアプランを考え一生涯付き合えるビジネスパートナー的にな存在で15年以上のノウハウを元にした、フリーランスエンジニアの不安や疑問を解消するトータルサポートにも定評があります。

『市場価値診断』『キャリアアップ事例集』福利厚生サービス『フリノベ』など使えるコンテンツも充実しています。フリーランスのための会計処理・確定申告やヘルスケアサポート健康診断、スキルアップにオンラインセミナーもサポートしています。

支払いサイト25日、副業支援、プログラミング講師職・WEBライター職など特別支援中
※20代〜40代のエンジニア経験2〜3年以上 全国対応(関東、関西、福岡、愛知がメイン)です。

ギークスジョブへ無料登録

稼げないキャリアプランと稼げるキャリアプランの違いはどこにある?

ITエンジニアは他の業種と比較すると平均的に年収水準が高いです。しかし、同じエンジニアの世界で比べてみると、高い給料をもらっている人もいれば、かなり低い年収となっている人がいるのも事実です。その差はかなり大きく、年収1,000万円超えをするケースもあれば、300万円くらいの報酬しかない求人もあります。

稼げないエンジニアと稼ぐエンジニアの違いはどこにあるかということを知りキャリアプランを考え、より自分の能力を評価してもらえるような職に就くことは大事です。まず、単純な話として正規雇用か非正規雇用かというのは大きな差となります。プログラマーの中には、派遣社員やアルバイトでの雇用となっているケースが多く見られます。

時給で換算すると高い水準となっていることもありますが、昇給やボーナスがないため、トータルで見ると正社員には敵わないということがほとんどです。福利厚生が十分に受けられないことや、長期間に亘る雇用が保証されないということも加味すると、やはり非正規雇用はリスクが大きいと言えるでしょう。

また、扱う技術が違いをもたらすことも多いです。前述のように、プログラマーの場合は扱うプログラミング言語によって差が出てきます。汎用性の高いC言語は、多くの人が使えるということもあって年収水準は520万円です。一方で、Go言語が使えるエンジニアの場合は600万円の大台に乗ります。

このように、年収を上げていくキャリアプランには、ニーズが高いというだけでなく扱えるエンジニアが少ない技術を手がけるということが大事になってきます。そして、技術レベル・スキルの習得と経験も、稼げないエンジニアと稼げるエンジニアのキャリアプラン違いに関係してきます。

ITエンジニアは、よりスピーディーかつクライアントに要望に合った作業ができるかによって、企業からの評価は大きく変わってきます。高い評価を受ければ、それだけ大きなプロジェクトに携われるようになります。こうした実績は転職をする時、プロジェクトごとの契約時などに、高い年収提示という結果につながってきます。

さらに、チーム内での立場というのも大事なポイントです。一スタッフとして与えられた作業をこなしていくだけのエンジニアよりも、マネージャーなどの管理的な立場にいる人の方が提示される年収は高くなります。もちろん、こうしたポジションを得るためには総合的なスキルや経験が求められます。

しかし、将来的にマネジメントができる仕事をしたいというキャリアプランを立ててスキル磨きをするか、単に与えられた仕事をするだけで満足するかによって、その後の評価が変わってきます。やはり稼げるエンジニアというのは、単に毎日の仕事をこなすだけでなく、キャリアプランを考えて常に技術や知識の向上を図っているものなのです。

どこに勤めるかというのも、エンジニアの年収を大きく変えるものとなります。ほぼ同じような作業をしているとしても、企業規模が大きなところに勤めているエンジニアは年収水準が高い傾向にあります。大手のIT企業などは最新のスキルを持つエンジニアであれば、新卒でも1,000万円を超える年収を提示していることがあります。

中小企業と大企業の収入格差が大きな業界でもありますので、稼ぎたいと思ったらできるだけ大きな企業を狙うのは重要なことなのです。もちろん、そのためにはしっかりとしたキャリアプランと技術力を持っていないといけません。

ITエンジニアが収入を上げるために役立つスキルとは?

稼げないエンジニアと稼げるエンジニアの違いを見ても分かるように、どんな技術を持つかによって年収が変わることがあります。プログラマーであれば、プログラミング言語によって平均年収が異なります。そのため、収入が高い技術スキルはどれか?ということを事前にチェックして、それを習得するように努力することが大事です。

こうした業務のベースとなる基本スキルとは別に、持っていると役立つものはいくつもあります。その一つはマネジメントスキルです。一エンジニアとして働くよりも、チームを率いてプロジェクトをまとめられる管理者の方が収入は高くなります。

管理者は単に技術があれば良いというわけではなく、全体の工程を俯瞰して調整していく能力や、部下を指揮したり励ましたりするスキルが必要です。チームをしっかりと管理してプロジェクトの効率を上げられる能力を持っている人材は、どこに行っても重宝されます。

また、言語スキルも収入を上げるために役立つことがあります。というのも、特にIT系の企業で見られることですが、今は優秀な人材であれば国籍に関係なく採用をする傾向が強くなっています。そのため、仲間とのコミュニケーションを取るのに言語能力はとても大事になっています。

また、海外との取引も非常に多くなっていますので、業務をする上でも外国語が話せると仕事の幅が広がります。英語を基本として、中国語などのニーズが高くなっていて、本来業務に必要な技術にプラスして言語ができると高い評価を受けられます。

”年収が上がる”キャリアプランを計画し転職をしよう!

エンジニアはスキルと実績があれば、年収を上げる転職がしやすいです。転職と言うと、今の職場に不満があるといったマイナスのイメージを持つ人も多いですが、手に職を持つエンジニアであれば積極的な転職を検討することは重要です。

自分の能力を高く評価してくれて、年収を始めとする雇用条件を高く提示してくれる企業を見つけることで、より満足感の持てる仕事ができるのです。

効率よく”年収が上がる”キャリアプランを構築するには、IT領域専門の転職エージェントに相談することが一番だと思います。IT業界・技術トレンドにも詳しい優秀なキャリアコンサルタントのサポートが非常に頼りになります。長期的なキャリアプランを考えて、5年後、10年後、40代や50代での人生設計も踏まえて、転職先を検討していきましょう。

業界に精通したITエンジニア専用の転職エージェントを紹介します。キャリアプランを考えているITエンジニアの方は、ぜひ参考にしてみてください。タイムリーな情報収集や条件比較のためにも、登録する転職サイトは、大手2〜3社プラス自分のスタイルに合った中小のサイト、といった形の複数登録をおすすめします。ライバルが躊躇している今がチャンスです。

ITエンジニアのサポートに強い転職エージェントランキング

  1. 最大手リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    転職成功実績No.1の国内最大手、総合型の巨大転職エージェントです。
    IT転職に専門特化した転職エージェントではありませんが、メジャーなリクルートブランドからの知名度で、圧倒的な数の求人案件があります。
    IT業界の非公開求人案件も、とにかく大量に保有していますので、20〜30代のITエンジニアなら初回の登録面談時からボリュームある求人案件の紹介が受けられるでしょう。
    豊富な求人数は選択の余地にもつながり、より良い転職活動には欠かせないポイントですね。最新IT事情に精通したキャリアアドバイザーの履歴書や職務経歴書のまとめ方など書類添削やWEB面接対策も実践的です、転職イベント・企業セミナーなど無料セミナーも充実しています。拠点も全国主要都市に16箇所あり全国を網羅しており、土日の相談も可能、オンライン面談に対応しています。

    リクルートエージェントへ無料登録

  2. doda IT転職エージェントサービス

    doda
    日本最大級のスケールを誇る転職エージェントです。求人情報(非公開含む)が約10万件で、給与水準が高いハイクラス求人も充実しています。他の転職エージェントでは見つけられない希少性に高い求人を見つけることもできます。

    dodaには、IT・Webエンジニアに精通したキャリアアドバイザーが在籍し、的確なアドバイスで事前にミスマッチを防いでくれます。人気の高い、社内SEの求人も充実しています。

    またスカウトを受けたり、適性検査を受けたり、求人検索以外にもIT業界向けの転職成功ガイドが充実していて、自分の市場価値や企業の内情など、レアな情報収集にも役立ちます。

    求人は全国対応で拠点も全国にあり、Uターン・Iターン転職にも役立ちます。

    dodaへ無料登録

  3. レバテックキャリア

    レバテックキャリア

    IT業界に専門特化した、100%エンジニア向けを称する、IT・WEBエンジニアやクリエイター専門の転職エージェントです。
    IT専門と名乗るだけあり、キャリア・アドバイザーがエンジニアのスキルに対する話も早く、理解度も高いのが特徴です。プログラミング言語やデザインツールの専門知識などについても、日々キャッチアップし情報収集しているため造詣が深いのですね。
    IT業界の求人動向にも詳しく、クライアント企業の社風や環境などの詳細情報に精通しています。登録しているITエンジニアのスキルだけでなく、人柄部分の相性とのマッチングにも定評があり、選考通過率が高いだけでなく、転職した後の満足度も高いと評判です。

    レバテックキャリアへ無料登録

  4. ハイスキルなIT転職はレバテックエキスパート

    レバテックエキスパート

    エンジニアのハイクラス転職に特化したエージェントで、IT系研究職の人にもおすすめです。公開求人はレバテックキャリアから閲覧できます。

    保有求人の多くが非公開求人なので、年収アップできる転職先が見つかる可能性があります。

    レバテックエキスパートへ無料登録

  5. ITエンジニアの失敗しない転職は、メイテックネクストIT

    メイテックネクスト

    製造系エンジニアの求人に強いメイテックのエンジニア専門の転職サポートがメイテックネクストです。メイテックネクストは、多数の取引実績があるため、公にはされていない各企業の内々の最新情報や求める人材などを把握しています。

    求人の80%が非公開求人で、メイテックネクストだけの独占求人も豊富です。企業側にも「エンジニアの中途採用はメイテックネクスト」と認識されているので、エンジニアの求人が集まりやすいです。

    転職支援コンサルタントは、その半数以上がメーカーの技術系分野出身でSIer、通信会社からメーカーまで幅広くIT領域豊富な知識を持って技術者が求めるニーズを理解したうえでの転職サポートをしてくれます。
    土・日・祝日でも夜20時以降でも対応してくれます。

    メイテックネクストITへ無料登録

  6. Tech Stars Agent

    Tech Stars Agent

    Branding Engineerが運営する、IT系・WEB・ゲーム業界に特化した転職サイトです。東京都+千葉・埼玉・神奈川に対応で非公開・独占求人を豊富に保有しています。グループサイトの連携により多彩なお仕事から独立支援サービスまで一人ひとりにあった働き方を優先した転職をサポートし圧倒的に低い就職後の離職率を実現しています。

    コンサルタント全員がエンジニア経験や転職/独立支援の豊富な実績があり、キャリアが浅い人に対しても親身で丁寧に、オーダーメイド型カウンセリング+書類添削や面接対策もしっかりサポートしてくれます。

    先のキャリアを見据えた提案型の企業を紹介しています。今よりもっと自分らしいワークライフバランスできる働き方を見つけたい方は、ぜひ登録してみてください。

    ※20代〜40代の東京都+千葉・埼玉・神奈川にお住まいのエンジニア経験者が対象で、オンライン面談に対応しています。

    Tech Stars Agentへ無料登録

  7. 2週間で社内SE転職ナビ

    客先常駐がない社内SEを目指すエンジニアの最適なキャリア形成をサポートする「社内SE転職ナビ」は、口コミや友人の紹介という形での登録が多く、ITエンジニアからの信頼度が高い転職エージェントです。

    ライフワークバランスを実現したい、遠方派遣や1人常駐をしたくない、キャリア・スキルアップしたい方へ
    IT/WEB業界はもちろん、一般の事業会社での社内SEやシステム開発職へ転職をしようと思っている人におすすめです。※20歳〜45歳未満で、関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)と関西(大阪・京都)に転職希望の方のみとなります。

    社内SE転職ナビへ無料登録

  8. type転職エージェント

    type転職エージェント

    一都三県のIT・Web業界に特化した転職エージェントです。数は多くないものの、Webデザイナーの高収入非公開求人も保有しています。

    対象年齢は20〜30代の一都三県在住で、どちらかというと経歴に自信がない人におすすめです。

    type転職エージェントへ無料登録

  9. UZUZ理系

    UZUZ理系

    UZUZの理系出身の専門就職・転職サポートです。絶対にブラック企業を避けたいという人には、ウズキャリがおすすめです。離職率、労働時間、社会保険、雇用形態などの独自の基準を設け、実際に企業を訪問し、基準を満たしていると確認できた企業のみを取り扱っています。

    独自のブラック企業データベースを保有していますので、ブラック企業を高確率で避けることができます。そのため、就職後の定着率は93%以上という高い水準を保っています。ウズキャリの特徴は何と言っても手厚いサポートです。一人にかけるサポートの時間は月に20時間ほどで、これは他社の10倍にもなるそうです。個人に合わせたサポートを希望する人におすすめのエージェントです。

    就職支援実績、35,000人以上、書類通過率87%超えで内定率86%以上、企業毎にカスタマイズされた面接対策を無制限に受けることもできます。

    ※理系(情報・電気電子・機械)出身の29歳以下におすすめです。(高卒・未経験もOKです)

    UZUZ理系へ無料登録

  10. 若手の転職はマイナビIT AGENT

    マイナビIT AGENT

    IT、Web、エンジニア、マーケティング、コンサルタントなどの業種や職種に強い転職エージェントです。新卒時にも利用する人が多いマイナビが運営していて、20〜30代のITエンジニアの支援に特化しています。
    マイナビエージェントとは違って、エンジニア専門のキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、業界内の事情に精通しています。業界ならではの悩みへの相談や、こだわり条件への対応もしてくれます。
    大手企業からベンチャー企業まで幅広く取り扱っていて、人事との繋がりも深いので、配属先についての情報や労働環境などの詳しい情報も事前に知ることができます。

    マイナビIT AGENTへ無料登録