転職サイトのスカウト機能は、サイトに登録するだけで企業からのオファーが受けられるサービスです。しかし、スカウトを送ってくる企業の質が低かったり、希望した条件とあわないなどの理由で、この機能に疑問を感じている人もいます。

ここでは、スカウトメールの実態を2chの投稿から調べスカウトメールの仕組み代表的な転職サイトのスカウト機能について解説します。さらに、スカウト機能に疑問を感じた時の対処法も紹介します。

怪しい企業ばかりの理由は?転職サイトのスカウト機能の仕組み

転職サイトのスカウトに関する評判を2chで調査

エン転職のスカウトに関する口コミ

エン転職

13:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/04/04(月) 17:46:32.934 ID:pyB1r8+N00404.net
飛び込み営業とか、社員が定着しない会社がスカウトしてるから騙されてはいけない

951:無しさん@引く手あまた:2017/11/06(月) 15:06:32.70 ID:qH7YquP40.net
エン転職どうのっていうかエン転職を通してオファー送ってくる企業の中にクソが過分に混じっている
転職サイトの中でも敷居の低いサイトだから余計にね
エン転職自体は参考動画みたいなのが全く参考にならないってのが気になるくらい

66:名無しさん@引く手あまた:2016/10/07(金) 14:26:37.32 ID:byC3qVbG0.net
昨日他の転職サイトでお祈りくらった会社からスカウト来て思わず苦笑い
応募したろかw

リクナビネクストのスカウトに関する口コミ

リクナビネクスト

770:名無しさん@引く手あまた:2017/09/13(水) 17:06:34.84 ID:GRBKP85Ma.net
リクナビネクストからオープンオファー来たと思って見たら、
専門学校、短大、大学卒業以上の人材を求めてる求人だった

自分、高卒なんだが
なにを見てオファーかけたんだろ
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/govexam/1503658847/245-
245 :受験番号774:2017/08/26(土) 08:31:30.60 ID:mMQ33D8g.net[1/2]
人生終わった。もうすぐ28の高齢でブランク一年、今年全滅。リクナビネクストのオファーもブラックばかり終わったな

98:名無しオンライン:2017/06/10(土) 10:53:43.20 ID:2L+RKDA9M.net
リクナビネクストのプライベートオファーって使い捨ての求人?(‘_’`)

マイナビ転職のスカウトに関する口コミ

マイナビ転職

467:名無しさん@引く手あまた:2017/09/23(土) 22:06:09.41 ID:PSaacaZ80.net
株式会社ジェットシステム とかいう会社からマイナビ転職経由でスカウトメールが執拗に届き、
気軽な気持ちで採用面接へ行ったら内定通知が届いたんだけど、転職評判サイトへ散々 酷評されている
投稿が多いし、如何しようか苦悩中で、まだ採用面接終了して採否結果連絡が来ていない会社が数社あるし・・・。

166:名無しさん@引く手あまた (オイコラミネオ MMeb-DEJT):2017/06/13(火) 16:23:35.71 ID:uHNfgav0M.net[1/2]
マイナビ転職に登録してるんだけど、スカウトしてきたから応募したら、御断りメールくるんだけど
だったら最初からスカウトしなきゃいいのに、なんなんだろ。

289:就職戦線異状名無しさん:2017/04/12(水) 22:38:46.45 ID:1W2PWrAF.net
マイナビ転職のスカウトメールきて面白そうやから受けて調べたらブラックやった
やっぱマイナビ転職のスカウトはあかんか
転職サイト1番どこがええの

スカウト機能はブラック企業の宣伝材料

ブラック企業がスカウトメールを利用するワケ

口コミを見ても分かるように、スカウトメールを送ってくる企業の中にはブラック企業も紛れ込んでいます
ブラック企業は労働環境の悪さゆえに常に人手不足なので、なんとかして人を集めようとスカウトメールを企業の宣伝目的として利用しています。

一斉送信メールは要注意

とにかく人員を確保したいブラック企業は、条件一致のスカウト機能で絞り込みをせずに、多くの求職者にスカウトメールを一斉送信しています。
そのため、過去にその企業に辞退の返信をしているにも関わらず、再度スカウトメールが届くケースも多いです。

企業側にも求職者側にも便利なはずのスカウト機能の仕組み、どうなってるの?

条件一致で送るパターン

企業から送られてくるスカウトメールの中には、転職サイトが自動的に判断して、メールを送信しているケースがあります。
転職サイト側で、登録してある年齢・希望職種・経歴などの項目をチェックし、企業が欲しがっている人材像にマッチしていると判断した人に、あらかじめ用意されている文面のスカウトメールを送る仕組みになっています。

この場合、企業の判断でオファーを受けているわけではないので、実際にその企業に応募してみると、いきなり書類選考で落とされることもかなりの確率であります。
利用者にとって、不満の残る結果になりやすいパターンのスカウトです。

求職者を吟味したいから送るパターン

条件一致の一斉メールよりもきちんと登録者のプロフィールをみて、スカウトが送信されるケースもあります。
企業に必要な人材かどうかを見極めるために、ある一定の条件を満たしている人にオファーがくる仕組みです。

この場合もオファーが出された人に対する優遇措置は特になく、通常の応募者と同じ選考を受けます。企業によっては、他の応募者と比較検討するために、応募しても放置するサイレント対応をしてくることもあります。
利用者にとって有利なことばかりではないパターンのスカウト方法です。

必要人材に送るパターン

転職サイトの送ってくるスカウトの中には、企業側にとって必要と判断された人にだけ送られるスカウトもあります。
企業がこの人を採用したいという意向で送るオファーなので、受ける人に書類選考免除や面接免除などの優遇措置が設けられることがあります。

このタイプのスカウトは、オファーを受けて選考に進んだ場合内定をもらえる確率が高く、転職希望者にとって受けるメリットの大きいスカウトです。

このように、転職サイトのスカウトメールの種類によって、応募者に対する企業の姿勢が大きく異なります。登録しているサイトのスカウトの仕組みをサイト内を調べ、内容の違いを把握しておくことがおすすめです。

代表的な転職サイトのスカウト機能

エン転職

エン転職

エン転職はWEB履歴書を登録し公開することで、企業からスカウトを受けることができます。自分でスカウト・オファー機能をつかうかどうか選択できるシステムになっています。公開する履歴書では勤務中の会社名非公開の機能があるので、プライバシーを保つことができます。

エン転職のスカウトは、「特典が付くこともある企業からのスカウト」・「転職エージェントからのスカウト」・「条件があう企業を紹介するオファー」の3種類に分かれています。スカウトに特典がついた場合はその内容に種類があり、書類選考なし、一次面接免除、一次・二次面接免除、いきなり役員面接、いきなり社長面接、となっており、届いたメールで自分の特典の内容を確認できます

エン転職については、離職率が高く評判の良くない企業からのオファーがくることがあるという口コミがありました。

リクナビネクスト

リクナビネクスト

リクナビネクストでは匿名レジュメを公開し、オファーの設定をONにすると、企業からスカウトを受けることができます。オファーを受けたくない企業をブロックする機能があります。スカウトは次の3種類あります。

オープンオファー
企業が設定した検索条件にあった場合に送られる。内容は求人情報や説明会の案内。

興味通知オファー
登録した条件に興味を持った企業から送られ、興味があると返信をすると企業から面接等の案内が届く可能性が高くなる。

プライベートオファー
登録した職務経歴やスキルの内容を見て企業やエージェントが送り、書類選考が免除される。

リクナビネクストは求人数が多く国内最大級の転職サイトですが、スカウト機能の利用者からは、オファーしてくる企業がこちらの条件とあっていない、ブラック企業ばかりからオファーが来るなどという口コミがありました。

マイナビ転職

マイナビ転職

マイナビ転職ではスカウトサービスに登録するとスカウト機能が利用できます。スカウトを受け取った人のみが閲覧できる、スカウト限定求人があります。スカウトは、次の4種類です。

プレミアムスカウト
WEB履歴書をみた採用担当者が応募して欲しい人材に送信される。年収金額の保証などスカウトを受け取った人限定のプレミアム特典がある。

スカウト
WEB履歴書をみた採用担当者が興味を持ち、応募してほしい人材に送信される。書類選考免除や一次面接免除、面接交通費支給などのスカウト特典がある。

マッチングメール
WEB履歴書をみた採用担当者が興味を持ち、条件があう人材に送信される。

求人のご案内
職種や希望と、企業の求める条件がマッチした場合に送信される。

マイナビのスカウト機能の利用者からは、スカウトを送ってきた企業に書類審査で落とされた、スカウトしてきた企業を調べたら、ブラック企業だったなどの口コミがありました。

スカウトとオファーって何が違うの?

スカウトメール

スカウトメールとは、企業がメールを送った人にぜひ応募してもらいたいという意向を示す内容になっています。オファーメールよりも、採用過程で優遇される可能性が高くなります

オファーメール

一方オファーメールは、メールを送った人にもし興味があれば応募してください、という意図で送られています。企業の宣伝の意味合いが強く、スカウトメールよりもより多くの人に送られる傾向があります。

転職サイトによってスカウトやオファーといった呼び名は異なり、内容はほぼ同じで言い方が違うということがあります。

そもそも優良企業はスカウト機能を利用していない?

優良企業は黙っていても応募が集まる

ネームバリューがある企業であれば、求人を出すだけで応募が集まります。人気があって知名度が高ければ高いほどその傾向にあり、スカウト機能を使わなくても応募者の中から企業が欲しい人材を選ぶことができます。
そのため、みんなが憧れるような大手企業や優良企業はスカウト機能を利用することはほとんどありません

転職サイトの公開求人はワケあり企業の可能性あり

いつでも求人募集している企業

転職サイトの求人で気を付けなければいけないのは、いつも求人を出している企業です。いつも求人を出しているということは、常に人手不足=離職率が高いということになります。
よく求人が出ている企業や、求人の多い業界・業種はしっかりと内容を確認してから応募するようにしましょう。

未経験者歓迎の求人の罠

転職サイトでよく見る「未経験者歓迎」の求人にも注意が必要です。新しい分野で働きたいと考えている人には嬉しい条件ですが、逆に考えると誰にでもできる仕事だという意味になります。
きちんと教育制度が整っている企業であれば問題ありませんが、そうでない場合は人員を集めたいだけで給料が安い可能性もあります。
また、未経験でも年収1,000万円可能のような求人も、過酷な労働を強いられるブラック企業かもしれないので、しっかりと企業研究をするのがおすすめです。

優良企業の多くは非公開求人

優良企業は転職サイトのスカウト機能を利用しないばかりか、転職サイトに求人自体載せていないことが多いです。それは、転職サイトの求人公開がオープンになっているからです。
求人を出せば多くの応募が集まる優良企業は、誰でも見ることができる求人を載せてしまうと、採用担当者が応募者の対応に追われるだけでなく、書類審査、メッセージに対する返信、面接の時間調整などは時間も費用も多く発生します。

そのため、ある程度応募者を絞りたい企業は経歴やスキルなどがマッチする人材を効率的に集めるために、非公開求人という方法を選ぶことが多いです。

非公開求人に応募するには

優良企業が利用している非公開求人は、主に転職エージェントが保有しています。
転職エージェントは、企業に応募する前に転職を希望する人の経歴やスキルによって人材を絞ります。担当のコンサルタントがキャリア相談に乗り、こちらの条件をヒアリングして希望にあった条件の企業を紹介してくれます。そのため、求職者にとっても紹介企業とのマッチング率が高く、企業選びに失敗する可能性も低くなります。

ブラック企業からの度重なるメールや、条件が合わない中小企業からのオファーにうんざりしている場合は、転職エージェントへの登録をおすすめします。

優良な非公開求人が多いリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界ナンバーワンの求人数で、非公開求人の質が高いです。登録者が多いので転職実績が豊富な転職エージェントが担当につき、最初の面談で転職したい企業の条件について詳しく聞かれます。その後の求人紹介はその条件に沿ったものに絞られていますので、待遇や仕事内容に関するミスマッチがほとんど発生しません

リクルートエージェント公式サイト

登録したけどスカウトがさっぱり来ない。そんなときに見直すポイント

自分が登録したレジュメに問題はないか見直してみる

レジュメ(履歴書、職務経歴書)はあなたの人生であり顔である

登録したもののスカウトが来ない場合は、企業があなたに対して興味が無い、求人に応募してほしいと思ってもらえていないからです。スカウトが来るまでに期間が開いている場合は、レジュメなどを見直してみましょう。

プロフィールや履歴書、職務経歴書は、入力する内容次第で転職の合否が決まるといっても過言ではありません。しっかりと自分のことを理解してもらえるように作成しましょう。
個人情報に触れない程度に経歴や業種などを記載し、経歴やプロジェクトなどについても細かく記入するのがおすすめです。

気になる企業をリサーチし、自分の経歴とすり合わせていこう

自分がどの企業に応募するのか決まったら、その企業に合わせてレジュメや経歴などの文章を書きなおしましょう自分がしてきたことの中で応募したいと考える企業に合致するように記載します。

業務内容と今までの経歴などが相手の企業に対し役立つものであること活かせることなどを意識します。自分がその企業に必要とされる人間であることをアピールします。

他の誰にでもできることを、そのまま記載しても担当者の目には止まりません。自分らしさ、自分を選ぶべきだと感じて貰えるように相手の企業についてもしっかりリサーチします。

「検討リスト」などを活用しよう

転職活動をする中で大切なのは、どんなに情報を得たとしても働くのは1社だけということです。たくさんの情報を得れば得るほど整理するのに時間を取られます。
転職サイトの中には、検討リストという形で応募前に検討していることを企業側にアピールする機能があります。

上手に活用することで、個人情報を除いたあなたのデータを企業に見て貰える可能性があるのです。
検討リストを使うことで、あなたのデータを見た企業側からスカウトなどのアプローチが来ることも十分に考えられます。

企業側のDMスカウトメッセージのような使い方はNGですが、気になる、応募してみようと感じた企業に対しては積極的に検討リストの機能を使うことをおすすめします。

機能的にも充実し、検討リストなどの機能も充実した転職サイトをご紹介します。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職を考えた時にまず登録して間違いのないサイトです。豊富な情報量とともに充実した機能があり、スマホでも閲覧できることから多くの転職者のお助けサイトとなっています。

リクナビNEXT公式サイト

転職サイト@type

転職サイト@type

Yahoo!やFacebookなどのアカウントでも登録することが可能であり、気軽に素早く使い始めることができます転職についてのノウハウ記事なども充実しているサイトです。

転職サイト@type公式サイト

スカウトが来たから応募したのに不採用になったんだが?

スカウトメールがDMもどきのものなら、不採用はよくあること

①誰にでも受け取れるようなスカウトメッセージの場合

企業からすれば転職者がプロフィールやレジュメ・履歴書などに不足があったとしても数が欲しい場合があります。
大多数の人間にDMとしてアプローチとしてスカウトをする企業は少なくありません。

しかし、いわば適当に送っているのと変わりないので、コミュニケーションを取ったり、しっかりと作りこんだ履歴書を送ったりしても不採用になってしまいます。

②レジュメ・履歴書やプロフィールに触れているメッセージの場合

あなたの入力したデータを見てスカウトメッセージを送ってきた企業であれば、少なくとも興味を持ってくれたということがわかります。不特定多数に送っているDMと違い、アクションを起こすことで①のパターンよりは採用の確立は上がります

※注意点は、他の転職サイトなどの誘導である可能性であることです。転職市場は規模が大きく、アフィリエイトなども含めて人やデータの収集を行っていることもあります。

自分で大丈夫かな?と感じた場合でも他のところに登録しなければならないようなスカウトは避けるようにしましょう。

「スカウト」として来たメールをきちんと見分けることが重要

企業は求人を転職サイトに掲載するのに費用が発生しています。いつまでも求人を載せるのは企業に取ってはなるべく出しなくない出費です。そのため、企業は早く人材を確保しようとDMやスカウトを利用するのです。

優良企業でも経費節減したい

企業としては、経費を減らすためにもスカウトや甘い文言で人員を集めたい。常識的な企業であっても、いつまでも掲載したままでお金が出ていくのは避けたいところです。
スカウトに関しても①と②を見分けて、自分にプラスとなる優良求人と判断できるスカウトには積極的に応募するようにしましょう。

DMで不採用になっても気にしない

誰宛てに送っているのかわからないようなスカウトで不採用となることがあっても、気にすることはありません。ダメ元で大多数に送っているような企業は、ブロック機能などを使って次は届かないようにするといった対処も必要となります。

各社のスカウトメールサービスの呼称で見分ける

スカウトメールの違いを知っておくことで、DMと勘違いして良いスカウトを放置してしまうことを防ぎます。

採用確率が高い優先順位は、③から①といった流れです。見逃すことのないようにチェックしておきましょう。

① 条件に合致した人に自動で送られてくるもの

・リクナビNEXT⇒オープンオファー
・@type転職⇒関心お知らせメール
・マイナビ転職⇒求人のご案内
・en転職(エンジャパン)⇒オファー
・ビズリーチ⇒求人案内

② 選考にかけられる前提で送られてくるもの

・リクナビNEXT⇒興味通知オファー
・@type転職⇒オファーDM
・マイナビ転職⇒マッチングメール
・en転職(エンジャパン)⇒転職エージェントからのスカウト
・ビズリーチ⇒スカウト

③ 企業から直接、面談など会うことが前提で送られてくるもの

・リクナビNEXT⇒プライベートオファー
・@type転職⇒スカウト
・マイナビ転職⇒プレミアムスカウト、スカウト
・en転職(エンジャパン)⇒企業からのスカウト
・ビズリーチ⇒プラチナスカウト

DMスカウトメールから、採用にこぎつけることはできるか?

不特定多数の人に対してのDM形式のスカウトメールでも可能性がゼロとは言い切れません。考えようによってはそこまでして人材が欲しいということです。

優良企業であっても求人に対してのアプローチのシステムが構築されていなければ、他社などを見て真似ている可能性もあります。DMの全てが不要なものとは限らないのです。

ライバルが多いからこそレスポンスを早く

ただし、DMであればたくさんのライバルがいること、倍率も高くなり、選ぶ側ではなく選ばれる側になってしまうということは理解しておきましょう。

スカウトメールに対してレスポンスを早くする。そしていつでもすぐに自分の良さを伝えられるように準備しておくことが必要です。レジュメや履歴書だけでなく、アプローチに対するカウンターメッセージも準備しておくようにしましょう。

響かないスカウトやあやしい企業は無視!返信はもちろん不要

転職時に悩みがちなのがスカウトへの対応です。自分に全く関係のない求人、あやしい企業へは返信不要です。
スカウトメールはあくまでも企業側のアプローチです。細かくしっかりと自分宛てにメッセージが来ているもの以外はむやみに返信せず、気にせずにそのままにしておきましょう。

転職サイトのスカウトを利用していることが会社にばれることはある?

ばれることはないのでご安心を

企業によっては大きさに関わらず求人募集を出していることがあります。人事や総務の人間でなければどこの転職サイトに求人を出しているかはわかりません。

しかし、転職活動が会社側にバレるといったことはありませんので安心してください。なぜなら実際に応募して書類選考となる場合でも個人特定に繋がる情報が企業側にすぐ伝わることはないからです。

その上で応募する側には企業の情報が見えるようになっていますから、その時点で現在勤めている会社であれば気が付くことができるでしょう。

簡単に「ブロック設定」ができる転職サイト

転職サイトの機能として「ブロック設定」があります。現在勤めている会社が求人を出していることが前もってわかるのであればブロックすることで転職活動をしていることがバレずにすみます

代表的な転職サイトでブロック設定が簡単なものについてご説明します。

リクナビNEXT

リクナビ

レジュメ公開ブロックという機能がありレジュメが企業側に表示されない設定が可能です。現在勤めている会社だけでなく、スカウト、オファーなどがしつこい企業などもブロックできます。

リクナビ公式サイト

はたらいく

はたらいく

非公開企業の設定方法によりレジュメを見せないようにすることができます。非公開にすることで安心して転職活動することができます。

はたらいく公式サイト

まとめ

転職サイトのスカウト機能は、その種類によって転職成功率も異なります。スカウト機能を利用して人材を集めようとするブラック会社もいるので、スカウトメールを見分けブロック機能を使って排除しましょう。
スカウトが来ない場合はレジュメの見直しを行い、条件に合わないスカウトばかり届く場合は、転職エージェントの利用を検討しましょう。転職エージェントには優良企業の非公開求人が多く、希望に合った求人を紹介してくれます。

2chの元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1459758879/0-、http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/job/1508655959/940-、http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/job/1472916694/769-、http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/job/1502431548/770-、http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/ogame3/1497057117/98-、http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/job/1503129672/467-、http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/job/1495110931/165-、http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/recruit/1491557008/281-