60歳まだまだ現役!シニア求人の選び方とおすすめ転職サイト・エージェント11選

今は60歳といってもまだまだ元気な人が多く、「定年後も働き続けたい」と考えている人が増えています。実際、50代や60代の人材に期待する企業も増えていますが、求人を探す媒体選びを間違うと、せっかく応募しても年齢で足切りされてしまいます。

ここでは、シニアや中高年向けの求人が豊富な転職サイトや求人サービスを紹介します。デメリットも含め、可能な限り詳しく紹介します。一生涯、現役でいたいなら、ぜひ参考にしてください。

50代、60代の現役シニア世代が転職サイトを選ぶポイント

年齢別に求人検索が可能な転職サイトを利用する

法律上は、求人情報で年齢制限を設けてはいけないことになっています。しかし、実際問題として、シニアが若い人ばかりの会社で働くのは、本人的に居心地が悪く、上司もやりづらいです。

そのため、求人情報に書いていないだけで、現実的には年齢で足切りしている会社も多いです。ですが、求人情報からは求める年齢層が分からないので、応募してから年齢で不採用ということになりがちです。

そうした無駄を避けるには、年齢別に求人を検索できる転職サイトを利用するのがおすすめです。転職サイトによって、求人の検索条件はさまざまですが、年齢別の検索ができる転職サイトなら、自分の年齢でも採用されやすい求人に絞って応募できます。

シニアや中高年向け求人特集が充実している転職サイトで探す

50代であれば、まだ正社員での転職も可能です。この年代の場合、ある程度のキャリアがある人なら、よい条件で転職できる可能性もあります。

シニアや中高年向けの求人特集が充実している転職サイトなら、50代で正社員雇用可能な求人が見つかりやすいです。

しかし一方で、50代は人手不足を埋めるために、低賃金で正社員雇用されやすい年代でもあるため、注意が必要です。低賃金で都合よく使われないためには、求人をしっかり見極めることが重要です。

狙い目はシニア向けでも比較的幅広い求人がある「非正規雇用」

企業には定年があるので、60歳を超えると、正社員という選択肢はなかなか難しくなります。しかし、正社員よりは待遇が劣るものの、業務委託や派遣社員、契約やアルバイト雇用でも、安定した収入を得ることは可能です。

シニア向けで多いのは、体が資本となる仕事です。性別にもよりますが、清掃などのサービス系や防犯管理、工事系など、肉体労働が中心の仕事が多くなる傾向があります。

ですが、現役時代に培ってきた技術などがある場合は、それを活かせる、経験者歓迎の職種を選ぶとよいです。

自分に必要な給与額や働ける時間などを把握しておくことが大切

いずれにしても、60代は病気や怪我が増えてくる年代なので、体が資本となることを忘れてはいけません。健康で長く働き続けるためにも、自分に必要な生活水準を維持できるように考えることが大切です。

そのためには、生活スタイルや生活費との兼ね合い、働ける時間、必要な給与などをしっかり把握した上で、転職活動を進めることが重要です。

シニア世代におすすめの転職サイトサービス比較ランキング

50代におすすめ転職サイトBest3

リクナビNEXT

リクナビNEXT

求人数最多の転職サイトで、全国の求人に対応しています。職務経歴書を登録しておくと、企業の採用担当や、転職エージェントのヘッドハンターからスカウトを受けることができます。スカウトには、質の高い非公開求人もあります。

リクナビNEXTのスカウトには3種類あり、プライベートオファーは面接確約で期待度が高いですが、その他のスカウトは職務経歴書の内容に関係なく送られてくるDMです。DMタイプのスカウトメールも多く、プライベートオファーを見逃しやすいので注意しましょう。

サイトに掲載されている公開求人で50代・60代が応募できるものは、営業職やビルメンテナンス、建築会社などが中心ですが、求人数は多いです。

リクナビNEXT公式サイト

転職サイト@type

転職サイト@type

首都圏の求人に強い転職サイトで、独占求人が多いです。地方の求人は少なめです。IT・Web系、営業職の求人に強く、50代・60代が活躍している企業の求人もあります。

スカウト機能があり、職務経歴書を登録しておくと、企業やヘッドハンターからスカウトが受けられます。

別登録ですが、エージェントサービスも無料で利用できます。@typeのエージェントサービスは、年齢やスキルにかかわりなく、親身で丁寧なサポートが受けられます。紹介できる求人がない場合も、転職活動の進め方などの相談に乗ってもらえます。

転職サイト@type公式サイト

人材バンクネット

人材バンクネット

451社の転職エージェントが登録している、人材紹介会社集合ポータルサイトです。キャリアに自信のある中高年を求める求人を抱える、質の高い転職エージェントが多く集まっています。

オファーを待つだけでなく、専門分野やエリアなどから自分で転職エージェントを検索し、各転職エージェントが保有している求人を閲覧することもできます。

良質な求人が多く、約1万件の求人のうち、30%が非公開求人です。サイトに掲載されている公開求人にも、稀に管理職待遇の求人が出ることがあります。

全国の求人に対応しています。

人材バンクネット公式サイト

50代60代に特化した求人が豊富な転職サイト11社

転職サイト・エージェント 特徴
人材バンクネット ・451社の転職エージェントが登録する、人材紹介会社集合ポータルサイト
・キャリアを積んだ中高年を求める求人を持つ転職エージェントが多く、エージェントの質も高い
・求人数は約1万件。良質な求人が多く、30%が非公開求人
・全国対応
FROM40 ・40代・50代に特化した転職サイト
・40代・50代を求める求人だけを扱っている
・全国対応だが、ドライバーや販売員など、年収が低い求人が中心
・非公開求人を含めたスカウトを受けるには、別登録(無料)が必要
リクナビNEXT ・求人数最多で全国対応。地方求人も多数
・限定求人が約85%で、スキルが高い人向けの求人が多い
・管理職待遇の求人も多く、キャリアがあればシニアも利用できる
・プライベートオファー以外のスカウトはただのDM
転職サイト@type ・IT・Web系と営業職の求人に強い転職サイト
・首都圏の求人が中心で、地方求人は少ない
・50代・60代が活躍している企業の求人がある
・スカウト機能あり
・別登録で、サポートが丁寧な転職エージェントも利用できる
リクルートスタッフィング(シニア・プロフェッショナル派遣) ・リクルートが運営する人材派遣会社
・求人数が多く、派遣業界では実績No.1
・都内であれば、50代が活躍している企業の求人もある
・シニアが応募できる求人は事務などの内勤が多い
・60代で応募できる求人はほとんどない
タウンワーク「シニア応援」 ・定年退職後のシニアのためのアルバイト求人サイト
・未経験OKの簡単なバイトから、資格や経験を活かせるバイトまで、多数の求人を掲載
・地方求人も豊富
・体力面を考慮してくれる企業が多く、体力よりも意欲や経験値を重視した採用が多い
はたらこねっと ・正社員からアルバイトまで、幅広い雇用形態の求人サイト
・シニアが多い企業の求人も多い
・地方求人も豊富
・派遣会社の選び方などのコンテンツもあり、派遣が初めての人も安心
・スカウト機能あり
リクナビ派遣 ・リクルートが運営する、最大手の派遣求人サイト
・直接、派遣会社に登録するよりも時給が高い求人が多く、独占求人も多い
・50代・60代が対象の求人も多く、事務や経理などの内勤の求人が多い
・全国の求人に対応
シルバー人材センター ・原則60歳以上の人材に、地域に密着した「臨時的かつ短期的又はその他の軽易な業務」を提供する社団法人
・仕事の依頼主は個人や事業所、公共団体など
・生きがいを目的としているため、収入の保証はない
東京しごとセンター ・東京都が設置している、雇用・就業を支援する施設
・年齢層ごとに支援コーナーが分かれている
・55歳以上のシニアも利用でき、年齢層と違うコーナーに変更できるケースもある
・起業相談もできる
・拠点は飯田橋と多摩地区の2箇所
グラン・ジョブ ・アルバイト求人サイト「バイトル」のカテゴリーの一つ。60歳以上のパート・アルバイトに特化
・短期アルバイトや未経験歓迎の求人もある
・職種が多く、内勤もある
・全国の求人に対応
・ホームページの文字が大きく見やすい

まとめ

中高年でも、50代であれば、まだ正社員での転職が可能です。60代以降は、正社員での採用は厳しくなりますが、業務委託や派遣社員、契約やアルバイトといった形でなら60代を募集している企業も多いです。

求人探しは、50代・60代に特化した転職サイトなどを利用すると、採用されやすいのでおすすめです。未経験OKの簡単な仕事から、資格や経験を活かせる仕事まで、さまざまな求人があります。

ただし、中高年向けの求人は、低賃金で体力的にハードな仕事も増えてくるので、求人はよく吟味して選びましょう。