自称家事手伝い・女ニートが病まずに社会復帰できるおすすめの就職先

就職はおろか、結婚もせずにニートとなってしまい、焦り出している現状を何とか打破したいと考えている人も少なくありません。アベノミクスの影響で景気も上昇気流になっていますが、ニート暮らしをしている人にとって、それを実感することは少ないでしょう。出会いもないので、結婚はおろか彼氏すらできず、子どもが欲しいながらも親に甘えた生活から抜け出せない女ニートの就活方法女ニートでもできる仕事をここで紹介していきます。

ニート女だけど就職できるの?

人手不足で仕事はいっぱい

ニートを続けていると、世の中の求人が多いことに気付きません。意外にも社会は人手不足で求人も多いのが現状といえます。

結婚を視野に出会いを見つけるためには働くべき

女性や男性に限らず、ニートになってしまったら、仕事にありつけるか不安に思うものです。多くは就活に失敗してニートになったことがうかがえますが、女性にとって結婚でどうせ退社してしまうなら、ニートを続けても問題はないとあっさりと考えている人もいます。

しかし、出会いがないことには結婚はできませんし、女ニートと率先して結婚してくれるかといったら、門戸が狭くなってしまう可能性が高くなります。やはり、心機一転働いて出会いを見つけるほうが無難といえるでしょう。

募集している仕事はたくさんある

女ニートといっても、仕事がないわけではありません。事務員などのオフィス業や店舗で働く販売業など、正社員として募集している企業は多くあります

女ニートにおすすめの資格

女ニートは職歴がないこともあります。そこで。ニートとはいえ、資格があれば就職に有利といえるでしょう。女ニートにおすすめの資格が、比較的難易度の低い準サービス介介助士、介護事務といった、高齢化社会へ向けて需要が大きい職種です。人と接する仕事になるので、ニート脱却に向いています。

ただしブラックに捕まるとニートに逆戻り

仕事を見つけても、気を付けたいのがブラック企業の甘い勧誘です。ブラック企業は通年人手不足に陥っており、過酷な仕事内容や待遇で離職率も高くなっています。ニートになると就職難が予想されますが、ブラック企業は「未経験者歓迎」「全くの初心者でも大丈夫」「誰でも出来る簡単な仕事」「若手が活躍する会社」「アットホームな社風」などといった誘い文句でニートの気持ちを揺さぶってきます

しかし、すぐに採用してくれるからといって、ブラック企業に捕まってしまうと、すぐに辞めてしまい、結局のところニートに逆戻りとなってしまいます。また、再びニートに戻ってしまったら、悪いのは会社の方だという考えが根付き、次はなかなか働こうとしなくなります

女ニートが病まないで勤められる仕事は?

精神疾患での休職・離職率の高い業種の多くはサービス業

サービス業で働いている女性は、給与も少ない上にハードワークとなって精神を病んでしまう傾向があります。サービス業は華やかさがある一方で、週末に休めず、大型連休も取りづらい傾向があり、何よりもモンスター的なお客のクレームに悩まされることもあります。

責任者にされてしまうサービス業

バイトで回すような店舗に配属されると、責任者として扱われ、アルバイトの不平不満を聞きながら、突発で休まれた場合は自身の休日を返上して出勤しなくてはなりません。さらに、お店を回すことで手が一杯になり、手当などが付かなくても店舗に残って仕事をしているケースもあって、いつのまにか倒れる寸前まで追い込んでしまうこともあります。

休職・離職者の多い職業

美容師

多くの女性が憧れる職業でもありますが、薄給であり、週末に休めないといったデメリットがあります。拘束時間も長く、お店の営業時間に準備や後片付けに費やす時間がかかり、8時間労働では賄いきれません。それでいて残業手当が支給されていないお店も多いのが現状といえます。

宿泊・ホテル業

競争過多ともいえる業種で、必要以上のサービス精神を求められる傾向になっています。基本的に24時間の交代勤務であり、マナーや礼儀作法に厳しく、お客のクレームを直接対応しなくてはなりません。繁忙期が連休と重なり、自身の休みが取りづらく、価格競争をしていることから、コストカットで給与も少ないことが挙げられます。

販売・小売業

スーパーやコンビニ、百貨店といった小売業では、アルバイトとして現場に立った経験が活かされることから、正社員への道が険しくないことがあります。しかし、拘束時間は長く、現場勤務になると、正月やお盆などのピークには仕事を休めません。それどころか、アルバイト達が競って休みなるので、お店回しよりも人員確保に時間を取られてしまいます。

売上ノルマも設定されている店舗が多いので、上司のパワハラまがいの圧力やお客のクレーム処理など、店舗によっては精神的に厳しい業種といえるでしょう。

飲食業

店舗によってはブラック企業の代名詞ともいえますが、多くの飲食店ではフルタイムで毎日働かなくてはならず、大手チェーン店になると本部の圧力も相当厳しいものになります。末端の店長クラスは給与が低いのにもかかわらず、お店の売上管理から人材教育、調理、接客、在庫管理に至るまで、ほぼすべて一人で責任者として担当することになります。

また、売上が見込める立地だといいですが、立地条件が悪いと、店舗にさける人員も少なくて、自身の勤務時間で賄うしかなくなります。売上が上がらないと、本部からの無意味なチェックシート類による書き物が増えていき、ノイローゼ状態になってしまいます。

教育関連事業

少子化が進む傾向にあって、先行きが不透明なのが教育関連事業です。学校や塾にスクール講師など、子どもを教えるのがメインとなりますが、モンスター的な教育熱心が激しい親に曹禺すると、やる気が一気に失ってしまいます

人に教えることや子どもが好きだったりして入った業界であるにもかかわらず、モチベーションを保つのが難しい業種といえるでしょう。

病まない職種を探す方法

結婚を視野に入れている以上、出会いのある職場でトラブルは避けたいものです。パワハラはもちろん、セクハラもある企業も絶対に止めておきたいといえます。未経験を大歓迎してくれる企業内実習も充実している企業を探すのが得策です。しかし、女ニートとして自分一人で就活していては、企業情報を把握するのが難しいと言わざるを得ません。

就活エージェントを利用

自分のできることや未経験でも積極的に雇ってくれる企業はありますので、専門的にニートやフリーターなどに特化した就活エージェントを利用するようにしましょう。就活エージェントでは未経験者を歓迎している優良企業を紹介してくれます

ハタラクティブ

ハタラクティブではニートやフリーターなどの若い世代を中心に正社員就職をサポートしています。企業担当者が足を運んでみた企業からしか求人を扱っていませんので、信頼感があります。ニートが苦手としている書類作成や面接対策にも、専任の就活アドバイザーが親身になって対応してくれます。

ハタラクティブを利用した20代の内定率は80%を超えているので、たとえニートであっても、諦めずに就活をして、ニート脱却を図りましょう

まとめ

女ニートで親に甘えている人では、彼氏がいないと結婚への出会いもありません。焦りから自分で調べて安易に応募すると、即採用となる企業はブラックの可能性があります。ニートになった過程で精神を病んでしまったのなら、すぐに採用がかかる人手不足のサービス業などは避けるべきです。

きちんと未経験者歓迎の企業情報を知るためにも、ニートに特化している就活エージェントを活用してください。専任の就活エージェントとの面談を経て、しっかりとした企業を紹介してもらいましょう。