ニート脱出方法「アルバイトから」は逆効果!正社員で社会復帰すべき理由と方法

ニートであり続けている人はなかなかその境遇を脱出できないでいます。脱却できなくても構わないと実感していることが原因としてあります。しかし、甘えていた親もいつまでも元気でお金を稼いでいるわけではありません。そこで、ニートを抜け出して就活を円滑に行うには、就職支援サービスを活用して正社員になるべきといえます。ここでは正社員になった方が良い理由と、正社員求人の探し方を紹介していきます。

やめられない止まらない。おいしいニート生活を脱出できない理由

親が裕福だから働かなくていい

いくらニートになるからといって、生活するにはお金が必要です。自分で稼げない以上は、親に頼るしかありません。親が裕福だと、余裕があることからニートになっても生活に支障はきたさないことがうかがえます。ニートは親に保護してもらっている甘えが現実としてあります。親があまり何も言わないのも要因としてあります。

人間関係がめんどくさい、苦手

ニートになる理由として人間関係に嫌気が差していることも挙げられます。これまでの仕事で人間関係のトラブルになり、人付き合いが苦手となってしまい、引き籠ってしまうケースです。

また、他人への関心が薄く、興味を持たないため、友達や恋人といった存在が無縁となり、他人との交流を図りたくないとする人がニートに陥りやすくなります。

そろそろニートは限界?と感じる瞬間

パラサイトはいつまでも続かない

ニートに限界を感じるときもあります。親に寄生するのも限りがあり、基本的には親の方が先に死にます。親がいなくなることを想像すると、甘えた環境がリアルに戻されてしまい、明日からどうしようという焦りが生まれます

残念ながら、世の中はお金で回っている

世の中はすべてお金が動いています。生活していくにはすべてお金が必要といえます。手元に自分のお金が無い場合は何も買うことができません。今後の資産を計算したとき、ニートとして限界を感じてしまいます

社会的地位がなければ何も出来ない

正社員として働いていないと、結婚や家の賃貸契約・購入といった将来のことを見越した行動はすべて出来なくなります。社会的地位がないとローンも組めませんし、クレジットカードすら持つことができなくなります。大きな買い物をすることができなくなってしまいます

ニート脱出方法「アルバイトから」は逆効果って本当?

アルバイト期間=フリーター期間

働きたいという意欲を持っても、アルバイトとしてなら、フリーターの期間を延ばすだけになります。それよりも正社員として就職活動をすべきです。もちろん、アルバイトから正社員へ登用している企業もあります。その場合はアルバイトで実績を積んで、正社員の登用を目指したほうが良いでしょう。

正社員の方が社会的に安定している

正社員になると各種保険といった福利厚生が使えるようになります。住宅手当や社員食堂の利用など、企業によっては通常の給与にプラスアルファで待遇されるケースもあります。また、雇用の保証がありますし、何よりも社会的地位を得られることが大きなメリットといえるでしょう。

個人事業主になる

一見、ハードルが高そうな個人事業主ですが、収入ゼロから始められます。青色申告書を税務署に提出すれば、その日の内に経営者になれます。これは「さあ、頑張ろう」というモチベーションを上げる効果が見られ、周囲の視線も変わってきます。

ニートを脱出するために正社員復帰する方法

今すぐに就職活動を開始する

就職活動を行わないと、ニート期間が長くなり、年齢が高くなるほどどんどん不利になってしまいます。暖かくなってからとか、もう少し様子を見るなど、なんだかんだいろいろ理由をつけて活動開始を長引かせると、またニートの泥沼にはまってしまいますすぐに決断して行動することがニート脱却の第一歩といえるでしょう。

未経験者も歓迎の正社員募集に応募する

手当たり次第に応募するよりも、未経験歓迎の求人に絞れば、採用される確率は高くなりますニートで正社員を目指すにはハードルが高いイメージがありますが、それは自分で求人を探しているからといえます。

就職支援サービスを利用する

自分で求人を探すことが難しい人は、就職支援サービスを利用することがおすすめです。ニートを脱却したい人に、多くのノウハウを凝縮したプロのキャリアコーディネーターが担当してくれます。

自分に見合った非公開の求人を紹介してくれますし、社会復帰へのサポートを無料で行ってくれますので、利用しない手はないでしょう。

就職Shop

就職Shopは登録社数が7000社を超えている就職支援サービスです。人材業界最大手のリクルートグループが運営していることから、求職者も安心して利用・登録ができます。就職Shopでは、スタッフが企業へ訪問した正社員案件しか扱っていませんので、現場の雰囲気などを把握した上で親身になって紹介してくれます。

また、未経験者歓迎の仕事を擁しており、無料でサポートを受けることができるのは、ニートにとってありがたい存在といえるでしょう。

まとめ

おいしいニート生活を脱却するのは難しいですが、将来のことを考えると自然と危ない現状であることが見て取れます。アルバイトとして働くよりも、ニートを完全に脱却したいのなら、福利厚生がしっかりしている正社員で働くことをおすすめします。

ニートから正社員としての求人を探しても、なかなか自分では見つからないといえます。そこで、就職支援サービスを活用し、非公開の求人を紹介してもらって、就活を成功に導きましょう。