本業の空き時間を活用しての副業だからこそ、何より自分自身が楽しみながら稼げる職種として、ディズニーランドでのバイトを思い浮べる方々が少なくありません。

ここでは以下、自身の本業との兼業が可能かどうかを判断するうえで確認が必要な、勤務先として見るディズニーランド関連知識と、応募に際して踏まえておきたいポイントなどをご紹介します。

ディズニーでバイトのよい評判まとめ!メリット・楽な点は?

社割でグッズが買える

ディズニーでバイトをすると、グッズが社割で安く買えます。オリエンタルランドの施設内のショップだけでなく、ディズニーストアでも社割が使えます

キャストだけが利用できる「キャストショップ」では、キャストしか買えない限定グッズの販売もあります。ディズニーグッズを集めている人には、最大のメリットといえるでしょう。

さらに、ディズニーカレンダーも毎年無料でもらえます。近隣のショッピングモールや映画館の優待も受けられるので、休日も楽しく過ごせそうです。

無料パスポートがもらえる

ディズニーランドとディズニーシー、どちらでも使えるキャスト専用パスポートも無料でもらえます。無料パスポートは年に2回4枚ずつ、毎年合計8枚もらえます。

自腹だとかなり高額なものなので、ただでもらえるのは助かります。自分で使う以外に、家族や友達にプレゼントすることも可能です。

アトラクションを先行体験できる

新しいアトラクションがオープンするときに、先行体験することもできます。さらに特別週間には、閉園後にキャストだけの貸切で遊ばせてもらえます。このときは普段頑張っているキャストに代わって、上司がキャストをおもてなしします。

また、夏には開園前の時間を使って、キャストだけのカヌーレースも行われます。

日頃おもてなしで忙しいキャストも、施設内で遊ぶ時間を取れるように配慮されているのはうれしい特典です。

着替え手当がもらえる

ディズニーのキャストはそれぞれ、自分の役割に合ったコスチュームを着て働きます。園内は広いので、着替えてから持ち場へ移動することを考えると、1時間は早く着いておかないと間に合いません。

そのためディズニーでは、着替えのための時間にも手当が支払われます

また、キャスト専用食堂はメニューが豊富で、ほとんどのメニューはワンコイン以下で食べられます。食事の他に、アイスやお菓子も販売されています。


https://twitter.com/kohaku_nico/status/931729991133315072

研修が充実していて安心

ディズニーは研修が充実しており、キャスト全般についての研修や部門ごとの研修を終えてからキャストデビューするので、アルバイト初心者でも安心です。

決まりごとが多くて厳しいですが、ディズニーの研修の厳しさや接客レベルの高さは有名なので、ディズニーでのバイト経験は就活でも有利になります。

ディズニーでバイトの悪い評判まとめ!デメリット・きつい点は?

覚えることが多く、ディズニーマニアでないと大変

ディズニーで働く人が必ずしも、ディズニーに詳しいとは限りません。ですが、ディズニーでバイトをしていると、「○○のアトラクションはどこ?」、「○○のキャラクターが見たいけど、ショーではどこにいれば見える?」といった質問を受けることがあります。

出番が少ない、マニアックなサブキャラのことを聞かれることも多いです。

そのため、オリエンタルランドの施設をあまり利用しない人がバイトをする場合は、初めのうちは覚えることがたくさんあります。

立ちっ放しで休憩所も遠い。とにかく体力が必要

ディズニーのバイトは、とにかく体力が必要です。立ちっ放しなので、足が辛いです。ですが、コスチュームを着て働くので、他のテーマパークのようにスニーカーというわけにもいきません。

敷地が広く、キャストのための休憩所は限られた場所にしかないので、一瞬裏に隠れて休むといったこともできないです。

屋外で働くので、天候や暑さ寒さの影響もダイレクトに受けます

特に着ぐるみの中に入る人は、重い衣装を着て動き回らなければならない上に、夏は相当な暑さになるので覚悟が必要です。

キャスト同士のコミュニケーションが取りにくい

ディズニーはキャストの人数が非常に多く、曜日によってもメンバーがまったく違います。そのため、お互いに誰が誰だか把握し切れないこともあり、キャスト同士のコミュニケーションが取りにくいです。

エリアによっても様子が異なりますが、職場の人間関係もよくないといわれることが多いです。

身だしなみに異常なほど細かい

ディズニーでバイトをするなら、オシャレはできないと思った方がよいです。

「ディズニールック」という基準によって、身だしなみが異常なほど細かく決められています。お客より目立たないようにするためですが、眼鏡のフレームの色にまで干渉されるので大変です。

髪形も無難で野暮ったいものを求められ、女性の場合は髪を結ぶ高さやメイクのやり方まで指定されます。メイクは最低限の身だしなみとされているため、肌が弱くてメイクできない女性はキャストになれません。

髪色はレベル6までしか認められず、染め方がムラになるのも許されないので、地毛が黒くない人は差別的な扱いを受ける可能性があります。

バイト探しに役立つサイトBest3


ショットワークス

短期バイト・単発バイト専門の求人情報サイト。1日だけ働きたい、面接なし、履歴書不要、交通費支給など、都合にあわせてアルバイトを探すことができます。

マッハバイト

バイトに採用が決まったらお祝い金がもらえるバイト情報サイト。最短で翌日に、最大1万円のボーナスがもれなくどのバイトでももらえます。

ギガバイト

最大15万円もお祝い金がもらえる求人が多数!!。日本全国のアルバイト情報は57万件もあり、1日のみの単発仕事からスキマ時間で稼げるアンケート系お仕事も多数紹介しています。

ディズニーランドのバイトの仕事内容

来場者対応全般から舞台裏の業務まで

ディズニーランドで勤務するキャストと呼ばれるスタッフは、あらゆる店舗、施設の運営や維持に携わっています。

数多くの人気アトラクションの運営、飲食店や物販店における接客対応、パレードなど屋外イベントの準備や観覧客の誘導など、その内容は多岐にわたっています。

また入口でのチケット販売や、営業時間中の場内の清掃作業、さらには一般来場者の目には触れないオフィスワークや、スタッフ専用スペースに関するさまざまな業務など、随時公式ホームページなどを通じ、バイト募集告知が配信されています。

ディズニーランドのバイトの給料(平均時給・月収)

一般的な未経験のバイトよりは幾分好条件

ディズニーランドのバイトの時給に関しては、随時公式ホームページ上にて、募集職種に対しての金額が明示配信されており、一般的な飲食店などのアルバイトと比較すれば、幾分好条件をキープしています。

ただし1日の勤務時間の上限が定められており、副業として仮に週2日の勤務を希望申請していたとしても、それが全て叶うとは限りません。

閑散期の予想来場者数の減少や、他のバイトの希望を考慮した結果、週1日、しかも短時間勤務のシフトが決定されたとすれば、自ずと月収にも影響します。

昇給は勤務実績など多角的な査定で決定

ディズニーランドにおけるバイトの昇給は、総勤務時間すなわち経験値プラス、遅刻早退欠勤の頻度、そして上司がチェックする個々のスキルや能力など、複数のデータに基づき決定されます。

どれだけ現場での仕事力に優れていても、欠勤が目立つ、勤務時間外の舞台裏での言動に問題が見られるなどの報告が上がった場合など、マイナス評価の要因が散見されれば、昇給されるとは限りません

こうしたチェックはデータ上や直属の上司目線だけなく、あらゆる視点から随時実施されています。

昇格につれて時給アップ

実力主義そして実績重視のディズニーランドでは、未経験のバイトから、いわゆる叩き上げでバイトを管理する立場に昇格し、さらには正社員に中途登用されるケースもみられます。社内で細かく規定された職責に対し、それぞれプラスアルファの職能給が加算されれば、バイトであっても高時給の実現が可能です。

ただし一定以上のこうした職責に就く以上、基本フルタイム勤務が前提となるため、副業のままでの実現は困難です。仮にこうした展開が生じた場合、それでもディズニーランドでの勤務を続けたいのであれば、本業からの転職を選択肢に入れての冷静な検討が必要となります。

ちなみに正社員採用となれば、時給ではなく月給支給となります。

ディズニーランドのバイトの年齢層

20代前半を頂点にピラミッド状の年齢構成

ディズニーランドでバイト勤務を続けるスタッフにその理由を訪ねれば、大多数が「楽しかったから働きたいと思った」「エンターテインメントに携わりたかった」など、いずれも「好き」という共通点が一致しています。

比較的時間に融通の利く大学生、あるいはフリーターの20歳前後を頂点に、10代後半の若い世代や、30代から40代の方々も見られます。高校生あるいは15歳以上のフリーターの応募も可能ですが、採用後の配属先や勤務可能時間には制限が設けられています。

また年齢制限の上限に関してですが、やはり若いスタッフが活き活きと笑顔で活躍する非日常空間というコンセプトである以上、一定年齢以上の応募の場合、同様の制限が生じる可能性が否めません。

ディズニーランドのバイトに採用されるコツ

求められている人材

積極的に学ぶ姿勢

ディズニーランドに求められる人材のポイントはズバリ、素直な性格と、何でも積極的に吸収し実践する積極性です。

「夢の国」と周知されるこの空間は、常に数千人から万単位のスタッフが、共通のコンセプトと価値観に基づいた接客対応を届ける、サービス業の民間企業です。

プロフェッショナルのスタッフとして来場者の前に立つ以上、双方の専門知識を正しく理解し、実践できなければならないのは、他のあらゆる業種と共通しています。

これまでのバイト経験や自身の資格や特殊技能は一旦横に置いておき、素直に学んだことを積極的に実践する人材でなければ、顧客満足度を満たすサービスの提供は叶わず、働く当事者としても楽しいとは感じられません。

ルールを順守する姿勢

ルールの遵守も大きなポイントです。ディズニーランドでは男女を問わず、髪型や長さ、髪の色、爪や勤務中のアクセサリーなど、極めて細かく厳しいルールが定められており、諸条件をクリアしていないスタッフは、勤務に就くことが許されません。

学生時代に教師の目を盗んでの校則違反と同じ感覚で、こうした規定を軽視するような服装や言動が見られる場合、バイト採用は期待できません。

向いていない人から見極める自身の適正

通勤時間や通勤距離

ディズニーランドのキャストとしての、向き不向きの判断基準として、個人の性格ばかりが重視される傾向がみられますが、バイトの応募に際しては、それ以外の視点からの検討作業が重要です。

まずは通勤に要する時間が見過せません。広大な敷地面積を誇る施設ですので、最寄駅下車から社員専用の通用口を経由して定められた衣装に着替え、そこから持ち場に移動するだけでも、相当な時間を要してしまいます。

実際に最低1時間以上前には最寄駅着が必要なケースも想定され、これはバイトの対時間効果を考えると、非常に大きなロスと判断せざるを得ません。

閉園時間後の帰宅に際しては、常に終電時間との戦いになってしまうなどのリスクも含め、冷静な確認作業が必要です。

バイトに対する意識

一般的なバイトと比較して、勤務時間外に自ら学び記憶する作業が欠かせません

自分の持ち場以外の、すべての施設に関するあらゆる質問が、どのタイミングで届けられるかわからないのがこの仕事です。

当日の園内情報は刻一刻と変化するため、朝礼時に全体確認が行われますが、最低限自身が場内の隅々を把握しておかねばなりません。

「バイトは拘束時間中だけ頑張ればそれで十分」といった価値観の人には不向きな職場です。

アルバイト探しアプリ・サイトおすすめランキング

  1. ショットワークス

    ショットワークス

    短期・単発バイトを探すならココ!短期アルバイト専門の求人情報サイト
    ショットワークスは短期バイト・単発バイト専門の求人情報サイトです。1日だけ働きたい、面接なし、履歴書不要、交通費支給など、都合にあわせてアルバイトを探すことができます。

    ショットワークス公式サイト

  2. マッハバイト(ジョブセンス)

    東証一部上場企業の株式会社リブセンスが運営する、アルバイト情報サイト。求人情報は常時約20万件もあり日本全国の情報を網羅しています。地域、路線、職種、特徴などで絞り込み簡単に希望するバイトが探せ、最短で翌日から働けるまさにマッハバイト。さらに嬉しすぎる、アルバイトに採用されると最大1万円が全員もらえちゃえます!!

    マッハバイト 公式サイト

  3. ギガバイト

    最速で最適なアルバイト探しは、ギガバイト。最大15万円もお祝い金がもらえる求人が多数掲載。日本全国のアルバイト情報は57万件もあり、詳しい条件検索や、1日のみの単発仕事や春/夏/冬休みなどで絞り込みもできます。アンケートモニターバイトなど、スマホでどこでもできる、スキマ時間で稼げるお仕事も多数紹介しています。

    ギガバイト 公式サイト

  4. 就職Shop

    就職Shop

    新卒や第二新卒、フリーターやニートの就職をサポートしている就職支援サービスで、利用者の9割が20代です。様々な業界・職種の未経験歓迎の求人を取り扱っていて、就職決定者の7割が未経験です。

    訪問取材した企業の正社員求人のみを紹介しているので、ブラック企業に捕まる心配もなく、せっかく正社員として採用されたのに待遇が悪くてニートに逆戻りということもありません。

    就職Shop公式サイト

  5. フリーターから正社員就職へ5日間カレッジ(JAIC)

    20代の既卒・第二新卒、フリーターを対象とした13年以上の歴史がある数少ない就職支援サービスです。
    書類選考免除されて未経験者を採用したい優良企業約20社と面接できるため、最短2週間で内定を得られます。
    ビジネス研修や面接対策、コミュニケーション能力を上げるためのプレゼンテーション研修など就職成功率81.1%の就活講座も実施、研修日数5日間のみっちり講座から集団面接会までワンストップで支援され、未経験の受け入れ前提とした企業約5000社以上から、より細かく求職者一人ひとりにマッチングしサービスを開始以降、総勢14,000名以上の正社員雇用を実現しています。徹底的に就活研修してもらって正社員になれる、まさに就職カレッジ、おすすめです。

    就職カレッジ(JAIC) 公式ページはこちら

まとめ

すべての来場者に最高の笑顔と想い出をプレゼントしてくれる、ディズニーランドでバイト勤務中のスタッフには、常に高いプロ意識と、厳しい社内規定を遵守が求められています。

あくまで副業として、この職域で働きたいのであれば、応募段階で採用後の明確なビジョンを見据えておく必要があります。

希望を満たす配属先や勤務シフトが与えられなかった場合など、それでもチャレンジする価値があるのか、十分な見極めが重要です。