転職サイト比較

おすすめ転職サイトランキングを見る

転職サイトを最大限に活用できていますか?

転職サイトの利用、こんなことで悩んでいませんか?

  • 転職サイトが多すぎてどれに登録すればいいかわからない
  • 応募したい求人が見つからない
  • リクナビ以外でおすすめの転職サイトが知りたい
  • 質が高い求人が掲載されている転職サイトが知りたい
  • 希望する業界の求人が少ない

転職サイトといえばリクナビに登録する人が多いでしょう。私も転職活動を開始してまず最初にリクナビに登録しました。でも、自分の希望条件にマッチする求人があまりにも少ないんですよね。だからといって希望条件を変えてしまうのはちょっと待ってください。

転職サイトを上手に活用できる人は転職活動もうまくいく

転職活動は情報戦です。1つの転職サイトだけで求人探しをするのは自らチャンスを逃していると言えるでしょう。「転職サイトはたくさんあるけど、どうせ同じような求人ばかりでしょ?」と思っている人もいるかもしれませんが、まったくそんなことはありません

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイト比較表と選び方&活用方法をまとめました

ここでは転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方&活用方法おすすめ転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト・エージェントの選び方&活用術

転職サイト・エージェント比較一覧表

私が転職活動で身につけた、転職サイトの選び方と活用法を詳しく解説していきますので、参考にしていただければ幸いです。

転職サイト・エージェントの選び方&活用術

転職サイトには『総合型』と『特化型』がある

転職サイトには、さまざまな業種・職種に対応している総合型サイトと、特定の業種・職種の求人のみを扱っている特化型サイトがあります。

総合型転職サイトの特徴

総合型の転職サイトは幅広い業種・職種の求人を数多く扱っている点がメリット。業種や職種問わず色々な求人を見てみたい人や、自分に合った仕事がわからないので客観的に判断して求人を紹介してほしい人今の業界での仕事はもう続けたくない・異業種転職したい人は、総合型の転職サイトがおすすめです。

総合型の転職サイト比較一覧表を見る

特化型転職サイトの特徴

特化型の転職サイトは総合型と異なり幅広い求人を扱っているわけではありませんが、特定業界の求人は総合型より豊富で、キャリアアドバイザーの業界知識が豊富でサポートが手厚く、入社後のミスマッチも少ないというメリットがあります。

特化型の転職サイトとしては、例えばIT業界の求人に強い・アパレル業界の求人に強いなど、「業種・職種」に特化した転職サイトもあれば、女性向けの求人や第二新卒・既卒フリーター向けなど、「求職者の属性」に特化した転職サイトもあります。現職で培ったスキルやキャリアを生かして同業種に転職したい人専門職の人、または職歴が無くキャリア採用にエントリーできない人家庭や育児などプライベートと仕事を両立したい女性は特化型の転職サイトも利用することをおすすめします。

特化型の転職サイト比較一覧表を見る

転職サイトと転職エージェントは何が違う?

転職サイトは自分一人で転職活動を行うためのツールで、転職サイトに登録したら自分で求人情報を探して、自分で書類を用意して、自分で応募します。

一方、転職エージェントに登録するとキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)という担当者がついて、サポートを受けながら転職活動を行うことができます。キャリアアドバイザーを通して求人情報の紹介や応募、面接のスケジュール調整や条件交渉を行ってもらいます。

転職サイトと転職エージェントの違いを以下にまとめましたので、参考にしてください。

転職サイトのメリットとデメリット

メリット
  • 自分のペースで転職活動ができる
  • 求人情報を自由に閲覧できる
デメリット
  • 質の低い求人やブラック企業も潜んでいるので自分で調査・判別しなければならない
  • 公開求人にしか応募することができない
  • 転職活動のサポート(応募書類のチェックや面接練習、スケジュール調整など)を受けることができない
転職サイトはこんな人におすすめ
  • とりあえず求人情報だけ見てみたい
  • いずれ転職したいと考えているけど、今すぐ転職する気は無い
  • 今の職場よりもよい条件で働けるか知りたい
  • 中高年(45歳以上)で、かつ職歴に自信が無い

転職エージェントのメリットとデメリット

メリット
  • 良質な非公開求人に応募できる
  • 企業の詳しい情報を入手できる
  • 応募書類を客観的にチェックをしてもらえる
  • 企業ごとの面接対策ができる
  • 応募の際に推薦状を書いてもらえる
  • 面接のスケジュール調整や条件交渉を代行してもらえる
デメリット
  • 自由に求人情報が閲覧できない
  • 電話やメールなどでキャリアアドバイザーから連絡が多い
  • 年齢(概ね45歳以上)や職歴が乏しいと登録できない
転職エージェントはこんな人におすすめ
  • できるだけ早く転職したい
  • 初めて転職活動するのでサポートしてほしい
  • エントリーシートや面接回答のチェックをしてほしい
  • 自分に合った仕事を紹介してほしい
  • ハイクラス(高条件)の求人に応募したい

転職エージェントを利用するメリットは大きい

このように転職サイトのみ利用して応募するよりも、転職エージェントも利用する方がメリットが大きいです。したがって転職成功者の82.4%が転職サイトとエージェントのどちらも利用して転職活動しています(プロフェッショナルメディア調べ)。

転職サイトは自由に求人情報を閲覧することができるので、自分のスキルやキャリアでどんな企業に転職できそうか?どのくらいの年収を狙えるのか?自身の転職市場での相場を大まかに調べることができます。

ただ実際に応募するとなると、自分一人で考えて書いた履歴書や職務経歴書で、本当に書類選考に通るのか?面接で何を聞かれるのか?どういう回答が望ましいのか?不安ですよね。特に本命の企業への応募は失敗したくありません。

私もそうでしたが、初めての転職活動のときは履歴書や職務経歴書にどんなことを書けば書類選考に通過できるのか不明でしたし、面接で何を聞かれるのか、どんな回答が望ましいのか全くわかりませんでした。

転職を考え始めたくらいの時期は転職サイトだけを利用していましたが、本気で転職活動をスタートしようと考えた時に転職エージェントを利用することにしました。

総合型の転職サイト・エージェント比較一覧表を見る

転職サイトもエージェントも複数利用が基本

私が転職活動をしたときは、総合型の転職サイト2つ(リクナビとtype)、特化型の転職サイト1つ(GreenというIT業界特化型サイト)、そして転職エージェント5社(type、アデコ、リクエー、マイナビ、パソナ)に登録しました。

エージェントも複数登録が必要な理由

転職エージェントに複数登録した理由としては担当者(キャリアアドバイザー)との相性と、エージェントによって紹介してくれる求人が異なることがわかったからです。

担当者との相性がある

転職エージェントに登録すると最初にキャリアアドバイザーとの面談があります。実際に利用してみて実感したことですが、キャリアアドバイザーにも色々なタイプの人がいます。親身に話を聞いてくれる人もいれば、上から目線で批判的なことばかり言う人もいます。実際に会って話を聞いてみて、「何か違う」「自分とは合わない」と思ったら、そのエージェントは利用しない方がよいでしょう。

紹介してくれる求人に違いがある

また、エージェントによって紹介してくれる求人にも違いが出ます。企業が特定のエージェントにしか求人を出していないケースもありますし、キャリアアドバイザーによって紹介する求人が変わることもあります。自分が希望する条件の求人をどんどん紹介してくれる人もいれば、スキルやキャリアを見て、受かりそうな企業しか紹介してくれない人もいます。

自分と相性が良いエージェントをメインに

したがって複数のエージェントに登録して、自分と相性がよいキャリアアドバイザーがいる会社をメインのエージェントとして利用するのがよいでしょう。エージェント側も転職者が複数のエージェントを併用していることは承知していますし、他社で紹介された求人も言えば紹介してくれることが多いです。

何個くらい登録すればいい?おすすめの組み合わせ

求人だけ見たい人は転職サイト。総合型1つ+特化型1つでOK

今すぐ転職するわけではないけど、どんな求人があるかだけチェックしたいという人は、まずは転職サイトに登録するとよいでしょう。その場合は総合型1つと自分がいる業界や状況にマッチした特化型1つに登録するとよいでしょう。

実際、特化型サイトは総合型サイトよりも特定業界の求人は多いです。私が希望していたIT求人は特化型サイトの方が豊富で、大手企業から成長ベンチャーまで幅広くありました。リクナビに登録したけど、めぼしい求人が見つからなかったという人は、特化型サイトに登録して求人を探してみてはいかがでしょうか?

本気で転職するならエージェントを利用すべし

そして本気で転職するなら転職エージェントの活用は必須です。そもそも高待遇の求人はほとんどが非公開求人なので転職サイトには掲載されておらず、今より年収アップやキャリアアップを目指すならエージェントに登録するしかありません。また、特に初めて転職活動する人は、履歴書や職務経歴書の書き方、面接で聞かれる内容はわかりませんよね。さらに企業側との日程調整や年収交渉を全て一人でやらなければなりません。転職エージェントに登録することで、転職活動に必要な全てをサポートしてもらえます。実際、私も一人で転職活動していたときより、転職サポートを受けてからの方が、書類選考や面接の通過率が格段に上がりました

在職中の人は2社ずつ、離職中の人は4社以上

在職中で転職活動に使える時間が少ない人は1~2社ずつ登録して、相性の良いキャリアアドバイザーや良い求人を出してくれるエージェントを見つけましょう。離職中の人は最初から4社以上に登録して、エージェントとの面談を並行して進めながら、とにかく多くの求人を出してもらいましょう。

私は離職中だったので最初からエージェント5社に登録しました。その甲斐もあって転職活動を始めて3週間で内定を貰うことができました。

おすすめ転職サイト・エージェント比較ランキング

本格的に転職活動するなら登録必須の転職エージェント

  1. アデコ

    アデコ

    営業職、マーケティング職、管理系職種、IT&エンジニアリング系職種の求人を豊富に持つ。スイスに本社を置く外資系企業のため、日本に進出する海外企業の求人なども豊富で、英文履歴書の書き方や添削指導を受けることができます。

    得意な求人 全職種、IT、営業
    地域 全国

    アデコの詳細

  2. type転職エージェント

    type転職エージェント

    利用者の約71%が年収アップ転職に成功した転職エージェント。全職種の求人を扱っていますが、特にIT系求人に強く、IT業界の知識に詳しいキャリアアドバイザーが多い。東京・神奈川・千葉・埼玉など関東圏でIT業界への転職を考えているなら一番おすすめ。

    得意な求人 全職種、IT
    地域 関東

    type転職エージェントの詳細

  3. JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    管理職、外資系企業、日系グローバル企業の海外勤務などハイクラス求人が豊富な転職エージェント。多くの転職エージェントは20代から34歳までの若手を対象にしている中、JACリクルートメントは30代後半~40代の人材の転職に強いエージェントです。

    得意な求人 全職種、外資系、ハイキャリア
    地域 関東、関西、中部、海外

    JACリクルートメントの詳細

  4. リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    日本で最大手の転職エージェント。30万人以上の転職成功実績があり、求人数も国内最大級。全国に支社があるのでUターンやIターン転職を考えているならリクルートエージェントがよいでしょう。

    得意な求人 全職種
    地域 全国

    リクルートエージェントの詳細

  5. マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    大手企業から成長中のベンチャー企業まで、幅広く求人を揃えている転職エージェント。就活でマイナビを利用した人も多いと思いますが、その転職版です。

    得意な求人 全職種
    地域 関東、関西、中部

    マイナビエージェントの詳細

総合型の転職エージェント一覧

名称 得意な求人 地域 総評
アデコ 全職種、IT、営業 全国
type転職エージェント 全職種、IT 関東
JACリクルートメント 全職種、外資系、ハイキャリア 関東、関西、中部、海外
リクルートエージェント 全職種 全国
マイナビエージェント 全職種 関東、関西、中部
パソナキャリア 全職種 全国
DODA 全職種 全国
ワークポート 全職種、IT 関東、関西、九州

とりあえず求人だけ見たい人向けの転職サイト

  1. リクナビネクスト

    リクナビネクスト

    言わずと知れた国内最大級の転職サイトです。その知名度の高さから、転職を考えたらとりあえず登録する人が多い転職サイト。全職種・全国に対応しているのが強みですが、求人の質は玉石混合のため応募する前に企業情報を調べることをおすすめします。

    得意な求人 全職種
    地域 全国

    リクナビネクストの詳細

  2. 転職サイト@type

    転職サイト@type

    type転職エージェントと同じ株式会社キャリアデザインセンターが運営する転職サイト。エージェントの方とは異なり、全国の求人に対応しています。リクナビよりも求人数は若干少ないですが、大手企業や成長企業など求人の質は高い傾向があります。

    得意な求人 全職種
    地域 全国

    転職サイト@typeの詳細

総合型の転職サイト一覧

名称 得意な求人 地域 総評
リクナビネクスト 全職種 全国
転職サイト@type 全職種 全国
マイナビ転職 全職種 全国
エン転職 全職種 全国
はたらいく 全職種、地域密着型 全国
ビズリーチ 全職種、ハイキャリア 全国
イーキャリア 全職種 全国

特化型の転職サイト・エージェント比較

名称 サービス 得意な求人 地域 総評
レバテックキャリア エージェント IT 関東
マイナビエージェント×IT エージェント IT 関東、関西、中部
Green サイト IT 全国
メイテックネクスト エージェント 製造業、電気、機械、化学 関東、関西、中部
日本アルテック エージェント 製造業、電気、機械、化学 関東
クリーデンス エージェント アパレル 関東、関西
ファッショーネ エージェント アパレル 関東
マイナビ税理士 エージェント 税理士 関東、関西、中部
マイナビ会計士 エージェント 会計士 関東、関西、中部
JAIC エージェント 第二新卒、既卒・フリーター 関東、関西、中部
ハタラクティブ エージェント 第二新卒、既卒・フリーター 関東
転職求人@PRO人 エージェント 第二新卒、既卒・フリーター、IT 関東
WomanWill エージェント 女性 関東、関西、中部
女の転職@type サイト 女性 全国
とらばーゆ サイト 女性 全国
リブズキャリア サイト 女性 全国
ビズリーチ・ウーマン サイト 女性、ハイキャリア 全国
英語転職.com サイト 外資系 全国
外資転職.com サイト 外資系 全国

特化型の転職サイト・エージェントおすすめランキング

IT系
営業系
女性向け
若年層向け
年齢別

医療職向け転職サイト・エージェント比較

名称 サービス 得意な求人 地域 総評
看護のお仕事 エージェント 看護師 全国
ナース人材バンク エージェント 看護師 全国
マイナビ看護師 エージェント 看護師 全国
ナースではたらこ エージェント 看護師 全国
ナースフル エージェント 看護師 全国
看護roo! エージェント 看護師 全国
薬キャリ エージェント 薬剤師 全国
リクナビ薬剤師 エージェント 薬剤師 全国
マイナビ薬剤師 エージェント 薬剤師 全国
薬剤師ではたらこ エージェント 薬剤師 全国
ファーマキャリア エージェント 薬剤師 全国
ファルマスタッフ エージェント 薬剤師 全国
薬剤師転職ドットコム エージェント 薬剤師 関東、関西、中部、九州
エムスリーキャリアエージェント エージェント 医師 全国
リクルートドクターズキャリア エージェント 医師 全国
MCドクターズネット エージェント 医師 全国
医師転職ドットコム エージェント 医師 関東、関西、中部、九州、北海道

医療職向け転職サイト・エージェントおすすめランキング

福祉職向け転職サイト・エージェント比較

名称 サービス 得意な求人 地域 総評
保育士バンク エージェント 保育士 関東
スマイルSUPPORT保育 エージェント 保育士 関東、関西、中部、北海道
マイナビ保育士 エージェント 保育士 関東
保育エイド エージェント 保育士 関東
ほいく畑 エージェント 保育士 関東、関西、中部、九州
メドフィット介護職 エージェント 介護福祉士 関東
スマイルSUPPORT介護 エージェント 介護福祉士 関東、関西、中部、北海道
カイゴジョブ サイト 介護福祉士 全国
かいご畑 エージェント 介護福祉士 関東、関西、中部、九州
介護エイド エージェント 介護福祉士 関東

福祉職向け転職サイト・エージェントおすすめランキング

まとめ

転職サイトの選び方

  • 総合型だけでなく特化型の転職サイトも利用すること
  • 本気で転職活動をするなら転職エージェントの活用は必須
  • 転職エージェントも複数試して自分に合ったエージェントを選ぶこと

転職サイトを上手に活用すると

  • ドンピシャな転職求人が見つかる
  • 初めての転職活動でも安心。書類や面接のサポートが受けられる
  • 面接のスケジュール調整や言いにくい年収交渉も代行してもらえる

転職活動は短期決戦が基本

転職活動は慣れてしまえば大したことはありませんが、初めて転職活動をする際は受かるコツがわからないため、なかなか内定が出ず転職活動が長期化しがちです。

転職活動は短期決戦が基本です。在職中に転職活動する場合、仕事が終わってから応募書類を作成したり面接対策をしたり、企業とのスケジュール調整をしたりなど、とにかく忙しいです。長期化すればするほど消耗して、転職自体を諦めたくなってしまいます。

転職活動を短期で終わらせるためには、書類選考や面接選考の通過率を上げること。選考通過率を上げるためには転職エージェントの活用は必須と言ってよいでしょう。

私が転職活動をしたときは、転職サイトを利用したのはもちろんのこと、転職エージェントも5社に登録ました。一気に転職活動を進めたおかげで、転職活動を開始してからわずか3週間目で最初の内定を戴くことができました

あなたも転職サイトを上手に活用して、転職活動に成功して頂ければ幸いです。

転職サイト活用術

登録してから内定までの流れ

転職サイトの場合

  1. 転職サイトに登録
  2. 希望条件にマッチする求人を検索
  3. エントリーシートを入力して応募
  4. 面接
  5. 内定、条件交渉

転職エージェントの場合

  1. 転職エージェントに登録
  2. キャリアアドバイザーとの面談
  3. 希望条件にマッチする求人を選んでもらう
  4. 履歴書・職務経歴書を作成して添削してもらう
  5. キャリアアドバイザーを通して企業に応募、面接対策
  6. 面接
  7. 内定、条件交渉

転職サイトに登録すると勤務先にバレる?

転職サイトのスカウト機能を利用しなければ自身のプロフィールが企業に見られることはありません。また、転職サイトには特定の企業がプロフィールを閲覧するのを防ぐブロック機能もありますので、勤務先の会社にバレることはありません。

転職サイトのスカウトサービスってどう?

実際に私が利用してみた感想ですが、良い企業からのスカウトはありませんでした。私のスペックがイマイチだったからかもしれませんが、良い求人は自分で探して応募する方がよいでしょう。また、スカウトされて面接に行ったのに落とされることも普通にあるようです。