就職して仕事に慣れてくると、今とは違う業種や職種につきたいと考え転職する人は多いです。

情報化社会が進み、これからも発展が予想されるIT業界は求人数も多く、未経験からSEになりたいと考える人が多いですが、プログラミングの知識もない未経験の人がSEになれるのでしょうか?

この記事では、未経験からSEに転職する方法について紹介しています。SEの年収について、未経験からSEに転職はできるのか失敗しない求人の選び方について紹介しています。

未経験でも利用できる転職エージェントも紹介しているので参考にしてください。

SE(システムエンジニア)の仕事内容をわかりやすく解説

システム開発の中で上流工程(要求分析~詳細設計)を担当

システム開発は川の流れと同じ

SE職の仕事内容とは、システム開発全体を把握し管理する仕事です。

システム開発は川の流れに例えられ、企画・設計など最初のベースとなる部分を川上 (上流)完成に近くなるプログラミングやテスト部分を川下 (下流) と呼びます。

システム開発の流れ

①要求分析:システムが必要かクライアントと打ち合わせ
  ↓
②要件定義:要求分析したものをまとめる
  ↓
③基本設計:どんなシステムにするかを考える、システム全体図(仕様書)の作成、データベース設計
  ↓
④詳細設計:基本設計を元にプログラムが作れるようになるまで細かく設計
  ↓
⑤プログラミング:システムの中身を作る、プログラミング言語を使用してコーディング
  ↓
⑥テスト:動作確認
  ↓
⑦稼動
  ↓
⑧運用・保守

プログラミングを行う事もある

SE職は上流を担当しますが、全体把握のためにプログラム知識も必要です。

小規模システムの場合は、SEがプログラムまで組むこともありますし、企業によってはSEとは名ばかりでプログラマーの業務と大差ないケースも少なくありません。

SEとPG(プログラマー)の違い

SEはシステムを設計する上流工程を担当する人で、PGは設計通りにプログラムを作る人です。

海外では優秀なPGはスペシャリストとして優遇されていますが、日本ではSEの方が上位とされています。

SE職の方がイメージいいので、実際にはプログラムしか担当しないPG職求人であっても、SE職として募集しているケースも多々あります。

IT業界だけじゃない!SEが働く場所

IT業界では、SIer (システムを作る企業) 、Web系の事業会社、ゲーム会社などでもSEが活躍しています。どの分野に関わるかによって、SEとしての将来やキャリアも変わってきます。

IT業界ではない他業種の情報システム部門(社内SE)として、一般企業の社内でIT系専門職として働くSEもいます。

SEの仕事のやりがい

SEの仕事の醍醐味は、関わっていたシステムが無事に完成したときです。さらには、完成したシステムがユーザーに喜ばれたとき、感謝されると苦労が報われます。

手掛けたソフトが店頭に並んでいたり、利用している人に出会ったり、自分で使ったりしたときは、とても感動します。自分のアイデアが採用されたとき新しい技術を身につけたときも、成長を実感できうれしいという向上心のあるSEも多いです。

SEは常に最新の知識を身に着けていかなくてはならない環境にあるため、基本的に、勉強家で努力を怠らないタイプが成功します。

SEのキャリアパス

一般的にはPGからSE、さらにPL (プロジェクトリーダー) 、PM (プロジェクトマネージャー)と、プレイヤーからマネジメント職へ上がります。ITコンサルタントとして高年収を獲得できる人もいます。

高年齢になっても、技術系スペシャリストとして現場プレイヤーでありたいと望むSEも増えています。大企業では、本人の希望などで管理職コースと専門職コース (研究職含む) など昇進ルートを区別しています。

SEの年収は?高収入を稼げる企業ランキング

年収の高い大手SIerランキング

ランク 企業名 平均年収
1 野村総合研究所 1156万円
2 日本オラクル 1040万円
3 電通国際情報サービス(ISID) 972万円
4 日立製作所 868万円
5 都築電気 851万円
6 NEC 833万円
7 新日鉄住金ソリューションズ 829万円
8 オービック 823万円
9 伊藤忠テクノソリューションズ 812万円
10 富士通 810万円

公式サイト:IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方
大手Slerランキング(年収)と選び方の4ステップ

社内SEの年収が高い業種ランキング

IT系企業ではない一般企業の社内SEは、本体である会社の業界や業種によって年収が異なります

所属する企業の社内規定が基本なので、給与ベースが高い業界、例えば金融・保険業界は他社員の平均年収も高く、社内SE職の年収もトップクラスです。

教育・研究系の業界や、建設業、製造業などの事業会社も続きます。

未経験からSEに転職はできるのか

20代なら未経験でも大丈夫

伸びしろ、ポテンシャル重視

若年層、25歳くらいまでなら、未経験でもIT業界では歓迎されるので心配はいりません。どこの業界でも同じことが言えますが、20代はまだまだキャリア自体が浅いため、「ポテンシャル採用」が通用される時期です。

向き不向きなど個人差はありますが、できるだけ伸びしろやポテンシャルのある若い人が好まれる傾向はIT業界でも同じです。

健康重視、体力勝負の側面も

SEはインドア系のイメージが強いですが、意外にも体力勝負の側面も強いです。プロジェクトに携わっている時は連日深夜まで仕事を行うことや、徹夜が続く日もあります。そのため、体育会系がよいというわけでは無く、健康面で不安のない人、自己管理のできる人が好まれます。

20代前半なら体力もある世代ですし、吸収力も高いので、IT業界未経験という理由で転職できないケースは少ないでしょう。優良な企業であれば、未経験の若者をしっかり育てていく仕組みを持っています。「若さ」という大きなアドバンテージを活かせるうちに挑戦することをおすすめします。

30代で未経験なら、専門知識や経験を活かす

30代未経験の中途採用は20代に比べて厳しいのは事実

転職市場において、30代以降の未経験採用は、20代に比べて求人数も減り、不利になるケースが多いです。特に、専門的に知識や技術を必要とするIT業界では厳しい現実があります。

IT系の技術はすさまじいスピードで進化していますので、柔軟な頭で知識を吸収できる人が常に求められています。

柔軟に吸収する、新しいことに挑戦するということは、歳を取れば取るほど難しくなっていきます。体力も年齢が上がるにしたがって落ちてきてしまうため、未経験でのIT業界への転職は年齢が上がれば上がるほど、ハードルは高くなります。

保有スキルや経験の発掘がポイント

若さや柔軟性、体力面で20代と比較されると、30代以降はどうしても見劣りします。よって、別の価値をアピールした方が良いです。自分の中にある専門的な知識を生かす方向で自己アピールすることが、30代未経験なら重要になります。

IT系のスキルや経験が無くても、医療、物流、会計など、自分自身では気づかない知識やキャリアが有効な場合も多々あります。自分ではわからない価値を掘り起こしてもらうには、IT転職のプロに自分のキャリアをチェックして貰うことが有効です。

ITに詳しいキャリアコンサルタントに相談することが、30代未経験でのIT転職には重大なポイントになります。

未経験からSEに転職する時に必要なスキル・資格

論理的思考

未経験からSEに転職するには、論理的思考能力が必須です。システムを設計するには細かい条件設定が必要で、物事を論理的に考え、全体を組み立てていく思考能力が不可欠だからです。

SEやIT業界に、文系より理系が向いているとされるのは、理経の方が、論理的思考の習慣が身についているからです。情緒的な文学作品より、曖昧な部分をのこさず理詰めで論文を書けるようなスキルが必要とされます。

プログラミングの知識

上流工程を担当するSEでも、開発フェーズの全体コントロールにはプログラムの知識が必要です。顧客からの要件をプログラマーに伝えるため、プログラミングはしなくても知識(特にJAVA)は必要です。

仕事としては未経験でも、知識は専門書で学ぶことができるため、独学で勉強していることをアピールするのは有効です。オンラインスクールを利用する、就職支援プログラムに参加するのも転職活動には役立ちます。入社後に向いてなかったという、最悪の事態を避けるためにも、事前に挑戦しておくことも大切です。

文書作成スキル

SE職は、仕様書、設計書など数多くの文書 (ドキュメント) を作成することが、日常的なメイン業務です。

かなり細かい部分まで多くの資料を作成して日々残す必要がありますので、素早い文書作成スキルは必須です。

コミュニケーション能力

クライアントとの打ち合わせや調整も、SEの重要な仕事です。その中で、顧客へのプレゼンテーションやヒアリングも実施するため、クライアントの要望を的確にヒアリングできる能力コミュニケーションスキルは必須です。

納期や仕様調整のための交渉力なども必要で、文系出身者も多数活躍しています。

有利な資格

未経験者のIT転職、SE転職では、IT国家系資格である「基本情報処理技術者試験」があると評価されやすいでしょう。資格レベルが上がれば応募できる求人案件の幅も広がります。ある程度の経験がないと実務で使えるとは判断されませんが、積極的に学ぶ姿勢や意欲は高く評価されます。

また、「システムアーキテクト試験」「オラクルマスター」など、その他の各種技術系資格も取得すれば、尚可です。

その他、全く知識がないところから始めるのであれば、「ITパスポート」から勉強を始めるという手もあります。ITパスポートでは、ITに関する基礎的な知識を学ぶことができます。エンジニアを目指す上では、レベルが低い資格ではありますが、広く浅くIT知識を学べるため、情報処理技術者試験等の資格を取るための取っ掛かりにはなるでしょう。

ただし、資格は「あくまでもないよりはあった方がまし」程度の評価のため、資格を取得してから転職するというよりは、勉強しながら転職活動も並行して行い、積極的に学ぶ意欲がある姿勢をアピールした方が良いでしょう。

未経験からSEに転職、失敗しない求人の選び方

転職先の選定が重要なポイント

IT企業にもブラック側面はある

IT転職でよく耳にする、深夜まで拘束され、休日も全く無いようなブラック系IT企業の存在は否めません。炎上しているプロジェクトや、納期直前なのにメドが立っていないような状態の現場では、何日も自宅に帰れないことも実際に多々ある話です。

一部のIT系ベンチャー企業などでは、未経験OKでもOJTとは名ばかりでまともな教育が無いケースも確かにあります。

優良なIT企業を見極める

IT業界ではピラミッドの最下層に当たる零細SIerなどでは、未経験の新人に教えている余裕がないというのが現実でしょう。それらをブラック企業と呼ぶかどうかは別問題として、未経験でハードな現場に放置されてしまうのは困りますし、不安ですよね。

ただし、全てのIT企業の現場がブラックなわけではありません。福利厚生もしっかりしていて有給休暇だってちゃんと取得できる優良な企業も、たくさんあります。

重要なのは求人案件を見極めることです。

避けた方がいい求人の特徴

拡大し続けるIT業界は慢性的な人材不足で、未経験者歓迎の求人案件も多数存在しています。ただし、「未経験可」はブラックな可能性が多々ありますので、要注意です。

チェックポイントとしては、「未経験なのに記載されている給料が高い」求人はリスクが高いです。「社員の平均年齢が低い」「中途採用なのに募集人数が多い」「いつも募集をかけている」企業も、社員が定着しない離職率高いブラック系の可能性があります。

「○○時間を超えた場合は残業代あり」の記載は、そこまではタダ働きという意味です。

勤務地が「東京23区」など大雑把な場合など、客先常駐メインの求人は多重下請け企業で待遇が悪い場合が多々あります。面接時に「オフィスが汚い」などは、忙し過ぎて片付けや清掃に手が回らないのかもしれません。

「簡単に書類選考が通る」会社は、誰でもよいから人間を集めたいのかもしれません。

未経験からSE転職におすすめの求人の条件

自社開発をしている企業

下請け零細SIerではなく、自社でシステム開発、パッケージソフトやアプリ開発企業、自社サービスのWEB系企業なら、未経験からプログラマーの工程で土台作りをした後、SEの上流工程も経験でき、スキルアップも可能です。

パッケージ開発企業なら役職も多く、先を見据えた働き方も可能ですし、将来的には年収アップも期待できます。

大手の元請け企業

SI業界なら下請けではなく大手の元請け企業が、安定していて給料が高いです。

基本的に大規模システムをクライアント (公共機関や大手企業など) から最初に受注する元請けは、大企業が多く、大企業には優良企業が多いです。大企業にはシステム系の関連会社やグループ子会社などがあり、親会社から安定的に案件を受注するホワイト企業ばかりなのです。

社内SE(IT業界以外の情報システム部門)

一般企業にて、主に社内システムの保守・運用を担当する仕事です。

自社内のシステム開発をする場合、全体に関われる場合もあり、やりがいのあるポジションです。ただし、社内SEはその企業でも立ち位置に違いがあり、冷遇される企業もあります。

社内SEを選ぶなら、業界の給与水準が高く、待遇が良い企業を選んだ方がよいです。金融系業界の社内SEなら、業界平均給与が高くおすすめです。

「未経験歓迎」でも研修制度が整っている

SEは特別な知識を必要としてる職種のため、未経験歓迎となっていても、入社後すぐに現場に配属されてしまうような企業であると仕事ができず困ってしまいます。しっかりと研修制度が整っている企業を選びましょう。

中には、現場で働けるようになるまで数か月間研修を行い、研修とともに資格を取得されるところもあります。現場に配属されてからも定期的に研修が行われるところもあるでしょう。

例え、未経験可であっても、入社後にどのようなステップがあって、どのようなフォローがあるのか、しっかりと確認してから入社するようにしましょう。

プログラマーからスタート

SE職でも、最初はプログラムを学ぶところから始めるのが基本です。

プログラマー、テスト・運用・保守なら未経験可の求人も多く、そこからキャリアをスタートさせる人も少なくありません。

30代以降は今までの業界知識・資格を生かせる求人

SE転職に文系・理系、性別は特に関係ありませんが、30代未経験者は若手と比較されると不利です。30代ならSEとしての経験値はなくても、それまでの業界経験やキャリアを活かす転職先がおすすめです。

例えば、金融業界のキャリアがあれば専門知識を活用し、金融系のシステム開発に特化した企業がよいです。積み重ねた経験からの対人コミュニケーション能力も武器になります。

「SE」以外でも検索

求人情報を探す場合は、「SE」や「システムエンジニア」だけでなく、「IT系」で求人検索すると幅広くヒットします。
IT求人は、「ITコンサルタント」「運用・監視・保守」「テスター」「ヘルプデスク」など、職種もさまざまです。

ブラック求人を確実に回避して未経験転職に成功するには

ハローワークや転職求人サイトなど、一般公開されている求人案件には、ブラック企業も多数含まれています。転職エージェントは、一般向けにも公開されている求人以外にも、独自で入手している非公開求人を多数保有しており、その中には大企業や優良企業の求人が多く含まれています。

転職エージェントを利用することで、未経験でも転職可能な優良求人を紹介してもらえ、ブラック企業を避けることができます。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用するメリットは、ブラック企業を避けることだけではありません。

志望動機などの応募書類や面接指導をしてもらえる

転職エージェントはその道のプロのため、どのようなアピールが企業には有効なのか、どのような書類なら審査を通過できるのかなどを熟知しています。

キャリアコンサルタントとの面談を通して、応募書類の必須条件や、面接での受け答えのポイントなど、書類通過するためのノウハウや、面接指導をしてもらえます。一人では、通らなかった書類も、プロの手にかかることで、通過率が大幅にアップすることができるでしょう。

適切な求人とのマッチングをしてもらえる

転職エージェントを利用すると、優良求人を紹介してもらえると先述しましたが、ただ良い要件の求人を紹介してくれるだけではありません。膨大な量の求人の中から、その人の適性を見極めて、その人にマッチした求人だけを選んで紹介してくれるのです。

数ある求人の中から希望条件に合った求人を探すだけでも、転職活動は大変なものです。そのような煩わしい作業はすべてコンサルタントが代行してくれますし、内定が決まった際の条件の擦り合わせや年収交渉などもコンサルタントがすべて代行してくれます。

キャリアの棚卸しができる

未経験からの転職となると、どのような自己アピールが有効なのかもわからなければ、自分自身のどのキャリアが活かせるのかもわからないケースが多いです。

しかし、キャリアコンサルタントとの面談を通して、自分自身のキャリアの棚卸しができ、見つめ直すことも可能です。これは意味がないと思っていた経験も、キャリアコンサルタントの手にかかれば、立派なアピール材料になることもあります。

自分ではわからない自分のことを発見する手伝いも担ってくれるのです。

SE未経験者におすすめの転職エージェント

SE未経験が利用できる特化型エージェントはワークポートだけ

ワークポート

ワークポートは、創業当時からIT業界に特化して転職支援サービスを行っている老舗エージェントです。IT業界に特化しているエージェントの中で唯一「未経験」からのIT転職が可能なエージェントです。IT業界の中でも、IT・ゲーム業界のエンジニアの求人が充実しています。

会員向けに、転職活動の進捗が一目で確認できる、独自の「eコンシェル」というツールを展開しており、非公開求人のリアルタイム更新や面談予約なども一括で管理でき、便利で使いやすいと評判があります。

ワークポート公式サイト

取り扱い求人数が豊富なエージェントならリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職成功実績ナンバーワンの総合型転職エージェントです。一般向けに公開されている公開求人の他、独自に保有している非公開求人が約10万件もあり、希少価値の高い優良求人も多く含まれています

非公開求人は、公開求人よりも年俸などの待遇面において恵まれていることが多く、またリクルートエージェントに登録している人しか応募できないため、内定が決まりやすいです。

リクルートエージェントのコンサルタントは実績豊富で、応募書類の添削に至るまで手厚くサポートしてくれるので安心です。

リクルートエージェント公式サイト

SE未経験でも自己アピールに活用できる経験とは

専門分野や知識、業務経験を活かすステップアップ方法

専門的な業界、特定分野の経験

未経験者にはキャリアのアピールができないので、20代前半でなければ、若さと熱意以外のウリが必要になります。

IT業界での経験が無くても、他の分野や業界での経験値がアピールできるケースも多々あります。特に、専門分野を持つ人の知識や経験は、IT転職には強みになります。

ITシステム的に活用可能な経験

例えば、物流の現場経験や業務知識、業界全体の流れやメカニズムに精通していればは、物流システムを構築するための仕様アドバイスが可能です。経理職などの経験は、財務会計システムのヘルプデスクやサポート職への転用ができます。

関係無いと思っていた経験やスキルが、ITシステム的に視点を変えれば十分に有効で活用できるケースも多々あるのです。

物流システムを開発している企業や、財務会計システムの開発運用をしている企業の求人案件に当てはまれば、IT業界未経験でも採用の可能性は高いです。

段階的に経験を積むステップアップ方法

負の連鎖パターンは避ける

未経験者の場合は、玉砕覚悟であってもいきなり大企業の正社員や優良企業の高年収を目指すのは無理があります。ダメ元でも高すぎるハードルに挑むのは無謀ですし、書類でのお断りが続くと気持ちが沈んでしまいます。

転職活動で負け癖がついてしまうと、だんだん自信が無くなってしまい、面接に至っても自己アピールできなくなり、自滅し失敗する・・・負の連鎖パターンに陥ります。

年齢的な問題もでてきますが、将来的な目標を高く掲げていたとしても、今はまずIT業界に入ることを優先させる手もあります。

職務経歴書に記載できる経験を積む

未経験OKで敷居が低めのIT派遣から、ハードな現場で経験を積むパターンです。

少しでもIT業界に関わってスキルを磨くこと、職務経歴書に書くことが可能な現場経験を踏むこと、現状よりも職歴をステップアップしてから、次を目指す方法です。

正社員に越したことはありませんが、将来的な希望に少しでも近い業種や業界で、職務経歴書に記入してアピールできるような経験を積んでから徐々に段階を上げていく方法もあるのです。

IT業界では人材の流動化が顕著なので、他業界ほど転職歴や回数はマイナスにはなりません。数年かけて希望に少しずつ近づくという手段も有効です。

横滑り的なステップアップ事例

専門的な分野の業界知識は、必要としているIT企業にとっては非常に価値が高く貴重なアピール要素になります。基礎的なITスキルやリテラシーを持っている人材であれば、マッチングする企業もあるでしょう。

特に、PCを日常的に業務で使いこなせるようなオフィスワークでは無く、システム関係に長けた現場スタッフが少ない特殊な業界や分野です。

例えば、病院などの医療現場、倉庫や配送などの物流、販売やサービス業、飲食などの業界が該当します。

【事例】
病院や医院など医療機関での事務経験 (パート)、医療や介護保険制度の知識保有

医療レセコンのヘルプデスク、介護保険システムのサポート職 (派遣)

介護システムに参入するIT企業のインストラクター職、企画アドバイザー職 (正社員)

現場からシステム側への、ステップアップ

「専門知識の必要な事務職」から「専門業務システムのサポート職」へ、次に「専門業務システムの企画職」と、同職種ではなく段階的に少しずつ横滑りしていくケースです。

保有する知識やスキルを流用できる面を利用して、少しずつ横滑りする仕組みで、転職を重ねてステップアップする方法はかなり有効です。
転職希望者の現場経験や専門的なスキルと、それらを求めるIT企業側との絶妙なマッチングがポイントです。

非正規雇用から正規雇用への、ステップアップ

始めはパートやアルバイト、契約社員など非正規雇用で入社し、現場での経験を積んだのちに、正社員登用試験を受けたり、正社員に転職する方法があります。また、派遣社員として経験を積んだ後に紹介予定派遣を通じて、正社員になる方法もあります。

実例として、長年の現場パート職で知識と経験を積み、専門職として派遣登録、派遣先を複数経験して複数の専門システムでサポート職としてキャリアアップし、各システムの差異を比較分析してレポート化、プレゼン資料の作成可能なスキルを保有していた30代後半の人材が、転職エージェントの紹介で専門業務システムに新規参入するIT企業へ入社、数ヶ月で新規プロジェクト責任者に就任し管理職という例があります。

まとめ

未経験からSEに転職することは、20代ならポテンシャル採用がありますが、30代以上になると専門的な知識や技術を必要とするIT業界では厳しいです。しかし、可能性は0ではありません。

SE未経験から転職先を選ぶ時に失敗しないためには、優良求人を選ぶことが重要です。未経験なのに給与が高い社員の平均年齢が低い中途採用なのに募集人数が多いなどの求人は避けるようにしましょう。

自社開発をしてる企業や、大手元請け企業、社内SE、研修制度が整っている企業などは優良企業の可能性が高いです。

しかし、素人にはホワイト企業とブラック企業の見分けが完全につかない場合もあります。ブラック企業の求人を避けるためには転職エージェントを利用するのがおすすめです。

この記事を参考に転職活動を成功させてくださいね。