最近、多くのメディアに取り上げられ、話題となっているものがeスポーツです。世界的にも注目されており、ゲームごとに各地で大会が開催されています。競技する方の数も増え続けている状況です。

日本でも連合が設立されるなど、より一層の盛り上がりを見せています。職業として携わる方も多く、さらなる発展が期待される業界です。

eスポーツとは

ゲームとスポーツを掛け合わせた斬新な競技で、世界的な人気を見せている最新のスポーツです。「エレクトロニック・スポーツ」を略して、eスポーツと呼びます。ゲームごとの大規模な大会も開催されており、大会によっては、優勝すると高額な賞金を手にできます。

以前よりゲームの大会は存在していましたが、規模は大きくないものが主流でした。そこにスポーツとしての要素を加え、さらなる進化を遂げ、競技や職業として認められるほど発展したものがeスポーツです。

eスポーツで稼ぐ方法

eスポーツ選手のおもな収入源は、大会で入賞したときに受け取る賞金です。海外では、賞金が数億円を超えるようなケースも珍しくありません。日本でもeスポーツは広がりを見せており、開催される大会も増えています。

しかし、ゲームが好きだからといって大会に参加しても、簡単に稼ぐことはできません。大会で上位に入賞するような方は、趣味ではなく、プロとして非常に高いスキルを持っています。そのような状況で入賞するには、自分もプロに負けないほどのスキルが必要です。本格的に稼ぐためには、まずプロゲーマーになることを目指しましょう。

プロゲーマーになるためには

プロゲーマーになるためには、押さえておきたいステップがあります。

まずは実績を積むことです。eスポーツの業界には、様々な企業やチームが存在します。自身も所属することができれば、あらゆるサポートを受けることができ、今後の活動にも優位に働きます。企業やチームは、定期的にメンバーをスカウトしています。スカウトしてもらえるように、実績を積み、注目されることが必要です。

チームに所属することができたら、さらなるキャリアのアップを目指しましょう。トレーニングを行うにしても、個人では環境の整備や設備などを構築するにも限界があります。しかし、チームであれば、充実した環境のなかでトレーニングを積むことができるので、自身のスキルアップが目指せます。

チーム内で情報を共有することもできるため、知識の取得にも役立ちます。また、チームでなければ参加できない大会などもあるため、さらに実績を積むことができます。活躍して知名度が上がると、企業の目に留まりやすくなります。双方の条件が揃えば、スポンサーに付いてくれることもあります。そうなると、安定した収入も得ることができ、周囲にもプロゲーマーとして認めてもらえるでしょう。

プロゲーマーの年収はどのくらいなのか

プロゲーマーの収入はおもに賞金になるため、上位に入賞できるかによって収入も大きく変わります。常に上位に入賞することができれば、数億円を超える年収を得ることができます。しかし、まったく入賞できなければ、収入を見込むことはできません。

実際に、世界で活躍するトップクラスのプレイヤーたちは、3億円を超える年収を稼いでいます。非常に厳しい世界ではありますが、夢がある職業と言ってよいでしょう。

eスポーツにおいてプレーヤー以外で稼ぐ方法

eスポーツでは、プレイヤーとして参加するだけでなく、サポートする側の職種にも多くの仕事があります。競技としての面だけでなく、職業として携わる方も増えています。プレイヤーとして自信のない方は、eスポーツをサポートする職業への就職も検討するとよいでしょう。

大会を開催するには、計画を立て、プランを練る必要があります。このような役割を担う職種がイベント企画です。おもに、大会の概要や広告、および集客のプランを提案する仕事になります。

eスポーツならではの職種では、ストリーマーと呼ばれる職種があります。ゲームのプレイ動画を、解説や攻略法などを交えながら配信する仕事です。

スポーツですから、もちろん実況や解説を行う方もいます。大会を視聴している方へ、状況を分かりやすく解説する仕事です。ちなみに、実況の方のなかには、大手のテレビ局でスポーツの実況をしていた方もいます。このようなことからも、eスポーツが「スポーツ」として認知されていることが分かります。

大会の様子やゲームの攻略法を記事にして配信する、ライターとして活躍する方もいます。

このように、eスポーツには、プレイヤーや実況など表舞台で活躍する職業から、イベント企画やライターなど陰からイベントを支える職種まで、幅広く存在しているのです。

プロになるための専門カレッジ

非常に魅力のあるeスポーツですが、個人が独学でプロゲーマーや関連する職業に就こうとしても知識が足りず、難しい場合があります。そのような方のために、現在では多くの専門カレッジが開設されています。

eスポーツといっても、プレイヤーからストリーマーまで、職種の範囲も広い業界です。そのため、専門カレッジに関しても、eスポーツ業界を全般的に学習するスクールやプロゲーマーの分野をピンポイントで学習するスクールまで、多様なものが存在しています。

学習する期間も、短期で修了するスクールもあれば、4年制の長期的なプログラムで学習を行うスクールもあります。自身の知識やスキルを考慮して、自身に合ったスクールを選びましょう。

カリキュラムの内容についても、驚くほど充実しているスクールがあります。ゲームに関する基本的な知識の学習や実践的な練習はもちろんのこと、体を鍛えるためのフィジカルトレーニングを取り入れているスクールも存在します。

また、ゲームでは状況に合わせた冷静な判断や分析が必要とされる局面も多いため、メンタルトレーニングを行うスクールも多くあります。さらには、ゲームの仕様や今後の世界的な活躍を見据え、大半のスクールで英会話の学習が取り入れられています。

プレーヤーに重点をおいたスクールだけではありません。eスポーツ業界のあらゆる職種で活躍できるように、業界に関わる職種について、総合的に、長期にわたって学習するスクールもあります。このようなスクールでは、プレイヤーとしてのスキルだけでなく、ストリーマーとして必要となる、魅力的な動画を編集する技術や実況スキルなどを総合的に学習します。

また、イベントの企画や運営でも活躍できるように、ゲーム業界についての研究を行い、業界についてより深く学ぶことができます。そのため、自身に向いた職種を目指すことができます。

e-Sports専門のカレッジ 総合学園ヒューマンアカデミー

ついに注目を集めるeスポーツ専門のカレッジが設立しました。

プロe-Sportsリーグ『RAGE Shadowverse Pro League』に参入している横浜F・マリノスと教育提携を結び、プロゲーマーとしての心構えやメンタル・フィジカル・マナーなど、スキルだけでなくプロとして大切なことを学びます。
またプロe-Sportsチーム『Crest Gaming』と業務提携し、現役選手やコーチ等によるカリキュラム監修や講師業務、インターンシップの実施、合同トライアウトなどの実施しています。

米国でのサマーキャンプ(米国で1〜2週間の短期集中型e-Sports体験プログラム)も実施し、夜間定時制コースもスタートました。

総合学園ヒューマンアカデミーでは、e-Sports分野のほかゲームクリエイターやIT系、ビジネス関係の分野なども学ぶことができます。総合学園なら就職にも強いです

15歳 から 30歳までの男女受付中
校舎:秋葉原、大宮、横浜、名古屋、大阪、神戸、福岡、那覇

「資料請求」「学校見学」「体験授業」はこちらへ



eスポーツ業界への転職について

以前であれば、ゲームというと娯楽の位置づけで、趣味としての側面が強いものでした。しかし、現在ではスポーツとして認知されており、職業としても認められています。プレイヤーだけでなく、関連する職種も多く、eスポーツ業界における市場も拡大しています。

最近では、日本でも認知度が上がり、競技人口も増加の傾向にあります。引き続き、世界的に普及していくことが予想され、今後もっとも注目される業界のひとつと言えるでしょう。関連する職種でも、イベント企画や運営などで、安定した収入を得ることができます。ゲームが好きな方や興味がある方は、eスポーツ業界への転職も検討してみるとよいでしょう。

eスポーツ業界・ゲーム業界の求人を見つける方法

転職サイトやハローワーク求人には、ブラック企業も多々紛れており優良な求人を見つけるのは難しいです。
未経験者可の求人案件は実は高リスクな場合も多いので、事前調査が必須です。
eスポーツ業界・ゲーム業界への未経験転職なら、キャリアアドバイザーが事前にブラック企業を排除する転職エージェントを活用して、優良な求人を紹介してもらいましょう。

転職実績NO1 リクルートエージェント

リクルートエージェント

日本国内最大手で、トップを走る巨大な総合型転職エージェントです。
多数のクライアント企業の求人案件を大量に抱えていますので、IT業界やゲーム業界の非公開求人も多々あります。
企業情報にも精通しているので、未経験可でも安心のホワイト求人を紹介してもらえます。

キャリアアドバイザーの履歴書や職務経歴書のまとめ方など、採用情報を加味した応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的で、面接力向上セミナーなど無料セミナーも充実しています。拠点も全国主要都市に16箇所あり、求人も全国に対応しており、土日の相談が可能なのもうれしいです。

リクルートエージェントへ無料登録

レバテックキャリア

レバテックキャリア

ITエンジニア専門の転職エージェントで、特にweb系求人やゲーム関係に強みがあります。SIerからの転職支援実績も豊富で、CTO、テックリード、ITアーキテクト、VPoE、エンジニアリングマネージャー案件も多数保有しているので、幅広い職種へのキャリアップ転職が可能です。

15年間に渡りIT専門のキャリア支援を行ってきただけあり、キャリアアドバイザーがエンジニアのスキルに対する話も早く、理解度も高いのが特徴です。プログラミング言語やデザインツールの専門知識などについても、日々キャッチアップし情報収集しているため造詣が深いのですね。

IT業界の求人動向にも詳しく、アドバイザーが年に3,000回以上企業を訪れ、現場のリアルな情報を常に把握、企業の社風や環境などの詳細情報に精通しています。取引企業数5,000社以上を超える求人の中からエンジニアのスキルだけでなく、人柄部分の相性とのマッチングにも定評があり、選考通過率が高いだけでなく、転職した後の満足度も高いと評判です。

レバテックキャリアから転職するとオンラインプログラミング学習の「Progate」利用が半年間無料になるサービスもあり転職後のスキルアップに役立ちます。

※面談場所は、渋谷(東京本社)、名古屋(中区栄)、大阪(北区堂島)、福岡(中央区天神)です
※平日夜や土曜日、また電話での面談・オンラインカウンセリングも可能です。

レバテックキャリアへ無料登録

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

Web・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントです。大手企業をはじめ、ゲーム業界の求人が豊富です。

キャリアコンサルタントも業界への造詣が深い人が揃っているので、マッチ度の高い求人を紹介してもらいやすいでしょう。

未経験歓迎の求人もありますが、登録の際にはある程度のスキルが求められます。

マイナビクリエイターへ無料登録