「契約が更新されなければ無職になってしまう」、「正社員と同じ仕事をしているのにボーナスがなく昇給もしない」という派遣社員の雇用契約に不満や不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

ここでは、一般的に難しいと言われている、派遣社員から正社員への転職方法についてまとめています。転職エージェントを利用すると正社員転職がしやすい理由転職エージェントの利用方法おすすめの転職エージェントの紹介もします。

派遣社員から正社員になる方法は2つしかない

①派遣先に直接雇用される紹介予定派遣

現在派遣として働いている人が正社員になる方法としてまず思いつくのは、紹介予定派遣から社員を目指す方法ではないでしょうか。紹介予定派遣派とは、派遣先で正社員として雇用されることを前提とした契約内容になっています。紹介予定派遣から正社員を目指す場合は、転職サイトや転職エージェントではなく派遣会社への登録が必要になります。

紹介予定派遣のデメリット

紹介予定派遣は、未経験者が正社員を目指す方法としてメジャーな方法ではありますが、確実に正社員になれるわけではありません。派遣期間内に求職者と企業の両者の合意があった場合のみ、正社員になることができます。両者の合意が得られた場合でも、派遣から正社員に切り替わるときに、面接や入社試験を受けなければいけないこともあります。

②転職サイト等を利用してダイレクトに応募

派遣の人が正社員を目指すには、自分で正社員の求人を検索して直接応募する方法もあります。転職サイトや企業のサイト、ハローワークから情報を集め、応募します。

難航しがちな派遣社員からの転職

転職フォローがもらえない直接応募の場合、派遣社員から応募の場合は選考通過率が低くなる傾向があります。派遣からの転職が難航してしまう原因は、派遣社員は企業の人事担当者から正社員経験者に比べると経験・スキル不足と判断されがちな点にあります。派遣社員を正社員として採用したことがあると答えた企業は約4割にとどまっています。

派遣という経歴に対する企業の本音

また派遣社員の経験は転職経験とみなされてしまい、こなしている業務の内容にかかわらず応募する企業から職歴として評価されにくいというデメリットがあります。
また企業は正社員に腰を据えて働いてもらい、経験を積んで企業に貢献してくれる人材を欲しがりますが、派遣出身の人材はどちらかと言うと定着率が低い傾向があり、採用に躊躇する企業も残念ながらあります。

転職エージェントを利用すると派遣から正社員転職しやすい理由

転職エージェントは自分が受かる求人を紹介してもらえる

非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントに登録すると、求人サイトではチェックできない非公開求人を紹介してもらえるので、物理的に応募できる選択肢の数が増えます。

企業側とマッチングした求人を紹介してくれる

転職エージェントの専任アドバイザーは、派遣で経験してきた職歴を分析して自分の強みや経験を活かせる仕事をアドバイスしてくれます。企業の求める人物像とマッチングしている求人が見つかりやすくなります。

自分で探す求人とまた違った目線で求人を紹介してもらえる

コンサルタントは転職のプロフェッショナルです。「こんな仕事だったら自分でもできるかな」と求人をチェックする自分のやり方とは別の視点で、求人を紹介してくれます。自分の新しい可能性を転職エージェントで発見することができます。

客観的に自分の市場価値を評価してもらえるので、自分の状況判断ができる

ひとりで転職活動をすすめていると、どうしても客観的に自分の状況を見ることが難しくなります。年齢やこれまでの経歴から、転職エージェントにシビアに自分の市場価値を評価してもらうことで、無駄のない地に足のついた堅実な転職活動を行えるようになります。

現在の業界状況や企業の雰囲気なども教えてくれる

自分でハローワークや求人サイトから転職を希望する業界の状況や、働きやすさを決める企業の雰囲気、離職率などを調べるには限界があります。転職エージェントのコンサルタントは、求人を出している企業に何度も足を運んでいるので、応募前に気になる企業の情報を教えてもらうことができます。

転職活動全般のサポートを受けられる

転職エージェントに登録すると、最初にコンサルタントとの面談でいままでの職務経歴について聞かれます。非正規雇用の職務経歴ももちろんチェックしてもらえ、「何ができるのか」を正確に把握することができます。自己アピールの材料として今まで自分では意識していなかったスキルに気づくことができます。

最初の面談が終わると、転職エージェントは希望にかなった応募可能な求人を検索し紹介してくれます。応募する企業が決まると、応募書類の添削や、面接日程の調整、面接対策、条件交渉、勤務している派遣会社の退職方法のアドバイスなど転職活動全般をサポートしてもらえます。
派遣社員として働きながら転職活動をする人にとって、時間と手間を大幅に省略することができます。専任コンサルタントのフォローによって、不採用のリスクも低くなります。

派遣社員から正社員を目指す人におすすめの転職エージェント

業界最大手のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大級の転職支援会社です。抱えている求人数が圧倒的に多く、転職成功実績もナンバーワンの企業です。企業からの信頼が厚く、リクルートエージェントの独占非公開求人には有名企業が数多く含まれています。専任のキャリアアドバイザーがキャリア相談、応募書類削、面接対策などの就職支援をおこないます。面談は土日に設定が可能なため、働きながら転職活動をすすめることができます。転職成功実績には派遣から正社員への転職も数多く含まれています

リクルートエージェントへ無料登録

サポートが手厚いtype転職エージェント

type転職エージェント

「type転職エージェント」では業界業種ごとの専門知識を持ったキャリアアドバイザーが転職活動をフォローします。カウンセリングでは自分自身の強みを整理でき、スキルの棚卸しに関して、親身なアドバイスがもらえます。事前の面接対策はもちろん、面接後に企業から、応募者のどこが良かったのか、悪かったのかヒアリングし、次回の面接に活かせるようフィードバックに力を入れています

type転職エージェントへ無料登録

正社員未経験の人にもやさしいワークポート

ワークポート

「ワークポート」は中堅の総合型転職エージェントです。IT・Web業界をはじめ、各業界に精通した転職コンシェルジュが、スピード感をもって転職活動をサポートします。スキルと経験のヒアリングをふまえて、転職希望者と企業をマッチングさせます。ワークポートでは応募書類の添削に力をいれていて、アドバイスを受ける前と後では書類通過率が大きく変わると口コミで評判です。

ワークポートへ無料登録

正社員を目指す派遣の転職エージェントの上手な利用法

複数の転職エージェントに登録

派遣から正社員の転職を目指すには、複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。転職の成功率は転職サイトの登録数に比例しているといわれています。転職エージェントは利用者の費用負担がないので、可能な限り登録して、その中からフォロー体制が自分に合った転職エージェントや相性の良い転職コンサルタントを見つけることが、転職を成功させるポイントです。

職種や条件にこだわりすぎない

応募前に職種や条件を絞りすぎないことが、正社員転職への近道です。いろんな求人を見て、転職エージェントでアドバイスをもらいながら視野を広げ、未経験の仕事でもチャレンジすることが大切です。

念入りな応募書類と面接の準備

正社員の職歴がなくても正社員に転職できた人は、履歴書や職務経歴書など応募書類のブラッシュアップや、面接対策に時間と労力をかけています。特に志望動機で派遣の人は「安定を求めて正社員の職に応募しました」という内容の返答をしてしまいがちですが、面接官は、応募者がどのように会社に貢献してくれるのかについて知りたがっています。書類の添削や模擬面接など転職エージェントのサービスを活用して、採用につなげましょう。

正社員への転職はできるだけ若いうちに

年齢が上がってからの正社員への転職は難しくなり、現状では年齢とともに選択肢が少なくなります。ひとりで転職活動をすすめて挫折して中断してしまうと時間が無駄に過ぎてしまい、履歴書の年齢を見ただけで不採用が決まってしまう事態に陥り、正社員への転職の難易度がさらに上がっていまいます。

まとめ

派遣社員から正社員転職をするのは難しいと言われています。ですが、転職活動のあらゆるサポートを行ってくれる転職エージェントを利用すれば、働きながらでも転職活動を有利に進めることができます
これから転職活動を始める人や自力での応募で不採用が続いてしまっている人は、複数社の転職エージェントに登録してサポートを上手に使い分け念入りな準備を行って正社員採用を勝ち取りましょう。