転職エージェントを利用していても、内定がもらえない状況が続いてしまうことがあります。「今の転職エージェントを利用し続けても大丈夫かな」と、悩んでいませんか。

ここでは、転職エージェントの利用によって転職がうまく進まないケースの原因や、転職エージェントを乗り換えた方がいい場合の見きわめ方について紹介します。

また「転職エージェントを利用すると、企業から敬遠されて内定がもらえない」という噂の真相についても迫ります。

転職エージェント経由だと受からないという噂の真相

社の方針で転職エージェントの利用をしていない企業もある

「転職エージェント経由だと企業から敬遠されて受からない」という噂があります。企業は「転職エージェントに言われたとおりに応募してくる人よりも、ぶれない軸があって、自分のキャリアを転職エージェント任せにせずに、自分で動いて応募してくる人材が欲しい」ので、「転職エージェント経由で応募した時点で、落ちるのは確定」という噂は、大変もっともらしく聞こえます。

実際に、能力の高い人材を確保したいという思いから、企業が転職エージェントをあえて使わずに自社独自の方法で採用活動をおこなうことはあります。自社の社員から紹介のあった人材を優先的に採用したり、時間と手間をかけて、必要とする人材を探し出してヘッドハンティングしたりするなどの方法を採っています。

「転職エージェントを利用する=受からない」はデマ

こうした独自の採用をおこなう会社は、もともと転職エージェントを利用して求人活動を行いません。なので、転職エージェント経由で応募した企業に落ちてしまった場合、不合格の原因は「転職エージェントの利用」ではなく、他のところにあります

転職エージェントの利用が不利益になることはないので、これ以上失敗を重ねないためにも不合格の原因を探る必要があります。

選考に落ちるパターンは2つある

転職エージェントの社内選考で落ちるパターン

不合格の場合、転職エージェントの社内選考で落ちているケースがあります。企業に応募する前に、実は転職エージェントの中で社内選考を行っています
この社内選考で落ちてしまった場合、企業に応募した体で落ちてしまったことになっている場合もあります。

企業の選考で落ちるパターン

転職エージェントの社内選考を通過し、転職エージェントが企業にレジュメを送り応募しても人事担当者による審査の結果、落ちてしまうパターンです。
この場合は、企業の求める人材にマッチしていなかったと考えられます。

転職エージェントの社内選考とは?

エージェントが社内選考を行う理由

自分の転職をサポートしてくれるはずの転職エージェントに不合格を決められてしまうのは、求職者にとって受け入れがたい事実かもしれません。なぜ転職エージェントは、利用者の信頼を損ねかねない社内選考を行っているのでしょうか。

企業からの要望

企業は転職エージェントに求人を出す際に、転職エージェントは「こんな人材が欲しい」という詳しい要望を企業からヒアリングしています。要望の中には、年齢や性別など法律で求人広告を出す際に企業が限定してはいけない項目も含まれています。その要望とアンマッチの人材は応募しても内定はもらえないため、転職エージェントの社内選考でふるい落とされてしまいます

転職エージェント側の都合

非公開求人であっても、大手有名企業の求人や待遇の良い求人には転職エージェント利用者の中で応募が集中することがあります。希望者が多すぎて企業が全員を面接できない場合は、転職エージェント内で、企業の求める人材にマッチし、応募者の中で内定をもらえる確率の高い、経験とスキルをもった人材を優先して紹介します。

特に登録者の多い大手の転職エージェントに登録している人は、転職エージェント内での競争の時点で、企業の選考に進めていない可能性があります。

社内選考突破のコツ

大手エージェントに登録していて不採用が続いている人は、転職エージェントの中で行われる社内選考をまず突破するために、複数の転職エージェントに掛け持ちして登録してみることをおすすめします。大手のエージェント経由で、書類選考で落とされてしまった企業に、別の中堅の転職エージェント経由で応募し、見事内定をもらった転職者もいます

大手の転職エージェントで情報を収集し、フォローの手厚い中堅転職エージェントを利用して応募するなど、転職エージェントを複数登録してうまく利用することがおすすめです。

実際の選考で落ちまくるのは転職エージェントが力不足かも

転職エージェントのサポートが適切か見直してみよう

履歴書や職務経歴書などの書類選考で落とされることは少ないのに、企業の面接をうけても不合格になるケースが続いている場合は、担当の転職エージェントのフォロー体制に問題がある場合があります。

転職エージェントは担当する求職者が企業の選考に落ちてしまった場合、企業にヒアリングして今回なぜ採用に至らなかったか分析を行います。ウィークポイントを見つけ解消することで、今回の不合格を次につなげます。面接の後に、担当のエージェントから的確なフィードバックがもらえないと、なかなか内定にはつながりません。

フィードバックの有無以外に「諸連絡が遅い」、「連絡自体がない」、「面談の時間が短い」など気になる点が多い担当転職エージェントのもとではうまく転職活動がすすめられませんので、早めに担当の交替やサポートの手厚い転職エージェントの乗り換えをすすめましょう。

転職サポートの評判が良い転職エージェント

現状の転職サポートに不満がある人に、コンサルタントの対応に定評がある転職エージェントを紹介します。

type転職エージェント

type転職エージェント

「type転職エージェント」では業界業種ごとの専門知識を持ったキャリアアドバイザーが転職活動をフォローします。カウンセリングでは自分自身の強みを整理ができ、スキルの棚卸しに関して、親身なアドバイスがもらえます。事前の面接対策はもちろん、面接後に企業から応募者のどこが良かったのか悪かったのかヒアリングし、次回の面接に活かせるようフィードバックに力を入れています

type転職エージェントへ無料登録

求人を紹介しない!しかも有料! でも人気の転職支援サービス

求人を紹介しない転職トレーナーサービスのゲキサポ!

BMフランチャイズ

2ヶ月30万円(税抜)の「求人を紹介しない」、日本初の転職トレーニングサービス!! 専属トレーナーがマンツーマンで指導し、結果にコミットする。

求人を紹介しないのでノルマが無い、転職者の幸せを一番に考える、経験豊富で各業界に精通したキャリアアドバイザーが、より中立的な立場で真っ正面からサポート、現在の悩みを解決し、徹底的に自己分析をしキャリアの軸を固め、自分の強みがはっきり解り、希望の転職実現に向けて自分をこだわり抜いて磨き上げる。

人生を変える転職が待っているかもしれません。転職成功までを徹底的にサポートするゲキサポ

ゲキサポ!転職へ無料登録

匿名で利害関係のないアドバイザーと対話できる、そうだんドットミー

BMフランチャイズ

「求人を紹介しない」日本初の転職トレーニングのゲキサポ! と同じ会社が運営する、オンラインキャリア相談サービスです。「これから先、どう生きていったらいいか分からない」という転職以前の悩みの解決から、「本当に望んでいることは何なのか」そしていま何をすべきかを「利害関係のない」キャリアアドバイザーが一緒に考えサポートしてくれる。

自分の強みや価値観がはっきりすれば、自分のキャリアに自信が持て、転職活動も変わってきます。悩んでしまったら、匿名でアドバイザーに相談して、自分のことを正しく理解する事からはじめてみませんか?
満足いただけない方は全額返金ありです。

そうだんドットミーへ無料登録

まとめ

転職エージェントを利用しているのに不採用が続くのは、企業の採用で落ちている以外に、転職エージェントの社内選考で落ちている可能性があります。
エージェント利用の有無ではなく、求職者と転職エージェントとの相性が重要です。
優秀なアドバイザーであれば、企業にはたらきかけ応募のチャンスを作り、採用への橋渡しをしてくれます。

転職を有利に進めるために、複数の転職エージェントに登録し上手に使い分けていきましょう。